Chakuriki Japan
広報部ニュース
トップ
広報部ニュース
English News
道場案内
選手紹介
Rules
Video Library
お問い合わせ
■2014年07月31日(木)  闘道館Presents 闘宝伝承 2014 情報
ドージョーチャクリキは、本年11月9日(日)大阪市東住吉区「市民交流センターひがしすみよし」にて開催される「闘道館Presents 闘宝伝承 2014」の大会後援を行います。
大会では Bigbang West-Side プロデュースのジュニアキックトーナメントが行われ、優勝者には闘道館よりチャンピオンベルトが贈呈されます。どんなトーナメントになるのか、今から楽しみです。闘道館の泉館長にベルトを持って頂いて撮りました。泉館長、ありがとうございます。Bigbang West-Side 池田会長、よろしくお願い致します。
14073132.jpg 560×2042 271K

■2014年07月31日(木)  天田ヒロミ、鈴木秀樹、ASUKA PROJECTで再会!
本日、天田ヒロミ選手は新宿FACEにて開催されました「ASUKA PROJECT 謝恩感謝」大会に参戦し、PRIDEのリングでお馴染みだった松井大二郎選手と対戦しました。試合は天田選手の打撃、松井選手の関節技が真っ向から火花を散らす好勝負となりました。5分2R制の終盤に偶発性のバッティングにより松井選手が大流血するハプニングがありましたが、最後迄両者合い譲らず、試合は時間切れ引分となりました。試合後は互いにノーサイドで、両雄互いにエールを交換しました。
また、この日のセミファイナル前には、「人間風車二世」鈴木秀樹選手が参戦し、ワンハンドバックブリーカーからのダブルアームスープレックスというロビンソン殺法にて快勝を収めました。鈴木選手とは昨年9月の「鉄拳」イベントでのフルタイム戦以来の天田選手。実は天田選手はプロレスリングマッチにおいて、これ迄に二人の選手にしかフォール負けを喫しておりません。その一人が小川直也選手であり、もう一人が鈴木秀樹選手です。タッグでは鈴木選手にフォールを奪われましたが、シングル戦では引き分けているだけに、天田選手は久しぶりに会う鈴木選手に、「もう一回やろう!」と再戦を要求。鈴木選手も「じゃぁ、やろうか!」と答え、本年11月に開催予定のASUKA PROJECT 後楽園ホール大会にて、両雄の激突が濃厚となりました! これは楽しみなカードです!
14073011.jpg 560×1173 120K

■2014年07月30日(水)  ジェロム・レ・バンナ、めざましテレビに!
先日、本稿にて、ジェロム・レ・バンナ選手と相澤師範が大森駅前の横断歩道で倒れた老婦人をヘルプした話題をお伝えしましたが、びっくりです! 何と、この話題が明日(7月31日/木)早朝のフジテレビ系「めざましテレビ」にて取り上げられるそうです。本件をツイートしてくださいました「ゴング格闘技」様のお陰です。ありがとうございました。
「めざましテレビ」の6:13頃から放映される、ランキング形式で話題となっているツイートを紹介するコーナーで放送されます。こうした事が広まるのは、非常にありがたい事です。
grp0731000119.jpg 560×846 116K

■2014年07月28日(月)  日本最西端の格闘技大会「武勇伝」!
14072811.jpg 560×1405 214K
本日、石垣島にて日本最西端の格闘技大会「武勇伝」の開催に関しての記者会見が行われます。
武勇伝大会は地元石垣島にて結成された「武勇伝実行委員会」を主催に、大会協力/ドージョーチャクリキ・ジャパン、神風塾、チャイニーズ・ファイティング・プロモーション、中華武術散打搏撃協会、キックボクシングジムカクト、39MMA、八重山ボクシングクラブの形で、2015年1月31日(土)に行われます。
大会の中心となるのが、台湾のファイターと日本のファイター、4対4の全面対抗戦です。本カード実現にはチャイニーズ・ファイティング・プロモーション(CFP)岩熊会長のお力を全面的にお借り致しました。思えば2008年の K-1 TAIPEI 大会実現の直前には、何度も岩熊会長と、台湾格闘技界の首領(ドン)である中華武術散打搏撃協会・張育誠会長(ジャン会長)が台湾精鋭陣を伴って、チャクリキ・ジャパンに出稽古に来てくれました。チャクリキも当時のプロ選手総出で非常に良い練習が出来ました。あの時のCFP岩熊会長、中華武術散打搏撃協会・張会長と改めて一緒の大会を行う事が出来る事を、心から嬉しく思います。
また、本大会にチャクリキは、「野獣」ボブ・サップ選手、「K-1の特攻隊長」天田ヒロミ選手を送り込みます。サップ選手の対戦相手は調整中です。あっと驚く相手と交渉中です。天田選手はMr.神風選手との再戦を行います。また、「ロシアのラストサムライ」クラット・ピターリ選手の相手にはブラジルより強豪選手の参戦を交渉中であります。本戦は武勇伝MMAタイトル戦として行われる予定です。今後も随時、良い報告が出来るかと思います。
日本最西端の格闘技大会「武勇伝」。美しい海と自然の中で行われる格闘技大会にご期待ください!

■武勇伝
 日時/2015年1月31日(土) 16:00開場 17:00開始
 会場/石垣市総合体育館
 主催/武勇伝実行委員会
 大会協力/ドージョーチャクリキ・ジャパン、神風塾、
      チャイニーズ・ファイティング・プロモーション、
      中華武術散打搏撃協会、キックボクシングジムカクト
      39MMA、八重山ボクシングクラブ

●試合カード
 ヘビー級マッチ
 ボブ・サップ(米国) vs(交渉中)

 ヘビー級 3分3R
 天田ヒロミ vs Mr.神風

 武勇伝MMA王座決定戦 72kg契約 5分2R
 クラット・ピターリ(ロシア) vs(ブラジル強豪選手・交渉中)

 MMAマッチ
 ガジ・ザプラエフ vs 渡辺直由

 台湾 vs 日本 4対4 対抗戦
 リン・ジャーシン vs ション
 グォ・シーシェン vs リュウイチ
 チュー・ウェイフー vs 平山迅
 ホー・ウェンチン vs 神風萸暉美 他、好カード多数

 大会後援/八重山毎日新聞社、八重山日報社、
      石垣ケーブルテレビ株式会社、
      南山舎株式会社、月刊ゆんたく
 お問い合せ/神風塾 096-378-8871
       ハッピーエイト倶楽部 0980-83-3386

■2014年07月26日(土)  REBELS28、板倉直人選手の引退試合
14072610.jpg 560×395 52K
昨日開催されたREBELS28後楽園ホール大会、板倉直人選手の引退試合を観戦致しました。試合は当代日本最強の二人ならではの緊張感溢れる展開となりましたが、2Rに目の下をヒジで切られた板倉選手がTKO負けとなりました。しかし、これも真剣勝負の綾なのでしょう。
引退式に際し、サプライズとして、板倉選手が敬愛するアントニオ猪木会長のメッセージが流されました。このメッセージは私、甘井が撮影したものです。
実は今年初旬より、私は板倉選手を猪木会長の団体IGFに上げるべく動いておりました。これは板倉選手を応援しており、猪木会長とも親しい実業家の方の提案によるもので、私は板倉選手、増田博正会長と会わせて頂き、そのままの流れで、猪木会長が居られる所に合流し、板倉選手を猪木会長に紹介致しました。猪木会長は笑顔で板倉選手に「(君は)強いのか?」と聞き、緊張MAXの板倉選手は、それでも「僕は強いです!」と返しておりました。IGFでは過去にキックマッチは行われた事がありますが、本格的なムエタイマッチは未だなく、「ムエタイの凄さを見せたい」と板倉選手は話しておりました。
IGF上層部に交渉し、マッチメイクは大島健太さんに相談し、板倉選手の参戦に向け、動き始めた矢先、板倉選手、突然の引退宣言でした。彼ほどの選手が決めた事です。そして、義理堅い好漢・板倉直人は、わざわざ私の自宅近くに出向いてくれ、引退の旨を伝えてくれました。国政を担っている猪木会長は、本当に大袈裟ではなく、分刻みのスケジュールで動いております。北朝鮮から帰国された猪木会長にやっとお会いする事が出来、板倉選手の引退を伝えました。「そうか、残念だな」と言いながらも、「引退はゴールじゃなくて、新しいスタートなんだよな」と語っておられました。猪木会長は数日後よりIGFの東北地区、震災チャリティシリーズに行かれる為、この機を逃せば、またお会い出来るのは8月になってしまいます。私は意を決して「板倉選手にメッセージを頂けないでしょうか?」とお願いしました。猪木会長は「じゃあ、今やりましょう」と二つ返事で応えてくださいました。板倉選手の良い印象を憶えられておられました。実は北朝鮮から帰国したばかりで、殺人的なスケジュールの渦中に居た猪木会長。メッセージの声が少し枯れていたのに気付いた人も居るでしょう。そんな状態でも、元気よく板倉選手の為にメッセージを贈ってくれました。そして、その内容は、猪木会長自身が言われるように、「引退はゴールでなく、新しいスタート」というものでした。
最後の最後で、板倉直人選手の「闘魂」がアントニオ猪木会長とクロスした事を嬉しく思います。先日急逝した春一番さんもそうでしたが、春さんや板倉選手の猪木会長の真似には、大本に猪木会長への深い深いレスペクトと愛情があります。そうした事を知っている猪木会長だから実現した温かいメッセージでした。今後の板倉直人さんの人生に大きな大きな実りがあらん事を祈っております。
最後に、REBELS28大会、素晴らしかったです。山口元気代表、ありがとうございました。

■2014年07月25日(金)  難波久美選手出演番組、ネット公開!
本年の6月21日、6月28日と2週に渡って、WBS和歌山放送ラジオ「あらゆみのガチンコマッチ!」に出演したICO西日本女子王者の難波久美選手。その出演の録音素材をWBS和歌山放送ラジオ様より頂き、許可も賜りましたので、YOUTUBEにて公開させて頂きます。是非お聞きください!
本番組へのブッキング、コーディネートを賜りましたCoalaプロモーション宮谷様、本当にありがとうございます!

難波久美選手出演 WBS和歌山放送ラジオ「あらゆみのガチンコマッチ!」
6月21日オンエア分→http://youtu.be/NZzryKQj1T0
6月28日オンエア分→http://youtu.be/Ke0snZ89vmc
14072555.jpg 560×690 77K

■2014年07月23日(水)  ノブ・ハヤシ後援会、写真
昨日のノブ・ハヤシ後援会の写真です。
撮影はプロカメラマンの松村康史さんです。いつもながら素晴らしいお写真をありがとうございます。
14072344.jpg 560×2835 168K

■2014年07月23日(水)  メノー・ダイクストラ、再度のブラジルへ!
9月26日から10日間、メノー・ダイクストラ選手が再びブラジルへ向かい、チャクリキ・ブラジルおよび関連ジムにてセミナーを開催致します。
メノー選手、ブラジルが気に入ったようですね。
10356271_773921539297504_2116143022389995428_n.jpg 560×654 134K

■2014年07月23日(水)  天田ヒロミ、キック復帰戦決定!
14072311.jpg 560×424 51K
7月20日の新日本キックボクシング「MAGNUM35」の大会パンフレットにて先行発表されましたが、「K-1の特攻隊長」天田ヒロミ選手の次戦が決定致しました!
本年9月13日(土)の新日本キックボクシング協会/伊原道場主催「TITANS NEOS 16」後楽園ホール大会が、キック復帰戦の大舞台となります。大逆転負けを喫した清水賢吾戦から4カ月、遂に天田選手がキックのリングに戻ってきます。しかも、RISE王者・清水賢吾選手との激闘に続いて、日本ヘビー級王者・松本哉朗戦が決定しました! よりによって復帰戦にて現在考えられる最大の難敵を迎え撃つ事となりました! しかし、これも日本トップファイターの宿命です。
皆様、団体王者との連戦を敢然と受け、キックのリングに戻って来る「K-1の特攻隊長」天田ヒロミ選手に応援、よろしくお願い致します!

■2014年07月22日(火)  ノブ・ハヤシ後援会!
本日、東京都港区の中華料理「源」にて、武内昭一会長のお声掛けにより、本年1月以来、そして正式にノブ・ハヤシ後援会が結成されてから初の会合が行われました。
本年末、6年ぶりの本戦復帰を目指すノブ選手に、後援会の方々より、多くの温かいリングコスチューム後援協賛を賜りました。本当にありがとうございます。
会合での後援会の皆様の温かいお声掛けは、本年末のリングでの闘いに臨むノブ・ハヤシ選手にとって、本当に力強い味方を得た実感があったそうです。武内会長、ノブ・ハヤシ後援会の皆様方、本当にありがとうございました。 ― 友達: Nobu Hayashiさん、他3人
14072211.jpg 560×280 71K

■2014年07月21日(月)  チャクリキ古河の渡邉高明選手、初試合で準優勝!
14072122.jpg 560×5586 333K
本日、ドージョーチャクリキ・ジャパン古河の渡邉高明選手がK-1のアマチュア大会、K-1 CHALLENGEに出場致しました。昨春にオープンしたチャクリキ古河にとって、対外試合は2度目で、渡邉選手はこれがアマチュア初試合となります。当初はBクラスワンマッチを希望しておりましたが、人数調整の関係で、Bクラストーナメント戦への出場。緊張する渡邉選手を、ノブ ハヤシ館長が支えます。
緒戦、REX JAPANの齋藤和男選手と対戦した渡邉選手は、ノブ館長のアドバイス通りに動け、小気味よいパンチを何度も決め、1R1分55秒、2ノックダウンを奪ってのTKO勝ちを納めました。
続いてのトーナメント準決勝では、翔拳道の橘勉選手との対戦。緒戦と比べるとやや攻め込まれる場面はあったものの、パンチを連打で的確に決める見せ場を作り、〔3-0〕の判定完勝にて、アマ試合デビュー日でありながらトーナメント決勝戦進出を果たしました。
決勝戦の相手のK-1 GYM DRAGON所属の冨士山太志選手は、渡邉選手より遥かに大きく、体格の差を利して強烈なハイキックで攻めてきました。しかし渡邉選手も気持ちでは一歩も負ける事なく、パンチで対抗して闘い抜きました。判定では敗れましたが、キックキャリア弱冠9カ月、アマ初試合参加にしてトーナメント準優勝は胸を張るに値する成果です。セコンドを務めてくれたノブ館長は、「100点満点以上の結果だ!」と浅いキャリアながら奮戦した渡邉選手を褒めました。しかし、アマチュア戦らしく様々な課題も浮き彫りになった渡邉選手に、ノブ選手は多くのアドバイスを送っていました。
何はともかく、渡邉選手、トーナメント準優勝おめでとう! ノブ館長、セコンドご苦労様でした。

■2014年07月20日(日)  優吏選手、値千金の激闘!
grp0721080739.jpg 560×3835 357K
本日、後楽園ホールにて開催された新日本キックボクシング協会主催「MAGNUM35」の第7試合、日本フライ級 3分3R戦に真樹ジムオキナワの優吏選手が出場し、日本トップランカーである伊原道場の泰史選手と対戦致しました。試合前の練習のときから、優吏選手のリーチと身体のバネを活かした蹴り技に驚かされましたが、試合が始まっても全く物怖じする事なく、多彩な蹴り技を泰史選手にぶつけてゆきます。昨年夏、REBELS京都大会のセミファイナルでユンチャイ・ナゴ選手が見せたような「安里マジック」再びでした。一般の観衆にとっては正直、知名度は低く、下馬評も高くなかったユンチャイ選手、優吏選手の活躍は会場を驚かせ、次に大いに沸かせました。特に優吏選手の凄かったのは、セコンドに付いた相澤師範も言っておりましたが、1Rから最終ラウンド迄、その高いテンションを、一瞬も息切れさす事なく、スリリングな好勝負を一気に走り切った点です。やはり日本のトップランカーだけあって、泰史選手の打撃はフライ級とは思えぬ程強烈な物でした。しかし、そんな強打に飲まれる事なく、自分の闘いを押し通した優吏選手。互いにノーダウン、フルラウンドの闘いは判定ドローとなりました。しかし、弱冠19歳、どアウェイのリング、初の東京遠征、初の後楽園ホール大会、という条件の中、日本トップランカーと引き分けた優吏選手の闘いは、値千金のドローと言えるでしょう。RKAフライ級王者の面目躍如であります。今後も、優吏選手の東京での次戦を探したいと思います。新日本キックボクシング協会、伊原会長、チャンスを頂きましてありがとうございました。優吏選手、安里会長、相澤師範、お疲れさまでした。
また、この日の優吏選手の試合直前の第6試合には、かつてチャクリキ西日本王座にも就いて活躍した松岡力選手(藤本ジム)が登場し、元NKBウェルター級王者の栄基選手と引き分けるという、松岡選手のキャリアから見れば「快挙」を達成しましたが、「次期日本ウェルター級王者候補」との評価も日に日に高まってきている松岡選手にとっては、やはり元王者とはいえ、ドローでは悔しかったようです。その意気やよしであります。

■2014年07月20日(日)  優吏選手、計量クリア!
本日、10:00より後楽園ホールで行われた当日計量にて、優吏選手(真樹ジムオキナワ)400gアンダーにて計量クリア致しました。後は17:00開始「MAGUNUM35」大会の試合ゴングを待つばかりです。第7試合、日本フライ級2位の泰史選手(伊原道場)との大一番! RKAフライ級王者として負けられません。好勝負に期待です!
14072011.jpg 560×385 70K

■2014年07月19日(土)  いよいよ明日は「MAGNUM35」
14071911.jpg 560×355 63K
本日、真樹ジムオキナワの優吏選手、安里昌明会長が明日後楽園ホールにて開催される新日本キックボクシング協会「MAGNUM35」参戦のため東京入りを果たしました。明日の優吏 vs 泰史の一戦が日本フライ級史上に残る一戦となる事を期待致します。
明日のセコンドには相澤宏使師範もサポートに付きます。奇しくもあの1980年、日本武道館でのアントニオ猪木 vs ウィリー・ウィリアムス戦では安里会長も相澤師範も当事者として現場に居合わせました。本当に数奇な運命です。
新日本キック伝統の当日計量を控えている為、優吏選手はホテルにて休憩。安里会長と会食をし、色々とお話をさせて頂きました。かつて「石の拳」ブランコ・シカティック選手を沖縄に招聘して頂いた事もある安里会長。その真摯なお人柄は、本当に素晴らしく、今後ともチャクリキでは真樹ジムオキナワ、琉球かきだみし協会と友好関係を維持してゆきたいと改めて感じました。安里会長ありがとうございました。明日もよろしくお願い致します。

■2014年07月18日(金)  ジェロム&相澤、おばあさんを助ける
本日、大森ゴールドジムでの練習後、駅に向かう横断歩道をジェロム・レ・バンナ選手と相澤宏使師範が歩いている際、一人のおばあさんが横断歩道で転びました。
相澤師範はおばあさんが起きるのを助け、ジェロム選手はおばあさんの手を取って、もう一度転ばないように注意深くサポートし、横断歩道を一緒に渡りました。
私はこの大きな男二人が示した小さな親切を、心より誇りに思います。
14071833.jpg 560×846 116K

■2014年07月18日(金)  バンナ&相澤、トレーニング3日目!
本日、3日連続となるトレーニングを「番長」ジェロム・レ・バンナ選手と相澤宏使師範が行いました!
ジェロム選手は妻のメリッサさんと一緒にウェイトトレーニングを行った後、普段、キックのアマチュア戦などが開催される大森ゴールドジムのリング上にて相澤師範と汗を流しました。
3日連続での練習を行った事で、ジェロム選手と相澤師範の間には確かな絆が生まれました。「野獣」ボブ・サップ選手に続いて、大きな友情の誕生です。バンナ選手は相澤師範に、8月4日の「FIGHT NIGHT SAINT-TROPEZ 2014」での勝利を誓うとともに、次回来日での再度の一緒の練習、相澤師範がバンナ選手のセコンドに付く事をお願いしておりました。バンナ&相澤、チャクリキチームにまた新たなコンビ誕生です。
14071801.jpg 560×848 130K

■2014年07月18日(金)  ボブ・サップ vs 筑前りょう太、大会CM
http://youtu.be/cixc0L2zAJU
14071903.jpg 560×321 78K

■2014年07月17日(木)  バンナ&相澤、トレーニング!
本日早朝よりゴールドジムにて行われた BIG BOSS ジェロム・レ・バンナ選手のトレーニングパートナーを、相澤宏使師範が務めました。相澤師範、お疲れさまでした!
14071733.jpg 560×566 94K

■2014年07月16日(水)  筑前りょう太、市役所会見!
先日、「野獣」ボブ・サップ選手から届けられたメッセージビデオを受けて、九州プロレスのエース、筑前りょう太選手が市役所にて会見を行いました。
因みに、九州プロレスでは地元振興の目的から、記者会見等は全て市役所にて行っております。これは素晴らしい取り組みだと思います。
九州の絶対エースとして、地元でサップ選手に2連敗は絶対に許されない筑前選手。この一戦に選手生命を懸けて臨み、何が何でも勝利を収める! と背水の陣にて一大決戦に向かう事を宣言致しました。いよいよあと3週間で筋肉山笠決戦です!
14071622.jpg 560×420 93K

■2014年07月16日(水)  バンナの音頭で、チャクリキ合同練習実現!
博多でのバンナ&天田組実現より僅か3日で、早くも大きな動きがありました。あのBIG BOSS ジェロム・レ・バンナ選手が自ら音頭をとって、天田ヒロミ選手、ノブ・ハヤシ選手を誘い、チャクリキチームでの合同練習を行ったのです。ミットトレーナーとして相澤宏使師範も参加、チャクリキのOBである山本アキラ代表のインスパイアードモーションを使わせて頂きました。アキラ代表、新宅会長、いつもいつも本当にありがとうございます。
自分に厳しく他人に優しいピーター・アーツ選手とは違って、号令を掛けるジェロム先生はスパルタそのものです。博多大会でヒザを痛めた天田選手にも、情け容赦のない檄が飛びます! 「試合後、俺のヒザを心配していたのに、ジェロムはもう忘れている」と、天田選手も苦笑しきりです。3名のヘビー級選手が声を出し合いウオーミングアップからスタート…それはチャクリキ本部の風景と重なります。
リングに場所を移し、相澤師範相手のミットトレーニングやマススパーなど、入念に気合いの入った練習を繰り返しました。特に久々に大型選手と練習したノブ選手の嬉しそうな笑顔が印象的でした。
トレーニングパートナーとして相澤師範とすっかり意気投合したジェロム・レ・バンナ選手。8月4日のダニエル・サム戦に向け、トレーニングに余念の無いジェロム選手は、明日、明後日の個人練習にも相澤師範を誘い、一緒に練習する約束を取り付けていました。フランス、サントロペでの「FIGHT NIGHT SAINT-TROPEZ 2014」大会での劇的勝利を期待したいです!
14071611.jpg 560×1942 224K

■2014年07月14日(月)  GENOME30、天田&バンナ組
昨日、福岡にて開催されました「GENOME30」大会。
初となるジェロム・レ・バンナ選手、天田ヒロミ選手のタッグチームがメインイベントにて実現しましたが、この両者は、K-1で二度に渡って激しい闘いを行ってきた仇敵同士なだけにコンビネーションが不安視されてきました。
しかし、大会オープニングの入場式で、コールされたバンナ選手と天田選手が大きく手を突き上げた際、何と! 直後にバンナ選手が天田選手の手を持って、天田選手を讃えるようなポーズを取ったのです。これで「バンナが俺を認めている! 気を遣っている!」と直感した天田選手は、これ迄の全てのわだかまりを払拭し、まっさらな気持ちでバンナ選手と組む事が出来たようです。そうした意味では、天田選手の気持ちを一挙手にて掴んだバンナ選手の「BIG BOSS」ぶりも見事でした。
同じ控え室に入った天田選手とバンナ選手は、二人で入念なトレーニングを開始します。K-1時代には絶対にお目にかかれなかった新鮮な光景です。お互いに認め合い、コンビネーションの不安を払拭した天田&バンナ組は、この日のメインイベントで大暴れを見せ、大いに会場を沸かせました! 天田&バンナ組からまた新たな動きが起こるかもしれない予感です。
14071401.jpg 560×1926 165K

■2014年07月10日(木)  「野獣」ボブ・サップ、筑前選手を挑発!
本日、相澤師範とともに、8/10の九州プロレス、博多スターレーンでの「九州プロ6周年 筋肉山笠'14」に参戦する「野獣」ボブ・サップ選手のビデオメッセージ収録を行いました。
サップ選手は大会メインイベントでの対戦相手、九州プロレスのエース、筑前りょう太選手を盛んに挑発しました。昨年末、鹿児島で筑前選手にビーストボムの2連発で完勝しているサップ選手は、「チクゼン! チクゼン!」と叫びながらカメラの前へ。私たちが筑前選手の写真を渡すと、サップ選手は更に大興奮。叩き潰した筈の筑前選手がリベンジに燃えていると聞きつけ、闘志に火がついたようです。興奮したサップ選手は筑前選手の写真を食い破るパフォーマンス。本物の筑前もこうなるぜとばかりに勝利を猛アピールしました!
サップ選手動画→http://youtu.be/4iofRvpp-wE
14071009.jpg 560×1143 129K

■2014年07月09日(水)  LEGEND法人化パーティにノブ、サップ、天田出席!
14070944.jpg 560×497 103K
8月8日(金)熊本市内のホテルにて、火の国格闘伝説LEGENDを主催する株式会社レジェンドの法人化パーティが開催されます。これまでLEGENDは2011年に「20世紀最強の暴君」ピーター・アーツ選手を、2012年に「野性の黒豹」フランク・ムニョス選手を、そして2013年には「野獣」ボブ・サップ選手を招聘し、特に昨年は西島洋介引退試合、西島 vs サップ戦が実現し、TBS「有吉ジャポン」内での地上波オンエアも含め、日本の格闘技界に大きな話題を提供してきました。勿論、チャクリキ・ジャパンでもLEGENDに最大限の協力をしてきました。
今回の法人化で、これまでLEGEND実行委員会という任意団体の主催から、あらゆる面でスケールアップしたLEGENDの進化が見られる事になると思います。「地方から中央へ!」格闘技を通じでの地方活性化を推進する株式会社レジェンドと、ドージョーチャクリキ・ジャパン株式会社は今後も、良好な関係を維持してゆきたいと考えております。そこで、8月8日のパーティには、ノブ・ハヤシ館長、ボブ・サップ選手、天田ヒロミ選手に参加して貰います。それそれが世界的なファイターであると同時に、LEGEND参戦経験もあります。気が早いですが、法人化によってLEGEND大会が益々発展する事を祈念し、これからも協力体制をとってゆきたいと思います。

■チャクリキ・ファイターズの試合・イベント予定
7月13日(日)「GENOME 30」福岡県福岡市「福岡国際センター」
IGFスペシャルタッグマッチ
天田ヒロミ&ジェロム・レ・バンナ vs 小川直也&ミノワマン

7月20日(日)「MAGNUM35」東京都文京区「後楽園ホール」
日本フライ級 3分3R
優吏(真樹ジムオキナワ)vs 泰史

7月30日(水)「ASUKA PROJECT 謝恩感謝」東京都新宿区「新宿FACE」
異種格闘技戦シングルマッチ
天田ヒロミ vs 松井大二郎
タッグマッチ
鈴木秀樹&KAZMA SAKAMOTO vs モハメド・ヨネ&松田慶三

8月4日(月)「FIGHT NIGHT SAINT-TROPEZ 2014」フランス「サントロペ」
ヘビー級 3分3R
ジェロム・レ・バンナ vs ダニエル・サム
ピーター・アーツ vs フレディ・ケマイヨ

8月上旬「スポーツ親善交流の為のカンボジア渡航」
アントニオ猪木議員、チャクリキ代表甘井、渡航

8月8日(金)「LEGEND法人化パーティ」熊本市内ホテル
ノブ ハヤシ、ボブ・サップ、天田ヒロミ、参加

8月10日(日)「九州プロ6周年 筋肉山笠'14」福岡市博多区「博多スターレーン」
メインイベント プロレスリングマッチ
ボブ・サップ vs 筑前りょう太

11月9日(日)「闘道館Presents 闘宝伝承 2014」大阪市東住吉区「市民交流センターひがしすみよし」
難波久美(契明ジム) 参戦
Bigbang West-Side ジュニアキックトーナメント開催

■2014年07月09日(水)  チャクリキ、猪木議員とカンボジアへ
14070912.jpg 560×380 86K
本日、議員やカンボジア政府観光局顧問との打ち合わせが終わり、情報開示の許可を賜りましたので発表します。チャクリキ・ジャパンでは本年初頭より、日本とカンボジアの格闘技をベースとしたアマチュア&プロフェッショナルのスポーツ交流活動に取り組んで参りました。歴史に詳しい方ならご存知のように、カンボジア王国は、かつてタイ国もその支配下に収める東南アジア最大の一大王国でした。カンボジアの伝統的格闘技である「ボッカタオ」はムエタイの源流とも言われております。それらの格闘技を中心とした国際親善交流、国際大会の計画、打診を、長年カンボジアへのボランティアに取り組まれていた一般社団法人「輝け日本の会」の谷川政敏様より、ドージョーチャクリキ・ジャパンは頂きました。その時、「格闘技を中心とした国際親善交流」という言葉で私が意識したのがアントニオ猪木会長です。以後、事ある毎に、谷川さんの報告を通じて猪木会長にカンボジアのスポーツ情勢をお伝えし、約2年、ようやくアントニオ猪木議員をスポーツ平和交流の象徴としてカンボジアに招く準備が整いました。8月上旬、私、チャクリキ甘井も同行し、猪木会長のカンボジアの各大臣、カンボジアオリンピック委員会、カンボジア州政府首長などとの会談が実現致します。猪木会長の「元気」で日本、カンボジア両国のスポーツ親善が大きく動く事を確信しております。加えて、猪木会長の理念である格闘技を通じてのスポーツ平和国際交流に携われる事を非常に嬉しく、名誉に思います。
北朝鮮に関しましてもそうですが、猪木議員の動く所、大きな波風が起こるのがどんな場合であれ必定です。ましてや「東京オリンピック」を控えた日本には、レスリング、柔道、ボクシングなどオリンピック格闘技のスポーツ外交も大きなテーマです。また、プロ格闘技でも、タイ国のルンピニー、ラジャダムナンに負けぬよう、カンボジアでも常設会場が出来たとも聞いております。来年にはキックの世界大会が計画されており、私どもチャクリキもあらゆる協力を惜しまぬ所存です。両国間の国際親善、アマ&プロの格闘技交流、「ボッカタオ」の世界的アピール、とやるべき事は山積みで、一生を懸けても充分かどうか不安ですが、ノブ・ハヤシ館長を含め、皆が夢を紡いでくれると信じております。
それにしてもこの日は、猪木議員はオーストリアから戻ったばかり、谷川氏はカンボジアから帰国して成田から議員会館に直行、そして明日から猪木議員は北朝鮮と、本当に多忙な皆が揃う貴重な一日でした。
先ずは8月上旬の第一次カンボジア渡航です。大きな実りがある事を夢見ております。

■2014年07月07日(月)  難波久美、「闘宝伝承 2014」参戦!
14070722.jpg 560×793 209K
昨年11月3日、はびきのコロシアムでチャクリキ大会とのコラボ大会を行い、ノブ ハヤシ vs 天田ヒロミのエキジビション戦、初代タイガーマスクの佐山サトル会長、4年ぶりのチャクリキ大会登場など、大きな話題を集めた「チャクリキ ファイティング カーニバル 2013 闘宝伝承」
本年は、11月9日に単独大会「闘宝伝承 2014」を開催しますが、本大会にもドージョーチャクリキ・ジャパンは大会後援にて提携し、最近激闘の続いている西日本女子王者の難波久美選手(契明ジム)を送り込みます。
本大会は、あの「東洋の神秘」として一世を風靡したザ・グレート・カブキ選手の格闘技生活50周年を記念して行われる大会で、カブキ選手の他にも、「風雲昇り龍」天龍源一郎選手、「テロリスト」藤原喜明選手と、超大物レスラーが一同に介します。流石、日本一の格闘技ショップ闘道館プロデュースの大会です。他にもPRIDEのリングで活躍した「リアル1・2の三四郎」アレクサンダー大塚選手や、鋼鉄戦士ゼウス&The Bodyguardの「THE BIG GUNS」も参戦! 多くのスター選手が揃います。こうした華やかな舞台で、「西日本の女王」難波久美選手が、いかに存在感をアピールで来るか注目です!
また、本大会では、Bigbangの関西地区組織、Bigbang West-Side様の協力を賜りまして、ジュニアキックのトーナメントマッチも同時開催致します。カブキ選手、天龍選手、藤原選手が上がるリングで優勝を懸けたトーナメントを闘える選手たちは大きなチャンスですね! Bigbang West-Side 池田会長、ありがとうございます!
皆様、11月9日(日)「大阪市立 市民交流センターひがしすみよし」にて開催される「闘宝伝承 2014」にご来場よろしくお願い致します。また、早割指定券としまして、9月9日までは指定席3,000円の格安割引販売があります。この機会に是非お求めください!
また、本大会会場で当日販売する一部記念グッズ売上金および会場に設置する募金で集まった寄付金はリアルジャパンプロレス様を通しタイガーマスク基金様へ寄付し、児童養護施設で暮らす子供たちを応援いたします。

■闘道館Presents「闘宝伝承 2014」
 〜ザ・グレート・カブキ 格闘技人生50周年記念大阪大会〜
 日時/11月9日(日)14:00開場 14:30開始
 会場/大阪市立 市民交流センターひがしすみよし
    (大阪市東住吉区矢田5-8-14 TEL.06-6697-3311)
 ※アクセス
  電車・近鉄南大阪線「矢田駅」下車 徒歩約12分
  日本城バス・地下鉄御堂筋線「我孫子駅」下車 天美北方面行に乗り
  「パークサイドなごみ前」下車、東へ徒歩約3分
  市バス・近鉄南大阪線「矢田駅」下車 府立総合医療センター行きに乗り
  「矢田行基大橋」下車 徒歩約3分
 大会主催/闘道館Y1968、BIGDaddy酒場 かぶき うぃず ふぁみりぃ
 大会後援/ドージヨーチャクリキ・ジャパン
 協賛/元祖味穂、焼肉野崎、有料老人ホームもえぎ、ホテルヒラリーズ、
    株式会社日華商会、株式会社美濃田産業、熊崎歯科、Bar Hills、
    みつま整骨院、JANE、ウエノ歯科
 協力/天龍プロジェクト、道頓堀プロレス、シンダイボクシングジム、
    A-TOYS、リアルジャパンプロレス、Bigbang West-Side

●参戦選手
 「東洋の神秘」ザ・グレート・カブキ
 「風雲昇り龍」天龍源一郎
 「テロリスト」藤原喜明
 「西日本の女王」難波久美
 「リアル1・2の三四郎」アレクサンダー大塚
 「魂の蹴撃手」青柳政司
 「地獄からの使者」齋藤彰俊
 「ザ・ビッグガンズ」ゼウス& The Bodyguard
 「元大相撲関脇」若翔洋
 空牙、舞牙、くいしんぼう仮面、松山勘十郎、エイサー8、スミヒデアキ、
 武士正、コマンド ボリショイ、中島安里紗、ドレイク森松、賀川照子、
 アントニオ小猪木、よしえつねお、守屋博昭、ライジングKID 他

●チケット(当日は500円アップです)
 連獅子シート(最前列・記念品付)/10,000円
 特別リングサイド席/7,000円
 リングサイド席/6,000円
 指定席/5,000円
〔早割〕シート/3,000円(9月10日以降は5,000円)
 自由席/4,000円 ※席がなくなり次第、立見となります。
 小中学生/2,000円 ※当日の自由席のみ
 未就学児童/無料

●チケット販売
 e+(イープラス)
 http://eplus.jp/battle/ <http://eplus.jp/battle/
 (PC&携帯)
 ファミリーマート店内Famiポート 

 チケットぴあ
 0570-02-9999 Pコード826-951

 闘道館チケットセンター
 080-4494-1968 

 闘道館
 03−3512−2080 
 info@toudoukan.com

 モーニングプロダクション
 06-6648-9513

 カウント2.99
 06-6213-2998

 Rプランニング
 075-752-3118 
 r-pulanning@hotmail.co.jp

 A-TOYS cafe&bar 
 070-6546-1823

 道頓堀プロレス試合会場
 doutonbori-pro.com

■2014年07月07日(月)  春一番さんのお通夜、ご葬儀に関しまして
14070788.jpg 560×802 69K
急逝した春一番さんのご葬儀は、ご家族のみの密葬にて執り行われ、一般葬は後日「春一番を偲ぶ会」の形で行う予定でしたが、斎場等への問合せも多く、やはり密葬ではなく、生前ご厚誼のあった方々も参列出来る形となりました。「偲ぶ会」ではなく本葬にて、春一番さんとお別れ出来る機会が出来ました事、ご遺族の皆様に感謝申し上げます。(これを以て、「偲ぶ会」等は行いません)
春一番さんとご厚誼があり、ご葬儀関係の情報が必要な方は、メールにてお尋ねください。

■2014年07月07日(月)  天田&バンナ、地上波オンエア!
14070703.jpg 560×420 59K
K-1のリングでは激しい乱打戦を2度に渡って行った天田ヒロミとジェロム・レ・バンナが、今度は「日仏・鉄腕タッグ」を結成し、メインイベントを闘うGENOME30。
そのGENOME30がテレビ西日本で地上波放送決定!
エリア限定とはいえ、格闘技の地上波オンエアは、非常に歓迎すべき、素晴らしい事です!


■チャクリキ・ファイターズの試合・イベント予定
7月13日(日)「GENOME 30」福岡県福岡市「福岡国際センター」
IGFスペシャルタッグマッチ
天田ヒロミ&ジェロム・レ・バンナ vs 小川直也&ミノワマン

7月30日(水)「ASUKA PROJECT 謝恩感謝」東京都新宿区「新宿FACE」
異種格闘技戦シングルマッチ
天田ヒロミ vs 松井大二郎
タッグマッチ
鈴木秀樹&KAZMA SAKAMOTO vs モハメド・ヨネ&松田慶三

8月4日(月)「FIGHT NIGHT SAINT-TROPEZ 2014」フランス「サントロペ」
ヘビー級 3分3R
ジェロム・レ・バンナ vs ダニエル・サム
ピーター・アーツ vs フレディ・ケマイヨ

8月10日(日)「九州プロ6周年 筋肉山笠'14」福岡市博多区「博多スターレーン」
メインイベント プロレスリングマッチ
ボブ・サップ vs 筑前りょう太

■2014年07月05日(土)  春一番さんのご葬儀に関して
一昨日に急逝した春一番さんのお通夜、ご葬儀は来週に、ご家族、近親者のみの密葬にて執り行われます。
参列可能な一般葬は後日、「春一番を偲ぶ会」の形で行う予定です。チャクリキでも出来る限りの協力を惜しまぬ所存です。

■2014年07月03日(木)  春一番さん、急逝
本日未明、芸人の春一番さんが急逝されました。
朝、顔色の異常に気付いた奥様が、119通報をされ、救急車で病院に緊急搬送されましたが、病院に着いた際には心肺停止状態だったとの事です。
春一番さんは格闘技に造詣が深く、特にアントニオ猪木会長のモノマネでは一世を風靡し、数多くのTV番組やCMに出演してきました。
チャクリキとも縁が深く、ノブ ハヤシ選手の試合を観戦に何度か会場を訪れてくださいました。また、小社代表の私、甘井とは公私ともに大変仲良くして頂きました。最近は日本各地での仕事も精力的にこなされておりました。
享年47歳での若過ぎる死は残念でなりません。しかし、いかにも「芸人」らしく、破天荒ですらあった生き様も含め、それが「春一番」という生き方であったのだと今は思っております。只々、ご遺族のご心痛にお悔やみを申し、春さんのご冥福をお祈りするだけであります。
お通夜、ご会葬等、また後程お知らせ致します。
14070301.jpg 560×1266 121K

■2014年07月02日(水)  カバラファイトシリーズ写真
アゼルバイジャン共和国での「カバラファイトシリーズ」の写真です。
広大な体育館も見事にショーアップされた会場に作られました。本当にジャマール・ベン・サディック選手の凶行さえ無ければ、素晴らしい大会となったでしょう。
サディック選手の凶行に怒りを露にする、ヘスディ選手の兄、セコンドのアシュラ・ゲルゲス選手が印象的です。
14070201.jpg 560×6653 615K

過去ログ 2004年10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月