Chakuriki Japan
広報部ニュース
トップ
広報部ニュース
English News
道場案内
選手紹介
Rules
Video Library
お問い合わせ
■2012年09月30日(日)  第4回RKS大会 試合結果
12093002.jpg 560×889 115K
本日、大阪羽曳野市「はびくのコロセアム」にて、チャクリキ顕修塾主催のアマチュア大会、第4回RKS大会が開催され、若きファイター達が溌剌としたファイトを繰り広げました。
試合の結果は以下に記します。またMVP(大会最高殊勲選手)にはチャクリキ二刃会の飯坂一貴選手が選ばれました。飯坂選手は本来の適正体重よりかなり高い体重で、欠場となった選手の為に代打出場を申し出、3戦を闘い抜きました。結果的には3連敗となったものの、その姿勢と、全ての試合で素晴らしいガッツを見せたことが受賞理由となりました。成長途中の格闘家にとって、時には勝敗以上に大切な物がある事を示すことが出来た飯坂選手のMVP受賞であったと思います。
そして、各階級の優勝選手たちは本当におめでとうございます。選手のみなさん、ご関係者の皆さま、本当にお疲れさまでした。

●第4回RKS大会 試合結果

■キックルール幼年の部
優勝 小島大智(勇誠会)

■キックルール21kg以下の部
優勝 松葉斗哉(KOKUSHIGYM)
準優勝 沖田海斗(啓道館)

■キックルール24kg以下の部
優勝 加藤尚晴(KOKUSHIGYM)

■キックルール30kg以下の部
優勝 三宅皇輝(チャクリキ二刃会)
準優勝 加藤幸海(KOKUSHIGYM)

■キックルール33kg以下の部
優勝 中山一柊(M-BLOW)
準優勝 舞永夏希(チャクリキ二刃会)
第3位 山方ことみ(チャクリキ二刃会) 

■キックルール36kg以下の部
優勝 林田圭佑(金剛カラテ)
準優勝 渡邊亮太(啓道館)

■キックルール39kg以下の部
優勝 片桐朋香(真我館)

■キックルール42kg以下・女子の部
優勝 佐藤優香(聖心会)

■キックルール45kg以下の部
優勝 兼田将暉(チャクリキ顕修塾)

■キックルール48kg以下の部
優勝 孫田隼大(チャクリキ顕修塾)

■キックルール57kg以下の部
優勝 藤渕郁弥(真我館)
準優勝 安達陸仁(誠流塾)
第3位 森本彰馬(小猿道場)

■キックルール62kg以下の部
優勝 中野椋太(若獅子会館)

■キックルール65kg以下の部
優勝 萩原勝登(チャクリキ顕修塾)
準優勝 白石翔(チャクリキ顕修塾)

■キックルール67kg以下の部
優勝 岡崎恵佑(チャクリキ二刃会)
準優勝 谷元涼(若獅子会館)

■キックルール72kg以下の部
優勝 吉原新(勇誠会)

■空手ルール24kg以下の部
優勝 山本宗(拳聖塾)

■空手ルール30kg以下の部
優勝 池田蕉陽(チャクリキ顕修塾)

■空手ルール45kg以下の部
優勝 小笹流星(チャクリキ顕修塾)

■空手ルール48kg以下・女子の部
優勝 伊集院綾(拳聖塾)

■大会最高殊勲選手(MVP)
飯坂一貴(チャクリキ二刃会)

■2012年09月30日(日)  ピーター・アーツ選手、IGF大会出場
昨日、愛知県体育館にて開催されました「GENOME 22」に参戦したピーター・アーツ選手は気心の知れた天田ヒロミ選手とセミファイナルのタッグマッチに出場し、タッグ初挑戦となる天田選手を上手くリードし、大いに会場を盛り上げました。最後は天田選手が得意のパンチにより鈴川真一選手を倒しました。
12093001.jpg 560×2829 185K

■2012年09月28日(金)  南米最強トファネリ姉弟! 誰がトファネリを止めるのか!?
12092807.jpg 560×1362 125K
11月25日(日曜日)に愛知県にて行われます「オープントーナメント第1回世界闘英館空手道選手権大会」へは、チャクリキ顕修塾より和田祥嗣選手、酒井勇太選手のツートップ、そしてチャクリキ選抜武林大会日本代表の重松敦史選手(松栄塾)、チャクリキ顕修塾空手大会MVPの荒木千咲選手(志輝会館)などが出場発表され、大いにその活躍が期待されておりますが、11月大会に先立ち、ブラジルのサンパウロ州グアラレマ市にて9月16日(日)にブラジルを中心とした南米各国の選手が出場した闘英館のオープントーナメント大会が開催され、関係者の予想通り、ビビアネ・トファネリ選手、ヴィトル・トファネリ選手のトファネリ姉弟が、多くの強豪選手が参加したオープントーナメントをそれぞれ制し、姉弟同時優勝を達成し大トロフィーを獲得いたしました。やはり11月大会でも優勝候補最右翼と見られているトファネリ姉弟の、実力に偽り無しの圧勝劇でした。
こうなると11月大会でも、和田祥嗣選手、重松敦史選手、荒木千咲選手に「ストップ・ザ・トファネリ!」の期待が大きく掛かります。事実、ここ数年、この最強姉弟は、空手は勿論のこと、キックルールマッチ、MMAルールマッチにおいても、敗北らしい敗北を喫していません。誰がこのブラジルが生んだ最強姉弟に土を付けることが出来るのか? 俄然、11月の世界大会に注目が集まります。皆さま、和田祥嗣選手、酒井勇太選手、重松敦史選手、荒木千咲選手に応援、宜しくお願いいたします!

■オープントーナメント 第1回世界闘英館空手道選手権大会
 日時/11月25日(日曜日) 選手集合9:00 開会式9:45
 会場/愛知県「刈谷市体育館」(愛知県刈谷市逢妻町4丁目32番地 TEL.0566-21-7711)
●出場予定選手
 一般男子70kg以上級
 酒井勇太、レナット・ベンフィカ 他
 一般男子70kg未満級
 和田祥嗣、重松敦史、ヴィトル・トファネリ、マルセロ・ドス・サントス、アレシオ・ドス・サントス 他
 一般女子55kg以上級
 荒木千咲、ビビアネ・トファネリ 他

■チャクリキ・ファイターズの試合予定
 9月30日(日)「第4回RKS格闘技交流大会」大阪羽曳野市「はびきのコロセアム」
 チャクリキJr、アマチュア選手、大挙出場

 10月5日(金)「J-KICK」東京水道橋「後楽園ホール」
 ザ・スクールウォーズ Aクラス-58kg決勝戦 2分2R/延長1分
 兼田竜暉 vs 橋口聡
 ザ・スクールウォーズ Bクラス-62kg決勝戦 1分30秒2R/延長1R
 小土井涼太 vs 仲尾宗一郎

 10月6日(土)「グローリーWS 2」ベルギー、ブリュッセル
 ヘビー級
 ブラドック・シウバ vs レミー・ボンヤスキー

 10月7日(日)「DEMOLITION 11」大阪市大正区「アゼリア大正」
 フェザー級 3分3R
 刃恭平 vs 吉田健吾

 10月14日(日)「K-1 WGP FINAL 16」東京「両国国技館」
 K-1 WGP 1回戦
 ヘスディ・カラケス vs セルジィ・ラシェンコ
 ラウル・カティナス vs ベン・エドワース
 スーパーファイト
 サウロ・カバラリ vs パヴェル・ズラフリオフ

 10月20日(土)スペイン「カジノ・デ・アランフェス」
 欧州ムエタイ選手権
 フランク・ムニョス vs T・タポビック
 出場予定選手
 ナヤネッシュ・パリック

 11月10日(日)「Super Kombat WGP 開幕戦」
 ラウル・カティナス参戦

 11月上旬 「World Series of Fighting」米国ネバダ州ラスベガス
 MMA旗揚げ大会予定
 契約完了選手
 ジェロム・レ・バンナ

 11月24日(土)「Nuit Des Champions」フランス、マルセイユ
 WKNムエタイ世界スーパーヘビー級王座防衛戦
 王者/ジェロム・レ・バンナ

 12月2日(日)「LEGEND 3」熊本県「益城総合体育館メインアリーナ」
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ
 女子キック 3分3R
 ロクサーナ・ガール vs 神風萸暉美

 12月2日(日)「グローリー・グランドスラム」千葉県千葉市美浜区「幕張メッセ」
 出場予定
 ピーター・アーツ
 ジェロム・レ・バンナ
 ブラドック・シウバ

 12月8日(土)「Super Kombat WGP 決勝大会」
 Super Kombat WGP 開幕戦の勝利選手出場

 12月26日(水)「K-1 WGP 決勝大会」米国、ニューヨーク
 K-1 WGP FINAL 16 両国大会勝利選手出場

■2012年09月28日(金)  K-1に向け、ラウルも絶好調! 今日より角谷選手も合流!
12092806.jpg 560×711 88K
ヘスディ選手に続き、ラウル・カティナス選手の近況もチャクリキ本部より伝えられてきました。ヘスディ選手と同様、良いコンディションでK-1のリングに上がるそうです。また、今、チャクリキ本部ではルーマニア人のファイターが、ラウル以外にも2名、アディ選手とミッキー選手が毎日プロ練習の時間に激しいトレーニングを行っております。同郷の友人ファイター達が居ることで、ラウル・カティナス選手もさぞ心強いことでしょう(上写真左)。
また、現在チャクリキ本部にはベルギーから来たロシア系のプロファイターであるコルヨ・イワノフ選手(上写真右)も熱心にプロ練習に混ざり、トレーニングを積んでいるそうです。
加えて、日本出身のボネフェルト直人選手(下写真前列右から2人目)がオランダでのプロ公式戦デビューを目指して頑張っております。現在、ヘスディ選手が直人選手を熱心に指導しており、年末には欧州でのリングに立つことになりそうです。実現すれば、かつてチャクリキでトレーニングを行っていた全日本キック四天王の山本アキラ会長(インスパイアードモーション会長)、ノブ ハヤシ選手に続く、欧州リングデビューです。
そして、遂に、これらのメンバーに本日より「浪速の悪童」角谷正義選手が加わる予定です。角谷選手は9月27日成田発のアエロフロート便でオランダ入り(オランダ時間の深夜)し、現地でお世話になる、日本料理店「博多せん八」の皆さまに迎えられました。到着後はジェット・ラグ(時差ボケ)が酷く、1日の静養をとりましたが、いよいよ本日の朝(日本時間では今日の18:00)のプロ練習からチャクリキ本部での練習に合流いたします。
エジプトのヘスディ選手、アミール選手、スペインのムニョス選手、ナヤネッシュ選手、ブラジルのブルーノ選手、サウロ選手、日本の直人選手、角谷選手と、今やチャクリキ本部は、世界中から「強くなりたい」と願うプロ選手たちが集まる場となりました。トム会長が語った言葉「選手が強くなりたいと真に願うとき、チャクリキはどんな労力も惜しまない」を正に実践しております。
さらには、10月5日に、あの小比類巻貴之選手がチャクリキ本部を表敬訪問し、トム会長に挨拶を行います。きっと小比類巻選手も、世界中から選手が集まり活況を呈しているチャクリキ本部に驚くのではないでしょうか。

■2012年09月28日(金)  第4回RKS大会 試合カード
9月30日(日曜日)大阪府羽曳野市「はびきのコロセアム」にて、チャクリキ顕修塾主催によるアマチュア大会「第4回KRS(REAL KAKUTOU SPIRITS)格闘技交流大会」が開催されます。
試合カードは以下の通りとなっております。9:30開場、10:00試合開始予定です。
ご確認の程、宜しくお願いいたします。
チャクリキの次世代を担う若者たちの溌剌としたファイトにご期待ください!
12092804.jpg 560×1708 150K

■2012年09月27日(木)  トム会長夫人、マリヤン・オルフェス女史の特集が組まれる
12092703.jpg 560×1420 127K
弁護士として活躍しながら、名門サッカーチーム「アヤックス」の最高経営委員会の常任メンバーを務め、アムステルダム大学でスポーツ選手契約に関する法手続の特別講座で教鞭を執るなど、素晴らしい活躍を続けているトム・ハーリック会長夫人のマリヤン・オルフェス女史が雑誌で大特集されました。その活躍、功績に対し、大きな注目が集まっているようです。彼女の存在は正に「チャクリキの聡明なる母」と呼べるでしょう。

■2012年09月27日(木)  いよいよ K-1 両国大会迫る!
12092702.jpg 560×1299 148K
本日、東京江東区南砂町のゴールドジムにて、天田ヒロミ選手の練習風景撮影とインタビュー収録が行われました(上写真)。映像はスパイクTVのインターネット生中継や会場でのVTRなどに使用されるそうです。ノブ ハヤシ選手がK-1にレギュラー参戦していた頃にもこうしたインタビューがありましたので、非常に懐かしく感じられました。来年のリング復帰を目指してトレーニングに励むノブ選手が、K-1 のような世界の闘いのリングに戻ってくることが待ち遠しいです。
大会屈指の好カード、ラウル・カティナス vs ベン・エドワーズにも要注目です。2008年に新日本キックでノブ選手と対戦した時には、1Rに怒濤の攻めを見せたエドワーズ選手ですが、2R、3Rにノブ選手の厳しい攻撃を浴び、判定で敗れました(中写真)。しかし、今回のK-1でも、初回からのラッシュこそ自分のスタイル、とばかりにエドワーズ選手はラウル選手に向かってゆくでしょう。試合開始から一瞬も目が離せない一戦になりそうです。また、エドワーズ戦を通じてノブ選手とラウル選手の戦法の違いなど、見所が多い一戦となりそうです。
また、チャクリキ本部からの情報によると、今回K-1に参戦する3選手のエース格であるヘスディ・カラケス選手の仕上がりも、非常に順調とのことです(下写真)。2010年12月以来の日本でのファイト、楽しみです。
皆さま、K-1 両国国技館大会に参戦するヘスディ・カラケス選手、ラウル・カティナス選手、サウロ・カバラリ選手に応援、宜しくお願いいたします!

■大会実施概要
 タイトル/ K-1 RISING 2012 WORLD GP FINAL 16 (世界ヘビー級ベスト16)
 日程/10月14日(日)
 時間/開場15:30 (予定) 開始16:30(予定)
 会場/ 両国国技館
 主催/K-1 Global Holdings Limited
 運営/キョードー東京

 ●ワールドグランプリ1回戦
 ヘスディ・カラケス vs セルジィ・ラシェンコ
 ラウル・カティナス vs ベン・エドワース
 ミルコ・クロコップ vs ランディ・ブレイク
 ポール・スロウィンスキ vs カタリン・モロサヌ
 シング・ジャイディープ vs イスマエル・ロント
 ザビエル・ビグニー vs ザビット・サメドフ
 ジャレル・ミラー vs アーノルド・オボロトフ
 天田ヒロミ vs 上原誠

 ●スーパーファイト
 サウロ・カバラリ vs パヴェル・ズラフリオフ
 梅野源治 vs チャンヒョン・リー
 ジャファル・アーマディ vs ベンジャミン・アデブル
 リック・ルーファス vs ジェイムス・ウィルソン

 入場料金/SRS席30,000円、SS席(マス席)30,000円 ※1マス単位の販売(最大4名まで)、
      S席10,000円、A席5,000円
 チケットに関するお問い合わせ先/ 
 ●キョードー東京(Tel:0570−064−708)
  http://www.kyodotokyo <http://www.kyodotokyo/>
 ●大会に関するお問い合わせ先/
 K-1 Global Holdings Limited(Tel:03−5436−4281)
 http://www.k-1.tv/
 プレイガイド/
 ●キョードー東京 0570−064−708
 http://www.kyodotokyo.com <http://www.kyodotokyo.com/>
 ●チケットぴあ 0570−02−9999
 http://pia.jp/t/
 Pコード:594−720
 ※ぴあカウンター、サークルK、サンクス、セブンイレブン各店
 ●ローソンチケット 0570−084−003
 http://l-tike.com/
 Lコード:35000
 ※ローソン店頭ロッピーにて
 ●e+イープラス
 http://eplus.jp/battle/
 (携帯&パソコン同じアドレス)
 ※ファミリーマート各店

■2012年09月26日(水)  辰野勇人の武術雑記 第20回「蹴りについて」
grp0926121735.jpg 195×231 18K前々回、前回と「パンチ」について述べてきましたので、今回は「蹴り」について考えてみようと思います。先ず第一に踏まえるべきは、武術にとっては、「パンチ」だから「蹴り」だからといって、殊更、別物であるように考えないことです。パンチの時にも述べましたが、大事なのは自分の急所である「正中線」を相手に晒さないこと。そして、胸を閉じた状態から挙動し、相手に攻撃が当たるときに胸を開き、その勢いを相手に伝える。基本の考え方はパンチでも蹴りでも同じです。パンチだから、蹴りだからと分けて考えることは、例えばコンビネーションなどでの「迷い」にも繋がります。いかに自分の急所をガードし、パンチでも蹴りでも、その状況で最も有効な手段で相手により強い衝撃を与える…それこそが武術の考え方であり、試合にとって最も重要なことです。
スポーツで「蹴り」と言えば「サッカー」が真っ先に連想されます。人気選手の写真などで、大きく胸を張りボールを蹴り出さんとしている瞬間を目にすることがあると思いますが、サッカーでは恰好良く映るこの蹴りの姿勢は、実は武術に於いての考え方と全く逆なのです。もっと言ってしまえば武術に於いては最もまずい形となっています。胸を張り、自分の正中線を晒したままで、相手のパンチや蹴りをそこに貰ってしまえば、挙動の勢いで見事なカウンターとなり、たちまちKOされることになるでしょう。勿論、サッカーは武術ではありませんので、そんな心配は要りませんが、スポーツ的な良い蹴りと武術の目指す蹴りが、全く異質なものだと理解して貰うために敢えてサッカーの例を出しました。
蹴りの練習を基本から始める場合、先ず最初に習うのが「直蹴り」でしょう。誰もが蹴り足を抱え込むようにして、その後に膝を伸ばして蹴り足を前へ出す練習をするかと思いますが、この練習にも武術的に重要な要素が込められており、蹴りの挙動の際に胸を開かないという形を覚え込ませる意味があります。三角座りのようにヒザを抱えるイメージを持てば胸は閉じている状態となります。そこから蹴り足が右足の場合、抱え込んだ右足を前に出した際に、軸足の左足は爪先が外側を向くようになります。つまりそれは右足の蹴りが出るのと同時に右腰が前に出るという事を意味します。そしてパンチの時にも述べましたが、蹴り足が当たるのと同時に胸を開くのです。そうすれば蹴り足の力、腰、胸を開くという瞬発力が全て蹴りに込められることになります。また、蹴りもパンチと同じく、打ち終わってからの動きも重要です。蹴りを相手に放った後、蹴りを放つ前と同じようにヒザを抱える様な形まで足を引き、それから足を下ろすのが理想的な蹴り終わりの形です。何度も言うようですが、胸を開いた状態というのは、相手に対して自分の弱点である正中線を晒している形です。蹴りを放った姿勢のままでは相手の攻撃に対処できません。ヒザを抱える姿勢に戻ることで胸を閉め、相手からの反撃に備えます。こうした一連の基本動作にも胸の開け閉めが重要な意味を持つのがお解り頂けるかと思います。直蹴りが出来れば、次は回し蹴りです。回し蹴りも直蹴りと同じく、先ずはヒザを抱える様な形で蹴り足を上げ、蹴りを放つ際に蹴り足のヒザを内側に向けます。直蹴りの場合は蹴った瞬間に足を下ろすと、蹴り足の腰を入れた分、蹴り足と軸足の爪先の方向が丁度垂直に交差する形となりますが、回し蹴りの場合は、蹴り足側の腰を入れて打ち、同じように蹴った足を下ろすと、蹴り足と軸足の爪先方向が水平となっている筈です。これが回し蹴りの基本的な蹴り方です。やはり直蹴りと同じく、蹴りを放った後はヒザを抱える姿勢に戻り、そこから足を下ろします。
ヒザを抱える姿勢というのは、前述した、胸を閉め正中線を守る、という重要な意味の他にも、蹴りを地面からスタートさせないという教えを含んでおります。地面から蹴りの動きをスタートさせると、地面を蹴る力に対し、同じ力で反作用が生じ、その反作用に対してバランスを取るためにも胸を開かざるを得なくなります。ですから先程例に出したサッカー選手たちのキック写真は一様に胸を張って居るのです。そうした形になってしまうと相手に蹴りの挙動伝わり易くなり、加えて隙だらけの蹴りとなります。足は大地を踏みしめるものでは無く、下腹、下丹田でつるべのように引き上げて動かすという以前にも述べた考え方は、こうした地面、重力からの呪縛を解き放つためのものです。いちいち地面を力一杯踏みしめて歩くよりも、自分の体重すら忘れてしまうような、昔から「薄氷を踏むように」と教えられるような、足の使い方が出来た方が居着つかず速く動けるようになります。そうした事が頭では解っていても、実際に蹴りを放ってみると、地面を蹴るようなフォーム、大地に根を張って居着くような蹴りに陥っている場合もあります。自分自身で蹴りのフォームをチェックすることは当然ながら肝心ですが、そうした悪い形になりそうな際、指導者はアドバイスを与えてくれたり、フォームの矯正を行うのです。
また、悪い例として、遠心力を利用してやたらと蹴り足を振り回すような蹴りのフォームを見ることがあります。体格や力に優れた外国人選手なら、それでも威力を発揮するのでしょうが、武術的な考え方では、遠心力に頼りすぎたフォームは、蹴りを振り回しているようで、その実、振り回されているのです。これはパンチに於いても同じ事が言えます。以前にも申しましたが、武術的な動きで理想とされるのが、等速度の動きです。遠心力とは加速度運動であり、速度が増せば増すほど運動エネルギーが増大し、相手に与える以外の力がその動きに加わり、結局の所、そうした力に振り回されることとなるのです。勿論、一般のスポーツでは初速から加速してゆく加速度運動が当たり前であり、そうした動きが中心です。しかし、相手との攻防を前提とした武術の動きに於いては、加速度運動は、非常に動きが読み易い、逆に言うと当たり難い攻撃を生んでしまいます。初速からの速い動きを実現する等速度運動こそ、相手に挙動を読まれない理想的な武術の動きです。そして、その蹴りが相手に当たる瞬間に、腰が入り、胸を開く事による瞬発力が加味され、その打撃が生きた物となります。それはスポーツ的な運動では決して得られないものです。それこそが武術の素晴らしさであると私は考えております。そうでなければ常に力の強いだけの者が勝つことになります。およそ、武術を志す者は、無意識の内にでも、この等速度の動きの境地へ近づいている筈です。であるからこそ、私は常に「筋肉よりも、それぞれを連動させて動かす筋(すじ)が大切」と教えております。
先ずは蹴りの挙動で地面を蹴らないこと。蹴り出しの際に胸を開かないこと。不要に足を振り回すことなく、加速するのでなく初速から素速く蹴り足を出し、その蹴り足が当たると同時に腰が入り、胸を開いて瞬発力を加える。言葉にすると簡単ですが、こうした理想的な蹴りは、基本練習を疎かにせず、自分のフォームを何度も何度もチェックし、指導者のアドバイスをよく聞いて、身体に覚え込ませるしかありません。ですが、その蹴りが理想型に近づけば、その蹴りの威力は思った以上に対戦相手に伝わります。威力のある蹴りを持つことが試合でどれ程有利かは改めて言うまでもないでしょう。基本練習の形には、自分の蹴りを理想の蹴りにするためのポイントが多く込められています。基礎練習を大切にし、何度も何度も繰り返した者こそが理想の蹴りに近づき、力強い武器を手にすることが出来るのです。頑張りましょう。

辰野勇人

■2012年09月24日(月)  ピーター・アーツ選手、公開練習!
12092402.jpg 560×1557 91K
本日、東京都内の「アントニオ猪木道場」にてピーター・アーツ選手が公開練習を行いました。これは9月29日(土)に愛知県体育館で開催される「GENOME 22」に向けてのもので、残念ながら、今回K-1最強コンビを結成する予定であったジェロム・レ・バンナ選手は負傷のため欠場となりましたが、先日の「GENOME 21」にて角谷正義選手と激しい一戦を行ったK-1 JAPAN王者の天田ヒロミ選手がパートナーに名乗りを挙げ、K-1王者コンビでIGF愛知大会に臨みます。
天田選手はデビュー前にオランダでピーター・アーツ選手の元でキックの修行に励んだというエピソードがあり、これは隠れた師弟タッグです。プロレス、タッグマッチ等の経験も、アーツ選手に一日の長があり、アーツ選手の豊富な経験が天田選手をどう動かすかも見所となります。ピーター・アーツ、天田ヒロミ組は愛知のファンを大いに沸かせることでしょう。
また、実はこの二人、天田選手はK-1に出場が決まり、アーツ選手はGLORYの記者会見を終えたばかりと、ある意味での越境コンビです。こうした渦中のタッグが何気に実現してしまうのもIGFの面白いところでしょう。

■2012年09月24日(月)  YOSHI、山方、RISING-ON 参戦!
12092401.jpg 560×1354 99K
昨日の16:00より大阪のアゼリア大正にて「RISING ON FC 13」が開催されました。チャクリキからは、若獅子会館の若野会長のオファーにより競拳提供試合として、チャクリキ顕修塾のYOSHI☆ハリケーン選手が高橋直輝選手(若獅子会館)とエキビジションマッチを行いました。高橋直輝選手は「ガラ5」でも、J-NETWORKアマチュアトーナメント「ザ・スクールウォーズ」決勝大会まで進出中の兼田竜暉選手と激しい闘いを行い、その将来が嘱望されている中学3年生ファイターです。
また、チャクリキ二刃会の山方ことみ選手はが井上大斗選手(若獅子会館)と対戦し、引き分けとなりました。
RISING ON 田邊代表、ありがとうございました。

■2012年09月22日(土)  角谷正義、2度目のオランダ修行決定!
12092201.jpg 560×1018 148K
角谷正義東京後援会様のお力添えを賜りまして、角谷正義選手の2度目となるオランダ修行が実現いたします。来週末にはオランダに向け、関西国際空港から出発する予定で、K-1出場を控えたヘスディ・カラケス選手、ラウル・カティナス選手や、昨年一番の練習パートナーだったLEGENDへの出場を控えるフランク・ムニョス選手らと共にプロ選手合同練習で連日の特訓に励むことになります。今回のオランダ修行は3カ月を予定しております。こうして角谷正義選手がオランダのチャクリキ本部で修行出来るのも、東京後援会の皆さまの温かなご支援の賜物です。武内昭一会長様、木船孝司副会長様、後援会の皆様方、本当にありがとうございます。改めて深く御礼申し上げます。
そして更に、昨日は角谷正義東京後援会の皆様方が集まり、東京麻布十番の沖縄料理「しゅうずかん」にて「第2次オランダ修行壮行会」が開催されました。角谷選手も久しぶりの東京後援会の皆さまとの交流、そして激励に、大きな力を頂きました。
ファイターにとって、このご恩に報いる道は、ただ一つ「強くなること」だけです。3カ月の修行ではありますが、大きな成果をオランダから持ち帰って貰いたいです。

■2012年09月21日(金)  K-1での選手表記に関しまして
本日、K-1よりリリースがあり、前回会見で選手によってはカタカナ表記をネイティブな発音に近いものに改められたものがありましたが、長年親しんできたリングネームということで、再度、ポピュラーなものに統一されました。これにより、ミルコ・フィリポヴィック選手はミルコ・クロコップ選手に戻り、ヘスディ・ゲルゲス選手も以前のヘスディ・カラケス選手に戻ります。本HPでも今後は、この再変更に揃えます。

■2012年09月20日(木)  ムニョスのタイトル戦大会にナヤネッシュも参戦!
12092012.jpg 560×945 128K
10月20日にスペインの有名カジノ「カジノ・デ・アランフェス」での格闘技大会に敗者追放の厳しいルールでフランク・ムニョス選手が戦うことをお伝えしましたが、ムニョス選手の友人で同じスペイン出身のナヤネッシュ・パリック選手から連絡があり、このメインイベントは、欧州ムエタイ選手権が懸けられたタイトルマッチであることを伝えてくれました。実力を発揮してムニョス選手が勝てば、日本遠征前に良い手土産が出来そうです。また、ナヤネッシュ選手も本大会に出場し闘うそうです。
ナヤネッシュ・パリック選手は10月6日にボクシングのイベントに出場し、アマチュアで実績のあるファイターに胸を貸す「チャレンジマッチ」に出場が決まっており、エキジビション的なものとは言え、僅か中2週間弱での試合出場。いつでも常に闘えるコンディションを維持する、というチャクリキの教えをナヤネッシュ・パリック選手も実践しているようです。

■チャクリキ・ファイターズの試合予定
 10月5日(金)「J-KICK」東京水道橋「後楽園ホール」
 ザ・スクールウォーズ Aクラス-58kg決勝戦 2分2R/延長1分
 兼田竜暉 vs 橋口聡
 ザ・スクールウォーズ Bクラス-62kg決勝戦 1分30秒2R/延長1R
 小土井涼太 vs 仲尾宗一郎

 10月6日(土)「グローリーWS 2」ベルギー、ブリュッセル
 ヘビー級
 ブラドック・シウバ vs レミー・ボンヤスキー

 10月7日(日)「DEMOLITION 11」大阪市大正区「アゼリア大正」
 フェザー級 3分3R
 刃恭平 vs 吉田健吾

 10月14日(日)「K-1 WGP FINAL 16」東京「両国国技館」
 K-1 WGP 1回戦
 ヘスディ・ゲルゲス vs セルジィ・ラシェンコ
 ラウル・カティナス vs ベン・エドワース
 スーパーファイト
 サウロ・カバラリ vs パヴェル・ズラフリオフ

 10月20日(土)スペイン「カジノ・デ・アランフェス」
 欧州ムエタイ選手権
 フランク・ムニョス vs T・タポビック
 出場予定選手
 ナヤネッシュ・パリック

 11月10日(日)「Super Kombat WGP 開幕戦」
 ラウル・カティナス参戦

 11月上旬 「World Series of Fighting」米国ネバダ州ラスベガス
 MMA旗揚げ大会予定
 契約完了選手
 ジェロム・レ・バンナ

 11月24日(土)「Nuit Des Champions」フランス、マルセイユ
 WKNムエタイ世界スーパーヘビー級王座防衛戦
 王者/ジェロム・レ・バンナ

 11月25日(日)「第1回世界闘英館空手道選手権大会」愛知県「刈谷市体育館」
 一般男子70kg以上の部出場
 酒井勇太
 一般男子70kg未満の部出場
 和田祥嗣
 重松敦史(松栄塾/チャクリキ選抜「武林大会」日本代表)
 一般女子55kg以上の部出場
 荒木千咲(志輝会館/チャクリキ顕修塾空手大会MVP)

 12月2日(日)「LEGEND 3」熊本県「益城総合体育館メインアリーナ」
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ
 女子キック 3分3R
 ロクサーナ・ガール vs 神風萸暉美

 12月2日(日)「グローリー・グランドスラム」千葉県千葉市美浜区「幕張メッセ」
 出場予定
 ピーター・アーツ
 ジェロム・レ・バンナ
 ブラドック・シウバ

 12月8日(土)「Super Kombat WGP 決勝大会」
 Super Kombat WGP 開幕戦の勝利選手出場

 12月26日(水)「K-1 WGP 決勝大会」米国、ニューヨーク
 K-1 WGP FINAL 16 両国大会勝利選手出場

■2012年09月20日(木)  グローリー記者会見
12092009.jpg 560×448 42K
本日、東京都内にてピーター・アーツ選手、レミー・ボンヤスキー選手、セーム・シュルト選手らが揃って来日し、グローリーの記者会見に臨みました。会見には武蔵選手や、WBCムエタイ世界王者のファビアーノ・サイクロン選手なども登壇し、グローリーからはマーカス・ルーアー代表、バス・ブーン氏が会見を行いました。会見ではブリュッセル大会の詳報や、噂された日本大会の正式発表が行われ、12月2日(日曜日)幕張メッセで「グローリーグランドスラム」が開催されることが正式発表されました。奇しくも、「LEGEND 3」と同じ日です。
12月2日はアーツ選手、バンナ選手、ブラドック選手がグローリー、ムニョス選手がLEGENDとチャクリキファイター達が日本に大集結です。皆さま、チャクリキファイター達に応援、宜しくお願いいたします。

■2012年09月19日(水)  K-1 WGP カード発表!
12092003.jpg 560×1271 171K
本日、トム・ハーリック会長より、チャクリキ本部でのプロ練習の写真が送られてきました。試合を控えたヘスディ・ゲルゲス選手、ラウル・カティナス選手、フランク・ムニョス選手、皆、写真の表情を見る限り、調子良さそうです。
そして、オランダから写真が届く同タイミングで、K-1 WGP開幕戦、10/14両国大会のカードが発表となりました。
WGPトーナメント1回戦は次の8試合となります。

ヘスディ・ゲルゲス vs セルジィ・ラシェンコ
ラウル・カティナス vs ベン・エドワース
ミルコ・フィリポヴィック vs ランディ・ブレイク
ポール・スロウィンスキ vs カタリン・モロサヌ
シング・ジャイディープ vs イスマエル・ロント
ザビエル・ビグニー vs ザビット・サメドフ
ジャレル・ミラー vs アーノルド・オボロトフ
天田ヒロミ vs 上原誠

ヘスディ・ゲルゲス選手は1回戦より難敵を迎えます。セルジィ・ラシェンコ選手は、石田勝希選手が園田選手をKOしたK-1甲子園2009代々木大会の翌日に同会場で行われたK-1 WGP世界最終予選に初来日し、1回戦でセバスチャン・チオバヌ選手、準決勝でブリース・ギドン選手を続けて倒し、一躍注目選手となりました。そして何より、本年、ラウル・カティナス選手が挑むSuperKombat WGPの昨年度の世界王者であり、ディフェンディング・チャンピオンとしてSuperKombatのリングでは帝王と呼べる存在です。卓越したボクシングテクニックと、拳の硬さには定評があり、前世界王者のヘスディ選手と言えども油断は出来ません。

また、ラウル・カティナス選手の対戦相手は、2008年に新日本キックのリングでノブ ハヤシ選手とも対戦経験のあるベン・エドワーズ選手と決まりました。このカードは大会屈指の好カードで、もはや説明無用。どちらも強烈なパンチを持ち味に前へ出るファイターなので、世界最高のヘビーの打撃戦が見られることでしょう。この一戦を制してラウル選手は「剛腕世界一」であることを証明して貰いたいです。

そして、スーパーファイトとして、次の4試合が発表されました。
サウロ・カバラリ vs パヴェル・ズラフリオフ
梅野源治 vs チャンヒョン・リー
ジャファル・アーマディ vs ベンジャミン・アデブル
リック・ルーファス vs ジェイムス・ウィルソン

遂に、チャクリキ第3の男、サウロ・カバラリ選手の参戦が発表されました。(今回のK-1リリースにより、カタカナ表記が「カバラリ」と統一されたため、「カヴァラリ」から「カバラリ」に改めます)ブラジル出身の新進気鋭ファイターで、今回のスーパー・ファイトで、その実力の全貌が明らかとなります。

何れにせよ、チャクリキから3選手がK-1に出場するのは、アーツ選手、バンナ選手、ヘスディ選手が揃った2010年のK-1 WGP開幕戦ソウル大会以来です。3選手の活躍に期待したいと思います。
皆さま、10月14日のK-1両国大会に来日するヘスディ・ゲルゲス選手、ラウル・カティナス選手、サウロ・カバラリ選手に応援、宜しくお願いいたします!

■2012年09月19日(水)  フランク・ムニョス LEGEND 3 前にスペインでファイト!
12092001.jpg 560×420 61K
12月2日(日)、九州地区最大の格闘イベント「LEGEND 3」のメインイベントで待望の初来日を果たすフランク・ムニョス選手ですが、チャクリキファイターらしく、来日前にもスペインでも10月20日に一戦行います。スペインの観光都市であるアランフェスで行われる格闘イベントのメインイベントでムニョス選手はT・タポビック選手と対戦いたします。この一戦には「敗者は3年間スペインで試合が出来ない」という「敗者追放マッチ」と銘打たれており、スペインを地元とするムニョス選手は、絶対に負ける訳にはゆきません。
この一戦を調整マッチとして勝利で乗り切り、ベストコンディションでの来日を果たして貰いたいです。

■2012年09月18日(火)  兼田竜暉、小土井涼太、後楽園決戦迫る!
12091801.jpg 560×1194 199K
J-NETWORK様より10月5日(金)後楽園ホールでの「NEXTJ-GENERATION 5」のポスター、チラシが届きました。ありがたい事に、アマチュアマッチである「ザ・スクールウォーズ」決勝戦に出場する、兼田竜暉選手、小土井涼太選手の写真も小さく掲載され、カードも載っております。また、試合順は以下のように発表されております。

メインイベント J-NETWORKライト級タイトルマッチ 3分5R
黒田アキヒロ(フォルティス渋谷/王者、WPMF4位) vs 遠藤信玄(スクランブル渋谷/1位、WPMF1位)

セミファイナル スーパーフライ級(肘有り) 3分3R
ウエンツ☆修一(スクランブル渋谷/Sフライ級3位、WPMFフライ級1位)vs ニモ(キングジム/NJKFフライ級5位)

第8試合 59kg契約 3分3R
下丈一朗(TARGET/J-NETWORKフェザー級7位)vs 野辺広大(STURGIS新宿ジム)

第7試合 ザ☆スクールウォーズA-58kg決勝戦 2分2R(延長1分)
兼田竜暉(チャクリキ顕修塾)vs 橋口聡(レグルス池袋)

第6試合 ザ☆スクールウォーズA-67kg決勝戦 2分2R(延長1分)
瀧寺将夢(E-style)vs 梶原暢晃(高知闘魂クラブ)

第5試合 ザ☆スクールウォーズB-53kg決勝戦 1分30秒2R(延長1分)
内藤拓海(龍道場)vs 大石享(チーム・グラディエーター)

第4試合 ザ☆スクールウォーズB-62kg決勝戦 1分30秒2R(延長1R)
小土井涼太(チャクリキ顕修塾)vs 仲尾宗一郎(MONSTAR GYM)

第3試合 ザ☆スクールウォーズ女子-51kg決勝戦 1分30秒2R(延長1分)
山崎瀬那(フォルティス渋谷)vs 室永真央(晴山塾)

第2試合 62kg契約 3分3R
将-masa-(team歌舞伎龍)vs 畠山育朗(アカデミア・アーザ)

第1試合 58kg契約 3分3R
林京平(JTクラブ)vs ZAWA-3 (スクランブル渋谷)

J-NETWORK HPのカード発表→http://www.jkickboxing.jp/competition/j-kick_card.html

特に、兼田竜暉選手はアマチュア決勝戦のメインと言える第7試合での登場です! 是非とも良い試合を「聖地」後楽園の観衆に見せて貰いたいです。
また、この日のセミファイナルでは先日のK-1 U.S. GPにおいて見事なKO勝ちを収めたウエンツ☆修一選手が凱旋マッチを行います。メインではライト級、不動の王者・黒田アキヒロ選手のタイトル戦も行われます。
皆さま、兼田竜暉選手、小土井涼太選手に盛大なる応援の程、宜しくお願いいたします!

■J-KICK NEXTJ-GENERATION 5
 日時/10月5日(金) 17:00開場 17:30試合開始予定
 会場/後楽園ホール(東京都文京区水道橋)
 チケット料金/
 SRS席/10,000円 RS席/7,000円 S席/5,000円
 ※当日は1,000円UP

■2012年09月17日(月)  瀧川リョウ、熱望の大阪練習実現!
12091715.jpg 560×1108 95K
本日、かねてより大阪での、辰野勇人師範によるマンツーマンでのトレーニングを熱望していた瀧川リョウ選手がチャクリキ大阪支部康心舘を訪れ、特訓に励みました。
ピーター・アーツ選手と同じ42歳という大変なキャリアがありながら、「強くなるため」には、あくまでも貪欲な姿勢を持ち続ける。それこそが、瀧川選手が今尚、日本の第一線級で激しい闘いを行える秘訣となっているように感じます。勿論アーツ選手もそうでしょう。
選手にとって一番大切なことは「強くなる事」に他ありません。それこそが、普段応援してくれる、家族、友人、後援の方々、ファンの皆さま、そして道場での指導者、選手仲間たちに、出来る最大であり、唯一の感謝を表す道であります。
チャクリキ・ファイターであるならば、誰よりも強く、誇り高くあれ。その為にであれば、チャクリキの全指導者、全スタッフは、あらゆる努力を惜しみません。

■2012年09月17日(月)  「鋼鉄戦士」ラウル・カティナス選手が挑む2つのグランプリ
12091706.jpg 560×398 53K
10月14日(日)の両国国技館大会に出場する「鋼鉄戦士」ラウル・カティナス選手は本年度終盤に2つの大きなグランプリに挑みます。勿論、ひとつはK-1 WGPであり、ラウル選手は2010年度、K-1ルーマニア大会で優勝し、2010年K-1 WGP Final 16 ソウル大会に進出した実績があり、今年は堂々の優勝候補の一角として、10月14日、両国のトーナメント開幕戦(1回戦)、12月26日(水)のニューヨーク決勝大会でのトーナメント制覇を狙います。
そして、もうひとつの大きなグランプリが、SuperKombat WGPです。今年5月に既にお伝えしたように、ルーマニア大会でのSuperKombat GPに優勝したラウル選手は、WGPの出場権を手にしております。SuperKombat WGPは11月10日(日)に開幕戦が開催され、12月8日(土)に決勝大会が予定されております。もし、ラウル選手がK-1、SuperKombatの両WGPを同時に制覇するなどということが起これば、史上空前、前代未聞の大快挙となります。
因みに、SuperKombat WGPの出場メンバーは、
■ラウル・カティナス(2012年 SuperKombat ルーマニアGP 優勝)
■セルゲイ・ラシェンコ(2011年 SuperKombat WGP 優勝)
■イスマエル・ロント(2011年 SuperKombat WGP 準優勝)
■パベル・ズラフリオフ(2011年 SuperKombat WGP ベスト4)
■エルハン・デニス(2011年 SuperKombat WGP ベスト4)
■カタリン・モロサヌ(2012年 SuperKombat モンテネグロGP 優勝)
■ベンジャミン・アデグバイ(2012年 SuperKombat ブルガリアGP 優勝)
■10月28日開催のSuperKombat 予選GPの優勝者
の8選手となります。(情報提供:横山浩)
過酷なスケジュールを、24歳という若さで乗り切り、2つのワールドグランプリ制覇を狙う「鋼鉄戦士」ラウル・カティナス選手に、盛大なる応援、宜しくお願いいたします!

■チャクリキ・ファイターズの試合予定
 10月5日(金)「J-KICK」東京水道橋「後楽園ホール」
 ザ・スクールウォーズ Aクラス-58kg決勝戦 2分2R/延長1分
 兼田竜暉 vs 橋口聡
 ザ・スクールウォーズ Bクラス-62kg決勝戦 1分30秒2R/延長1R
 小土井涼太 vs 仲尾宗一郎

 10月6日(土)「グローリーWS 2」ベルギー、ブリュッセル
 ヘビー級
 ブラドック・シウバ vs レミー・ボンヤスキー

 10月7日(日)「DEMOLITION 11」大阪市大正区「アゼリア大正」
 フェザー級 3分3R
 刃恭平 vs 吉田健吾

 10月14日(日)「K-1 WGP FINAL 16」東京「両国国技館」
 FINAL 16 出場予定 
 ヘスディ・ゲルゲス
 ラウル・カティナス
 サウロ・カヴァラリ

 11月10日(日)「Super Kombat WGP 開幕戦」
 ラウル・カティナス参戦

 11月上旬 「World Series of Fighting」米国ネバダ州ラスベガス
 MMA旗揚げ大会予定
 契約完了選手
 ジェロム・レ・バンナ

 11月24日(土)「Nuit Des Champions」フランス、マルセイユ
 WKNムエタイ世界スーパーヘビー級王座防衛戦
 王者/ジェロム・レ・バンナ

 11月25日(日)「第1回世界闘英館空手道選手権大会」愛知県「刈谷市体育館」
 一般男子70kg以上の部出場
 酒井勇太
 一般男子70kg未満の部出場
 和田祥嗣
 重松敦史(松栄塾/チャクリキ選抜「武林大会」日本代表)
 一般女子55kg以上の部出場
 荒木千咲(志輝会館/チャクリキ顕修塾空手大会MVP)

 12月2日(日)「LEGEND 3」熊本県「益城総合体育館メインアリーナ」
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ
 女子キック 3分3R
 ロクサーナ・ガール vs 神風萸暉美

 12月開催予定「グローリー・グランドスラム」東京大会
 出場予定
 ピーター・アーツ
 ジェロム・レ・バンナ
 ブラドック・シウバ

 12月8日(土)「Super Kombat WGP 決勝大会」
 Super Kombat WGP 開幕戦の勝利選手出場

 12月26日(水)「K-1 WGP 決勝大会」米国、ニューヨーク
 K-1 WGP FINAL 16 両国大会勝利選手出場

■2012年09月17日(月)  ジェロム・レ・バンナ選手からのメッセージ
12091703.jpg 560×724 90K
KSW20でのロザルスキー戦を怪我で欠場したジェロム・レ・バンナ選手からコメントが届きました。

「またしても自分の怪我でロザルスキーと対戦することが出来ず、IGF大会も欠場となり、ロザルスキーとKSW、IGFの関係者、そしてファンの皆様に本当に申し訳なく思っている。心から謝りたい。
今回、ロサンゼルスとラスベガスで石井慧やヴァンダレイ・シウバらと素晴らしいトレーニングができて、モチベーションも上がっていただけにとても悔しいし、非常に残念だ。一刻も早く怪我を治して復活したいしたい。どうかジェロム・レ・バンナの復活を待って欲しい。
11月24日にはフランスのマルセイユでの「Nuit Des Champions」大会で俺が保持しているWKNムエタイ世界スーパーヘビー級王座の防衛戦があり、12月には日本で「GLORY グランドスラム」大会が開催される。俺はより強く、速く、上手くなって戻ってくる! 楽しみにして欲しい。
チャクリキファイター達の応援も宜しく頼む。ヘスディ、ラウル達がK-1で活躍するのを願っている。またニューヨークでスパーリングの相手をしてくれたジェレル・ミラーもK-1 US大会で勝利し、日本行きを決めた。応援して欲しい。加えて、以前に藤本京太郎と対戦する予定だった俺の友人のヨハン・デュプラスだが、今回は9月19日の後楽園ホールで、京太郎の前の試合でファイトするようだ。勝利を収めて京太郎戦を実現させて欲しい」

怪我を悔いつつも、もはや気持ちは本年終盤戦の大舞台に照準を合わせているバンナ選手。彼のポりシーである「戦うために生き、生きるために戦う」を感じることが出来ます。
バンナ選手のコメントにもあるように、上写真が「Nuit Des Champions」大会のポスターです。メインは勿論、バンナ選手のWKNムエタイ世界スーパーヘビー級王座防衛戦で、アンダーカードにもカリム・ベノーイ(元SHOWTIME61kg世界王者、ISKAキックボクシング世界Sライト級王者)対 トーマス・アダマンドポウロス(Krush 63kg級王者)の因縁の一戦が組まれるなど、非常に楽しみな大会です。
またバンナ選手の友人である、WBC世界ヘビー級26位のヨハン・デュプラス選手(フランス)が参戦するのは、9月19日(水)の角海老ボクシング主催「DURLCORE」後楽園ホール大会です、メインはご存じのように藤本京太郎選手がWBC世界ヘビー級15位のチャウンシー・ウェリバー選手(米国)と対戦いたします。メインの2つ前の試合で、ヨハン・デュプラス選手はヘビー級8回戦マッチにて日本ヘビー級2位の竹原真敬選手と対戦いたします。(情報提供:横山浩)

■2012年09月17日(月)  ヘスディ、ラウル、仕上がり好調!
いよいよ10月14日(日)の「K-1 WGP Final 16」両国国技館大会が刻一刻と近づいて参りました。
チャクリキ本部にてトレーニングに励む「魂の勇者」ヘスディ・ゲルゲス選手、「鋼鉄戦士」ラウル・カティナス選手、ともに好調のようで、本部午前中のプロ練習での激しいスパーリングを繰り返しております。ヘスディ選手、ラウル選手、ともに良い勝ち方でK-1 WGP決勝戦の舞台であるニューヨークに、歩を揃えての進出を願います。皆さま、チャクリキ本部、現在進行形の両エースである、ヘスディ選手、ラウル選手に応援、宜しくお願いいたします!
12091603.jpg 560×816 90K

■2012年09月16日(日)  ニルディマー・アルビス、総合初商戦は苦杯
12091609.jpg 560×2067 145K
昨日、上写真のように大会場に超満員の観客を集めて、ブラジルのギナシオ・タンクレードにて「HCC 11」(HAIDAR CAPIXABA COMBATE)が開催されました。ブラジルではMMAは、日本での想像以上に人気があります。今回のニルディマー・アルビス選手の総合初挑戦に関してカルロス・シウバ館長は、彼があまり寝技等の経験が無いムエタイファイターであるため、非常に心配しておりました。また、過酷な減量もコンディションに不安を残し、残念ながら総合デビューは苦杯という結果となったようです(関節技によるタップアウト)。ただ心配されていた大きな怪我は無く、「もっとトレーニングしてMMAでも勝利を目指す」と、本人は非常に前向きな気持ちとのことです、本年は4月の為房厚志戦、今回の総合デビューとニルディマー選手にとって大きな大会での連敗という形となりましたが、これを糧として、更なる成長を望みたいです。
試合前にHCCがオフィシャルサイトで取ったアンケートでは、「どのファイターに期待するか」という項目で、16.2%の支持を獲得し、2位となっていたニルディマー選手。今回上がったHCCのリングは、非常に大きな大会であり、ここからUFCに進出をした選手も居るなど、MMAの頂点に近い激しいリングです。元レスリングブラジル代表、元ストライクフォース王者で、UFCで活躍するホドリコ・ダム選手も本大会を訪れておりました(下から2番目の写真)。また、過去には、あのアントニオ・ノゲイラ選手もゲストで招かれるなど(1番下の写真)、非常にMMAの世界では注目を浴びているリングです。この経験を活かしてMMAでもニルディマー選手が大きな活躍をすることを望みます。

■2012年09月16日(日)  ナヤネッシュ・パリック、ボクシングイベントに参戦
12091601.jpg 560×784 128K
12月に待望の日本初来日を迎えるフランク“ブラックパンサー”ムニョス選手の親友で、ムニョス選手と同じくスペイン出身でチャクリキ本部でのトレーニングに励む中量級の注目選手、ナヤネッシュ・パリック選手が10月6日にスペインで開催されるボクシングのイベントに参戦いたします。これはアマチュアボクサー5名がプロ戦士に挑むというエキジビションマッチのイベントで、当然ながらナヤネッシュ選手は挑戦を受ける一流プロ5名のメンバーであります。
フランク・ムニョス選手と同じく、プロボクサーであり、キックボクシング、ムエタイとあらゆる立ち技で闘っているナヤネッシュ・パリック選手にとっては、こうしたイベントはお手の物でしょう。今後、日本でもナヤネッシュ選手のファイトを見てみたいものです。

ナヤネッシュ・パリック試合動画/
●2012年5月12日「MAD DOG Cup」vs マンジー・パウェルズ戦
http://www.sinoduelenovale.com/media/video/1438/c05---thai---nayanesh-parik-vs-manzy-pawels.html
●2011年6月4日「コンバット・ボクシング」vs エンリケ・セレス戦 ※ボクシングマッチ
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=A-AWlqS5dEI&nomobile=1

■2012年09月15日(土)  ニルディマー・アルビス総合初挑戦! HCC 11 直前!
12091509.jpg 560×885 148K
いよいよ日本時間の明日未明、ブラジル、ギナシオ・タンクレードにて「アマゾンの毒蛇」ニルディマー・アルビス選手の総合初挑戦である「HCC 11」が開催されます。オクタゴンを中心とした会場設営も完了し、計量も無事終了しました(下写真右がニルディマー)。懸念材料は、本年4月に為房厚志選手とICOインターコンチ王座を争った時にはウェルター級であった体重を、今回では61.2kg契約にまで大幅減量した事によるコンディションです。
何れにせよ、ゴングまでもう秒読みです。ニルディマー選手の好ファイトに期待しましょう。
HCC(HAIDAR CAPIXABA COMBATE)オフィシャルHP→http://haidarcapixabacombat.com.br/

■チャクリキ・ファイターズの試合予定
 9月15日(土)「HCC 11」ブラジル、ギナシオ・タンクレード
 総合ルール
 ニルディマー・アルビス vs ジョセ・カルロス・15

 10月5日(金)「J-KICK」東京水道橋「後楽園ホール」
 ザ・スクールウォーズ Aクラス-58kg決勝戦 2分2R/延長1分
 兼田竜暉 vs 橋口聡
 ザ・スクールウォーズ Bクラス-62kg決勝戦 1分30秒2R/延長1R
 小土井涼太 vs 仲尾宗一郎

 10月6日(土)「グローリーWS 2」ベルギー、ブリュッセル
 ヘビー級
 ブラドック・シウバ vs レミー・ボンヤスキー

 10月7日(日)「DEMOLITION 11」大阪市大正区「アゼリア大正」
 フェザー級 3分3R
 刃恭平 vs 吉田健吾

 10月14日(日)「K-1 WGP FINAL 16」東京「両国国技館」
 FINAL 16 出場予定 
 ヘスディ・ゲルゲス
 ラウル・カティナス
 サウロ・カヴァラリ

 11月上旬 「World Series of Fighting」米国ネバダ州ラスベガス
 MMA旗揚げ大会予定
 契約完了選手
 ジェロム・レ・バンナ

 11月17日(土)「LE BANNER SERIES ACT 2」開催予定

 11月25日(日)「第1回世界闘英館空手道選手権大会」愛知県「刈谷市体育館」
 一般男子70kg以上の部出場
 酒井勇太
 一般男子70kg未満の部出場
 和田祥嗣
 重松敦史(松栄塾/チャクリキ選抜「武林大会」日本代表)
 一般女子55kg以上の部出場
 荒木千咲(志輝会館/チャクリキ顕修塾空手大会MVP)

 12月2日(日)「LEGEND 3」熊本県「益城総合体育館メインアリーナ」
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ
 女子キック 3分3R
 ロクサーナ・ガール vs 神風萸暉美

 12月開催予定「グローリー・グランドスラム」東京大会
 出場予定
 ピーター・アーツ
 ジェロム・レ・バンナ
 ブラドック・シウバ

■2012年09月15日(土)  ジェロム・レ・バンナ 負傷欠場
12091501.jpg 560×444 58K
昨日、大会直前のタイミングで、KSWのオフィシャルサイトにて、ジェロム・レ・バンナ選手の負傷欠場が発表されました。マーティン・ロザルスキー選手は代替選手として、ロドニー・グランダー選手と対戦することが、併せて伝えられました。
前回参加予定だったKSWでも負傷欠場のためマーティン・ロザルスキー戦が延期になっていたジェロム・レ・バンナ選手にとって、欠場という形はまさに断腸の想いでしょう。KSWに向けてロスでのMMA特訓を行っていただけに、非常に残念な形となりました。

■2012年09月14日(金)  いよいよKSW20、HCC11開催直前!
12091402.jpg 560×1149 201K
いよいよ明日(日本時間では明後日未明)、ポーランド、グダニスクのエルゴ・アリーナにて「帝王」ジェロム・レ・バンナ選手が出場する「KSW 20」と、ブラジル、ギナシオ・タンクレードにて「アマゾンの毒蛇」ニルディマー・アルビス選手が出場する「HCC 11」が開催されます。文字通り、チャクリキ戦士たちは世界を股に掛けて闘っております。
既に、両会場とも、設営が始まっております。(写真中)KSW 20 のエルゴ・アリーナでの設営の様子。(写真下)HCC 11 の会場設営、オクタゴン設置の準備などが始まっております。
皆さま、ジェロム・レ・バンナ選手、ニルディマー・アルビス選手に応援、宜しくお願いいたします。
KSW(Konfrontacji Sztuk Walki)オフィシャルHP→http://www.konfrontacja.com/
HCC(HAIDAR CAPIXABA COMBATE)オフィシャルHP→http://haidarcapixabacombat.com.br/

■チャクリキ・ファイターズの試合予定
 9月15日(土)「KSW 20」ポーランド、グダニスク「エルゴ・アリーナ」
 総合ルール
 ジェロム・レ・バンナ vs マーティン・ロザルスキー

 9月15日(土)「HCC 11」ブラジル、ギナシオ・タンクレード
 総合ルール
 ニルディマー・アルビス vs ジョセ・カルロス・15

 10月5日(金)「J-KICK」東京水道橋「後楽園ホール」
 ザ・スクールウォーズ Aクラス-58kg決勝戦 2分2R/延長1分
 兼田竜暉 vs 橋口聡
 ザ・スクールウォーズ Bクラス-62kg決勝戦 1分30秒2R/延長1R
 小土井涼太 vs 仲尾宗一郎

 10月6日(土)「グローリーWS 2」ベルギー、ブリュッセル
 ヘビー級
 ブラドック・シウバ vs レミー・ボンヤスキー

 10月7日(日)「DEMOLITION 11」大阪市大正区「アゼリア大正」
 フェザー級 3分3R
 刃恭平 vs 吉田健吾

 10月14日(日)「K-1 WGP FINAL 16」東京「両国国技館」
 FINAL 16 出場予定 
 ヘスディ・ゲルゲス
 ラウル・カティナス
 サウロ・カヴァラリ

 11月上旬 「World Series of Fighting」米国ネバダ州ラスベガス
 MMA旗揚げ大会予定
 契約完了選手
 ジェロム・レ・バンナ

 11月17日(土)「LE BANNER SERIES ACT 2」開催予定

 11月25日(日)「第1回世界闘英館空手道選手権大会」愛知県「刈谷市体育館」
 一般男子70kg以上の部出場
 酒井勇太
 一般男子70kg未満の部出場
 和田祥嗣
 重松敦史(松栄塾/チャクリキ選抜「武林大会」日本代表)
 一般女子55kg以上の部出場
 荒木千咲(志輝会館/チャクリキ顕修塾空手大会MVP)

 12月2日(日)「LEGEND 3」熊本県「益城総合体育館メインアリーナ」
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ
 女子キック 3分3R
 ロクサーナ・ガール vs 神風萸暉美

 12月開催予定「グローリー・グランドスラム」東京大会
 出場予定
 ピーター・アーツ
 ジェロム・レ・バンナ
 ブラドック・シウバ

■2012年09月13日(木)  LEGEND 3 ポスター
grp0913194125.jpg 560×792 174K
12月2日に熊本県益城総合体育館メインアリーナにて開催される九州地区最大級の格闘技イベント「LEGEND 3」のポスターが完成いたしました!
主役は勿論、メインイベントで「暴君龍」アレックス・ロバーツ選手と激突する、日本初来日となる「野生の黒豹」フランク・ムニョス選手です。この大会は熊本朝日放送(KAB)を通じて九州地区にてテレビ放送されます。また、大会協力として「国際チャクリキ協会」の名もクレジットされております。
皆さま、遂に日本へ上陸するフランク“ブラックパンサー”ムニョス選手にご期待ください!
LEGENDオフィシャルHP→http://www.legend-japan.com/

■チャクリキ・ファイターズの試合予定
 9月15日(土)「KSW 20」ポーランド、グダニスク「エルゴ・アリーナ」
 総合ルール
 ジェロム・レ・バンナ vs マーティン・ロザルスキー

 9月15日(土)「HCC 11」ブラジル、ギナシオ・タンクレード
 総合ルール
 ニルディマー・アルビス vs ジョセ・カルロス・15

 10月5日(金)「J-KICK」東京水道橋「後楽園ホール」
 ザ・スクールウォーズ Aクラス-58kg決勝戦 2分2R/延長1分
 兼田竜暉 vs 橋口聡
 ザ・スクールウォーズ Bクラス-62kg決勝戦 1分30秒2R/延長1R
 小土井涼太 vs 仲尾宗一郎

 10月6日(土)「グローリーWS 2」ベルギー、ブリュッセル
 ヘビー級
 ブラドック・シウバ vs レミー・ボンヤスキー

 10月7日(日)「DEMOLITION 11」大阪市大正区「アゼリア大正」
 フェザー級 3分3R
 刃恭平 vs 吉田健吾

 10月14日(日)「K-1 WGP FINAL 16」東京「両国国技館」
 FINAL 16 出場予定 
 ヘスディ・ゲルゲス
 ラウル・カティナス
 サウロ・カヴァラリ

 11月上旬 「World Series of Fighting」米国ネバダ州ラスベガス
 MMA旗揚げ大会予定
 契約完了選手
 ジェロム・レ・バンナ

 11月17日(土)「LE BANNER SERIES ACT 2」開催予定

 11月25日(日)「第1回世界闘英館空手道選手権大会」愛知県「刈谷市体育館」
 一般男子70kg以上の部出場
 酒井勇太
 一般男子70kg未満の部出場
 和田祥嗣
 重松敦史(松栄塾/チャクリキ選抜「武林大会」日本代表)
 一般女子55kg以上の部出場
 荒木千咲(志輝会館/チャクリキ顕修塾空手大会MVP)

 12月2日(日)「LEGEND 3」熊本県「益城総合体育館メインアリーナ」
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ
 女子キック 3分3R
 ロクサーナ・ガール vs 神風萸暉美

 12月開催予定「グローリー・グランドスラム」東京大会
 出場予定
 ピーター・アーツ
 ジェロム・レ・バンナ
 ブラドック・シウバ

■2012年09月11日(火)  刃恭平、DEMOLITION 11 出場!
12091102.jpg 560×789 138K
2012年10月7日(日) にアゼリア大正にて開催される「EMOLITION 11」にチャクリキ二刃会より刃恭平(やいばきょうへい)選手が出場し、フェザー級3分3Rマッチにて日進会館の吉田健吾選手と対戦いたします、皆さま、刃恭平選手に応援、宜しくお願いいたします!

■DEMOLITION 11
 日時/10月7日(日) 開場15:00 開始16:00(OPF開始15:30)
 会場/アゼリア大正(大阪市大正区小林東3-3-25)
●試合カード
 フェザー級 3分3R
 刃恭平(チャクリキ二刃会)vs 吉田健吾(日進会館)
 他、好カード多数
 
 チケット/RS席¥6,000 S席¥4,500
 販売/ぴあ 0570-02-9999(Pコード822-370)
    Yahoo!チケット(http//tickets.yahoo.co.jp/)
    全国セブンイレブン・全国サークルKサンクス
 お問合せ/シグマコーポレーション:072‐657‐8490

 デモリッション公式Blog→http://demolition-west.livedoor.biz/

■チャクリキ・ファイターズの試合予定
 9月15日(土)「KSW 20」ポーランド、グダニスク「エルゴ・アリーナ」
 総合ルール
 ジェロム・レ・バンナ vs マーティン・ロザルスキー

 9月15日(土)「HCC 11」ブラジル、ギナシオ・タンクレード
 総合ルール
 ニルディマー・アルビス vs ジョセ・カルロス・15

 10月5日(金)「J-KICK」東京水道橋「後楽園ホール」
 ザ・スクールウォーズ Aクラス-58kg決勝戦 2分2R/延長1分
 兼田竜暉 vs 橋口聡
 ザ・スクールウォーズ Bクラス-62kg決勝戦 1分30秒2R/延長1R
 小土井涼太 vs 仲尾宗一郎

 10月6日(土)「グローリーWS 2」ベルギー、ブリュッセル
 ヘビー級
 ブラドック・シウバ vs レミー・ボンヤスキー

 10月7日(日)「DEMOLITION 11」大阪市大正区「アゼリア大正」
 フェザー級 3分3R
 刃恭平 vs 吉田健吾

 10月14日(日)「K-1 WGP FINAL 16」東京「両国国技館」
 FINAL 16 出場予定 
 ヘスディ・ゲルゲス
 ラウル・カティナス
 サウロ・カヴァラリ

 11月上旬 「World Series of Fighting」米国ネバダ州ラスベガス
 MMA旗揚げ大会予定
 契約完了選手
 ジェロム・レ・バンナ

 11月25日(日)「第1回世界闘英館空手道選手権大会」愛知県「刈谷市体育館」
 一般男子70kg以上の部出場
 酒井勇太
 一般男子70kg未満の部出場
 和田祥嗣
 重松敦史(松栄塾/チャクリキ選抜「武林大会」日本代表)
 一般女子55kg以上の部出場
 荒木千咲(志輝会館/チャクリキ顕修塾空手大会MVP)

 12月2日(日)「LEGEND 3」熊本県「益城総合体育館メインアリーナ」
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ
 女子キック 3分3R
 ロクサーナ・ガール vs 神風萸暉美

 12月開催予定「グローリー・グランドスラム」東京大会
 出場予定
 ピーター・アーツ
 ジェロム・レ・バンナ
 ブラドック・シウバ

■2012年09月11日(火)  K-1 2012 US GP 康恩選手ファイト動画
http://www.ustream.tv/recorded/25280745
K-1 Rising 2012 U.S. GPでの康恩(カン・エン)選手の試合動画です。康恩選手は1時間40分過ぎの登場です。2Rと3R終盤のハイキックは、魔裟斗EPも言及した程の見事さで、「中国キックの始皇帝」ぶりを存分に発揮し、ワンサイドの判定勝利となりました。康恩選手、北京盛華武術搏撃ジム様、おめでとうございます。
昨年5月の「チャクリキ ファイティング ガラ 4」での「世界の赤鬼」為房厚志選手とのメインイベントでの激闘が思い出されます。好敵手の活躍は、膝の負傷からリング復帰を目指す為房選手にも、大きなエールとして届くでしょう。
12091101.jpg 560×1910 163K

■2012年09月09日(日)  K-1 RISING 2012 U.S. GP 試合結果
12090908.jpg 560×648 64K
日本時間の本日、米国カリフォルニア州ロサンゼルス「Memorial Sports Arena」にて開催された「K-1 RISING 2012 U.S. GP」では、日本のチャクリキ関係者には縁のある北京盛華武術搏撃ジムの康恩選手がスーパーファイトに出場し、M-1 Global USA のトラビス・ガリッツ選手を〔3-0〕の判定完勝で下し、「中国キックの始皇帝」が健在であることを世界に広くアピールいたしました。
また、ヘビー級マッチの勝敗は以下の通りです。

○ランディ”ブンブン“ブレイク(アメリカ/XFLライトヘビー級キックボクシング王者)
判定3-0
●デューウィー“ブラックコブラ”クーパー(アメリカ)

○ジェレル“ビッグベイビー”ミラー(アメリカ)
KO 1R2分42秒
●ジャック・メイ(アメリカ)

○リック・ザ・ジェット・ルーファス(アメリカ/K-1 USA GRAND PRIX '98 王者)
判定3-0
●マイティー・モー(アメリカ/K-1 WORLD GP 2004 in LAS VEGAS II優勝)

○ザビエル・ビグニー(アメリカ/IKF U.S.アマチュア・スーパーヘビー級王者)
TKO 2R1分17秒
●セス・ぺトルゼリ(アメリカ)

この結果により、10月14日のK-1 WGP Final 16 へ進出となったのは、
ザビエル・ビグニー
リック・ザ・ジェット・ルーファス
ジェレル“ビッグベイビー”ミラー
ランディ“ブンブン”ブレイク
の4選手です。
ヘスディ・ゲルゲス選手、ラウル・カティナス選手、ミルコ選手、ギタ選手らの対戦相手は果たして誰になるのか? 要注目です!

■2012年09月09日(日)  K-1 RISING 2012 WORLD GP ポスター
12090901.jpg 560×793 109K
10月14日(日)に両国国技館にて開催される「K-1 RISING 2012 WORLD GP FINAL 16 」のポスターです。チャクリキの両エース、ヘスディ・ゲルゲス選手とラウル・カティナス選手が、ミルコ・フィリポヴィック選手、ダニエル・ギタ選手と同格で大きく扱われております。また先日、大阪で角谷正義選手と激闘を繰り広げた天田ヒロミ選手も大きく取り上げられております。
ポスターのキャッチコピーは「未知の『最強』は、ここにいる。」 これは欧州を中心に闘ってきたヘスディ選手、ラウル選手を指す言葉に他ありません。両選手のK-1 WGP制覇を大きく期待いたします。そして、かつてのブランコ・シカティック選手やピーター・アーツ選手がそうであったように。未知の強豪から、今後のK-1を牽引する存在となって貰いたいです。

■大会実施概要
 タイトル/ K-1 RISING 2012 WORLD GP FINAL 16 (世界ヘビー級ベスト16)
 日程/10月14日(日)
 時間/開場15:30 (予定) 開始16:30(予定)
 会場/ 両国国技館
 主催/K-1 Global Holdings Limited
 運営/キョードー東京
 ●出場選手
 ヘスディ・ゲルゲス
 ラウル・カティナス
 ミルコ・フィリポヴィック
 ダニエル・ギタ
 セルゲイ・ラシェンコ
 ポール・スロウィンスキー
 ザビット・サメドフ
 ベン・エドワーズ
 バヴェル・ズラフリオフ
 アーノルド・オボロトフ
 シング・ジャディブ
 ●決定カード
 天田ヒロミ vs 上原誠 他

 入場料金/SRS席30,000円、SS席(マス席)30,000円 ※1マス単位の販売(最大4名まで)、
      S席10,000円、A席5,000円
 先行発売/8月30日(木)から9月6日(木)まで
      (K−1ウェブサイトからのアクセス限定)
      8月31日(金)から9月6日(木)まで
      (各プレイガイド会員様限定)
  一般発売/9月8日(土)から
 チケットに関するお問い合わせ先/ 
 ●キョードー東京(Tel:0570−064−708)
  http://www.kyodotokyo <http://www.kyodotokyo/>
 ●大会に関するお問い合わせ先/
 K-1 Global Holdings Limited(Tel:03−5436−4281)
 http://www.k-1.tv/
 プレイガイド/
 ●キョードー東京 0570−064−708
 http://www.kyodotokyo.com <http://www.kyodotokyo.com/>
 ●チケットぴあ 0570−02−9999
 http://pia.jp/t/
 Pコード:594−720
 ※ぴあカウンター、サークルK、サンクス、セブンイレブン各店
 ●ローソンチケット 0570−084−003
 http://l-tike.com/
 Lコード:35000
 ※ローソン店頭ロッピーにて
 ●e+イープラス
 http://eplus.jp/battle/
 (携帯&パソコン同じアドレス)
 ※ファミリーマート各店

■2012年09月07日(金)  ヘスディ・ゲルゲス&フランク・ムニョス 猛特訓!
12090704.jpg 560×1059 116K
今週のチャクリキ本部では、10月14日のK-1 WGP両国大会の優勝候補の一角である、前世界王者のヘスディ・ゲルゲス選手と、12月2日のLEGEND熊本大会のメインイベントでアレックス・ロバーツ選手と対戦するフランク・ムニョス選手が、連日に渡って激しいスパーリングを行っております。「ファイターズ・ハート」(戦士の魂)と「野生の黒豹」(ブラックパンサー)の真剣モードのスパーリング! この大型一流選手二人の対戦なら、どんな大会でもメインを張れることでしょう。
いよいよK-1 US GPが終われば、K-1 WGP両国大会のカード発表となります。注目のヘスディ選手、ラウル選手の対戦相手は!? また、K-1両国大会のセコンドには、勿論、我々ドージョーチャクリキの総帥であるトム・ハーリック会長が付きます。トム会長、久しぶりの来日です。こちらも非常に楽しみです。また12月2日のLEGENDでのフランク・ムニョス選手のセコンドは、ムニョス選手の地元スペイン時代よりのトレーナーであるモヤ・グレイシア氏(下写真右)が付きます。モヤ師範はSUPERKOMBATなどの大会でもムニョス選手をサポートし続けてきた人物で、ムニョス選手にとって、何よりも心強い存在となります。
皆さま、K-1 WGP、LEGEND 3と大勝負を迎えるチャクリキ本部のヘスディ・ゲルゲス選手、フランク・ムニョス選手に応援、宜しくお願いいたします!

■チャクリキ・ファイターズの試合予定
 9月15日(土)「KSW 20」ポーランド、グダニスク「エルゴ・アリーナ」
 総合ルール
 ジェロム・レ・バンナ vs マーティン・ロザルスキー

 9月15日(土)「HCC 11」ブラジル、ギナシオ・タンクレード
 総合ルール
 ニルディマー・アルビス vs ジョセ・カルロス・15

 10月5日(金)「J-KICK」東京水道橋「後楽園ホール」
 ザ・スクールウォーズ Aクラス-58kg決勝戦 2分2R/延長1分
 兼田竜暉 vs 橋口聡
 ザ・スクールウォーズ Bクラス-62kg決勝戦 1分30秒2R/延長1R
 小土井涼太 vs 仲尾宗一郎

 10月6日(土)「グローリーWS 2」ベルギー、ブリュッセル
 ヘビー級
 ブラドック・シウバ vs レミー・ボンヤスキー

 10月14日(日)「K-1 WGP FINAL 16」東京「両国国技館」
 FINAL 16 出場予定 
 ヘスディ・ゲルゲス
 ラウル・カティナス
 サウロ・カヴァラリ

 11月上旬 「World Series of Fighting」米国ネバダ州ラスベガス
 MMA旗揚げ大会予定
 契約完了選手
 ジェロム・レ・バンナ

 11月25日(日)「第1回世界闘英館空手道選手権大会」愛知県「刈谷市体育館」
 一般男子70kg以上の部出場
 酒井勇太
 一般男子70kg未満の部出場
 和田祥嗣
 重松敦史(松栄塾/チャクリキ選抜「武林大会」日本代表)
 一般女子55kg以上の部出場
 荒木千咲(志輝会館/チャクリキ顕修塾空手大会MVP)

 12月2日(日)「LEGEND 3」熊本県「益城総合体育館メインアリーナ」
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ
 女子キック 3分3R
 ロクサーナ・ガール vs 神風萸暉美

 12月開催予定「グローリー・グランドスラム」東京大会
 出場予定
 ピーター・アーツ
 ジェロム・レ・バンナ
 ブラドック・シウバ

■2012年09月07日(金)  K-1 US GP 記者会見
12090608.jpg 560×1025 153K
日本時間の本日未明、「K-1 RISING 2012 U.S. Grand Prix, Championship」の記者会見がロスのホテルにて行われました。
集合写真後列の中央には、あの康恩(カン・エン/北京盛華武術搏撃ジム)選手の姿もあります。
いよいよK-1 ロス大会まで秒読みとなって参りました。

■K-1 RISING 2012 U.S. Grand Prix, Championship
 日程/9月8日(土曜日)
 会場/米国カリフォルニア州ロサンゼルス「Memorial Sports Arena」
 音楽プロデューサー/DJ Ravi Drums
 大会ホスト/Nicky Whelan(オーストラリア人スーパーモデル)
 ●試合カード
 スーパーファイト
 康恩(北京盛華武術搏撃ジム)vs トラビス・ガリッツ(M-1 Global USA)
 ヘビー級 USA GP
 ザビエル・ビグニー vs セス・ぺトルゼリ
 リック・ザ・ジェット・ルーファス vs マイティー・モー
 ジャック・メイ vs ジェレル“ビッグベイビー”ミラー
 ランディ”ブンブン“ブレイク vs デューウィー“ブラックコブラ”クーパー
■U-stream中継
 日本では時差のため9月9日(日曜日)
 日本時間の08:00〜14:00まで生中継予定
 10:00までのアンダーカードの試合放送は無料放送
 10:00〜13:30までのアンダーカード以降の試合放送は有料放送($9.99-)
 13:30〜14:00の試合後記者会見は無料放送
http://www.ustream.tv/channel/k-1-us-grand-prix-championship---international-broadcast

■2012年09月06日(木)  ジェロム・レ・バンナ vs マーティン・ロザルスキー 迫る!
12090605.jpg 560×1026 66K
いよいよ、9月15日(土)にポーランド、グダニスクの「エルゴ・アリーナ」にて開催される、「KSW 20」まで後10日を切りました。
ジェロム・レ・バンナ vs マーティン・ロザルスキー戦は、当然ながら、KSWのサイトでも大きく報じられております。
KSW公式サイト→http://www.konfrontacja.com/index.php?s=ksw_fc&kswID=24&wID=2403
この一戦は、バンナ選手の負傷欠場で一度流れ、その欠場をよしとしなかったバンナ選手の「男気」によって再度マッチメークされたものです。現在世界中からオファーを受け、超過密スケジュールのバンナ選手ですが、ロスでの総合特訓により、コンディションは良いようです。
大会プロモーション映像も非常に恰好良い仕上がりとなっております。是非ご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=XMZRYAdZHT8

■チャクリキ・ファイターズの試合予定
 9月15日(土)「KSW 20」ポーランド、グダニスク「エルゴ・アリーナ」
 総合ルール
 ジェロム・レ・バンナ vs マーティン・ロザルスキー

 9月15日(土)「HCC 11」ブラジル、ギナシオ・タンクレード
 総合ルール
 ニルディマー・アルビス vs ジョセ・カルロス・15

 10月5日(金)「J-KICK」東京水道橋「後楽園ホール」
 ザ・スクールウォーズ Aクラス-58kg決勝戦 2分2R/延長1分
 兼田竜暉 vs 橋口聡
 ザ・スクールウォーズ Bクラス-62kg決勝戦 1分30秒2R/延長1R
 小土井涼太 vs 仲尾宗一郎

 10月6日(土)「グローリーWS 2」ベルギー、ブリュッセル
 ヘビー級
 ブラドック・シウバ vs レミー・ボンヤスキー

 10月14日(日)「K-1 WGP FINAL 16」東京「両国国技館」
 FINAL 16 出場予定 
 ヘスディ・ゲルゲス
 ラウル・カティナス
 サウロ・カヴァラリ

 11月上旬 「World Series of Fighting」米国ネバダ州ラスベガス
 MMA旗揚げ大会予定
 契約完了選手
 ジェロム・レ・バンナ

 11月25日(日)「第1回世界闘英館空手道選手権大会」愛知県「刈谷市体育館」
 一般男子70kg以上の部出場
 酒井勇太
 一般男子70kg未満の部出場
 和田祥嗣
 重松敦史(松栄塾/チャクリキ選抜「武林大会」日本代表)
 一般女子55kg以上の部出場
 荒木千咲(志輝会館/チャクリキ顕修塾空手大会MVP)

 12月2日(日)「LEGEND 3」熊本県「益城総合体育館メインアリーナ」
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ
 女子キック 3分3R
 ロクサーナ・ガール vs 神風萸暉美

 12月開催予定「グローリー・グランドスラム」東京大会
 出場予定
 ピーター・アーツ
 ジェロム・レ・バンナ
 ブラドック・シウバ

■2012年09月06日(木)  「LEGEND 3」にフランク・ムニョスが初来日参戦!!
1209munoz.jpg 560×641 70K
12月2日(日曜日)熊本県益城郡「益城総合体育館メインアリーナ」にて神風塾主催の「LEGEND 3」が開催されます。神風塾とチャクリキは長年に渡り良好な関係を続けてきました。
2005年11月13日に「沖縄コンベンションセンター」にて開催された「琉球カミカゼスピリッツ」通称「RKS」大会にはチャクリキより4選手が参戦し、ノブ ハヤシ選手も大会特別ゲストで招かれました。
また、2010年9月12日に大阪府堺市の「ホテル第一堺」にて開催されました「チャクリキ ファイティング ガラ 3」では逆に神風塾より勇気選手、MASASHI選手が参戦し、それぞれメインイベント、セミファイナルで闘いました。セコンドには神風塾塾長であるMr.神風選手と、後にタイで世界王座を獲得する神風萸暉美(ゆきみ)選手が付きました。
そして、昨年12月11日に開催された「LEGEND 2」では、「20世紀最強の暴君」ピーター・アーツ選手と、「ザ・クレイジーナックル」yama刃選手が参戦し、3,000人以上を収容した会場を大きく沸かせました。
LEGEND 2 ピーター・アーツ vs Mr.神風
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=8IX8ksz8HWg
LEGEND 2 yama刃 vs 娑虎士
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=eEDN1ddOcCk
今回の大会開催にあたり、チャクリキは大会協力の形で「LEGEND 3」をサポートいたします。先ずは大会のメインイベンターとして、チャクリキ本部より「野生の黒豹」フランク・ムニョス選手が待望の初来日を果たします。ムニョス選手は多くの欧州のヘビー級トーナメントで優勝や準優勝を果たしており、ジェロム・レ・バンナ選手のスパーリングパートナーを務めるなど、その実力は折り紙付きです。昨年の角谷正義選手のオランダ修行の際、一番一緒に練習したのが同じ高身長のムニョス選手でした。「LEGEND 3」のメインイベントでムニョス選手は、同じく日本でファイトする選手では超大型である「暴君龍」アレックス・ロバーツ選手と対戦いたします。注目の大型ヘビー対決であり、必ずや迫力満点の闘いが展開されるでしょう。ムニョス選手は「K-1を昔から見ていたので日本で戦えるのは非常に光栄だ。日本の格闘技ファンに“ブラックパンサー”の強さを見せつける」とコメントしました。
こちらは「ブラックパンサー」フランク・ムニョス選手のプロモーション映像です。是非ご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=-wrqeyQp49A
また加えて、チャクリキのブッキングによる形で、オランダ、ロッテルダムのジム「Brothers」より同ジムの看板女性キックボクサーであるロクサーナ・ガール選手が、これも初来日を果たし、LEGENDの女子キックエースである世界王者の神風萸暉美選手と対戦いたします。ロクサーナ選手は世界最高レベルのオランダAクラスマッチにても勝ち星を重ねており、そのアグレッシブなファイトぶりは非常に日本向きと言えます。
こちらは昨年11月26日にフランスで行われましたロクサーナ選手の試合映像です。鮮やかなハイキックでKO勝利を収めております。
http://www.youtube.com/watch?v=PH9UQ5LS9Gs
神風萸暉美選手とは好試合が期待されます。
また、同大会にはグレイシー柔術の名門、ブラジル・リオデジャネイロの「グレイシーバッハ本部」より同本部の師範でもあるカーロス・レモス選手も来日し、日本では初となるMMAマッチを行います。カーロス選手は柔術の世界選手権を2度制し、パンアメリカン選手権、ヨーロッパ選手権でも優勝。ブラジレイロ(ブラジル選手権)では優勝5回という偉業を達成した、グレイシー柔術の「生きる伝説王者」と称される選手で、指導者としてもUFCで活躍するスペンサー・フィッシャー選手らのコーチを務めております。昨年より自身もMMAに挑戦し、昨年の2試合はともに関節技でタップアウト勝ちを収めており、現時点で総合無敗を誇ります。「LEGEND 3」で誰を相手に日本初のMMAマッチを行うのか気になります。
皆さま、遂に待望の初来日を果たすフランク“ブラックパンサー”ムニョス選手に盛大なる応援、宜しくお願いいたします! また、ロクサーナ・ガール選手へのご声援も宜しくお願いいたします。

■LEGEND 3
 日程/12月2日(日曜日)
 会場/益城総合体育館メインアリーナ(熊本県上益城郡益城町木山236)
 主催/神風塾 熊本総本部
 大会協力/ドージョーチャクリキ
 ●決定カード
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ(空柔拳会館)
 
 女子キック58kg契約 3分3R
 神風萸暉美(神風塾/ワンソンチャイ57kg級世界王者)vs ロクサーナ・ガール

 他、カーロス・レモス、楠ジャイロ等、強豪選手多数参戦

 LEGEND公式サイト→http://www.legend-japan.com/

■フランク・ムニョス/プロフィール
英字表記/Frank Munoz
ニックネーム/野生の黒豹
所属/ドージョーチャクリキ
身長/197cm
体重/98kg
出身/スペイン
生年月日/1983年8月14日 29歳
戦歴/64戦55勝(17KO)7敗2分
タイトル/
 スペインアマチュアボクシング王者
 スペインキックボクシング王者
 2008年 WAKO欧州選手権 銅メダル
 2010年 オランダヘビー級トーナメント 優勝
 2011年 ENFUSION 95kg級 準優勝
 2012年 LE BANNER SERIES トーナメント 準優勝

■ロクサーナ・ガール/プロフィール
英字表記/Roxana Gaal
ニックネーム/ロッテルダムの魔女
所属/Team Brothers
身長/164cm
体重/58kg
出身/オランダ
生年月日/1988年1月14日 24歳
戦歴/15戦8勝(1KO)6敗1分
タイトル/
 オランダキックボクシングAクラスファイター

バウトレビュー→http://www.boutreview.com/2/news/legend/item_10265.html
ミルホンネット→http://miruhon.net/news/2012/09/3122legend_3.html
格闘王国→http://www.kakutoh-blog.com/news/2012/09/legend122-legend3.php
GBR格闘WEBマガジン→http://gbring.com/sokuho/news/2012_09/0907_legend.htm

■2012年09月06日(木)  ニルディマー参戦! HCC11 大会プロモーション映像
「アマゾンの毒蛇」ニルディマー・アルビス選手も参戦するMMA大会「HCC11」の、大会プロモーション映像です。勿論、ニルディマー選手も登場しております。是非ご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ae5oB9pIcBk#!
12090601.jpg 560×659 41K

■2012年09月05日(水)  あの為房と闘った康恩選手がK-1ロス大会に参戦
12090502.jpg 560×1250 157K
2011年5月1日に開催された「チャクリキ ファイティング ガラ 4 」のメインイベントにて為房厚志選手と激闘を行った「北京盛華武術搏撃ジム」のエースである康恩(カン・エン)選手の、9月8日(土)K-1ロス大会「K-1 RISING 2012 U.S. Grand Prix, Championship」への出場が電撃決定いたしました!
現在、ヒザの手術からリハビリ中のICOインターコンチ王者・為房厚志選手にとって、かつての好敵手の活躍は何よりもよい刺激になることでしょう。康恩選手はスーパーファイトにて、M-1 GLOBAL所属のトラビス・ガリッツ選手と対戦いたします。米国のファンにWBCムエタイインター王者の強さを見せつけて貰いたいです。また、同大会で行われるヘビー級戦の勝者が10月14日(日)両国国技館での「K-1 WGP Final 16」に参戦し、ヘスディ・ゲルゲス選手、ラウル・カティナス選手、ミルコ選手、ギタ選手らと闘います。ロス大会の結果後、両国大会のカードが発表される予定で、こちらも要注目です。同大会はU-streamにて中継されます(有料・無料の時間区分あり)。いよいよK-1ロス大会まで、後3日です!

■K-1 RISING 2012 U.S. Grand Prix, Championship
 日程/9月8日(土曜日)
 会場/米国カリフォルニア州ロサンゼルス「Memorial Sports Arena」
 音楽プロデューサー/DJ Ravi Drums
 大会ホスト/Nicky Whelan(オーストラリア人スーパーモデル)
 ●試合カード
 スーパーファイト
 康恩(北京盛華武術搏撃ジム)vs トラビス・ガリッツ(M-1 Global USA)

 ヘビー級 USA GP
 ザビエル・ビグニー vs セス・ぺトルゼリ
 リック・ザ・ジェット・ルーファス vs マイティー・モー
 ジャック・メイ vs ジェレル“ビッグベイビー”ミラー
 ランディ”ブンブン“ブレイク vs デューウィー“ブラックコブラ”クーパー

■U-stream中継
 日本では時差のため9月9日(日曜日)
 日本時間の08:00〜14:00まで生中継予定
 10:00までのアンダーカードの試合放送は無料放送
 10:00〜13:30までのアンダーカード以降の試合放送は有料放送($9.99-)
 13:30〜14:00の試合後記者会見は無料放送

http://www.ustream.tv/channel/k-1-us-grand-prix-championship---international-broadcast

■2012年09月05日(水)  トム会長、ブランコ館長、格闘殿堂入り!
先月の8月は、欧州では長いサマーホリデーに入るため、その機を利用してトム・ハーリック会長とトミー・ハーリック師範は、チャクリキ伝説の王者であり、現在クロアチアでタイガージムを運営するブランコ・シカティック館長とともに、クロアチア随一の景勝地であるスプリトのビーチにおいて「チャクリキ・サマーキャンプ」を開催いたしました。このキャンプには60名を超えるプロ格闘家志望の若者が集まり、大盛況となりました。
キャンプ終了時の8月25日、そのスプリトで「柔術ワールドカップ2012」が開催されました。そして、この大会会場において、長年に渡る格闘技への貢献により、トム・ハーリック会長とブランコ・シカティック館長の特別殿堂入りが発表され、記念品の贈呈を受けました。チャクリキにとって非常に名誉なことであり、嬉しく思います。
12090501.jpg 560×371 52K

■2012年09月05日(水)  マリノ・スコーテン選手、NEWチャンピオンベルトと少年部
12090408.jpg 560×404 48K
オランダ-82.55kg級新王者となり、チャンピオンベルトを手中にしたマリノ・スコーテン選手。マリノ選手が指導を行っているM-Sportsの少年部選手たちが、チャンピオンベルトと一緒に撮った記念写真です。マリノ選手のような現役チャンピオンが少年部の指導に情熱的に取り組む…国は違っても、オランダでも日本でも、こうしたたゆまぬ努力が、次世代の優れたファイター達を成長させてゆきます。

■2012年09月04日(火)  トム・ハーリック会長インタビュー「DECADES OF PRIDE」
少し古い映像になりますが、トム・ハーリック会長のインタビューTV番組「DECADES OF PRIDE」がYOUTUBEにアップされております。2010年12月頃の映像です。チャクリキ本部で練習するピーター・アーツ選手、ヘスディ・ゲルゲス選手、アミール・ゼヤダ選手、フランク・ムニョス選手などなど、チャクリキ本部の様子が非常に良く分かる映像となっております。是非ご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=f2Sp9jh4rc0
12090406.jpg 560×703 67K

■2012年09月04日(火)  ブラックパンサー Tシャツ発売中!
フランク・ムニョス選手とブランド「LAST ROUND」のコラボ商品、「ブラックパンサー Tシャツ」が欧州で好評発売中です。
http://lastround.es/es/63-camiseta-sft-black-panther.html
12090405.jpg 560×320 24K

■2012年09月04日(火)  「アマゾンの毒蛇」いよいよ為房戦以来の大舞台へ!
12090302.jpg 560×501 41K
9月15日(土)ブラジルのギナシオ・タンクレードで開催される総合格闘技の一大イベント「HCC 11」が後2週間を切りました。
本大会に出場し、総合初挑戦となる「アマゾンの毒蛇」ニルディマー・アルビス選手にとってはインターコンチ王座を争った為房厚志戦以来の大舞台です。この総合挑戦を機に、再び浮上の切っ掛けを掴もうとしているニルディマー選手。大きな大会だけにテレビ取材やCM撮りなどが、練習の合間に行われ、多忙な日々を送っているようです。
下の動画は今年5月の「HCC」前回大会のダイジェスト映像です。いかに人気が高く、熱気に溢れた大会かお解り頂けると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=yk12I7JQxAg&feature=related
映像の最後に出てくるターバンの男性が、大会オーナーのハーダー・カシム・アルカドミ氏です。
総合初挑戦で新境地を目指す「アマゾンの毒蛇」ニルディマー・アルビス選手に、応援、宜しくお願いいたします!

■2012年09月03日(月)  マリノ・スコーテン、血闘の2階級制覇!
マリノ・スコーテン選手の9月1日の「FIGHT FOR VICTORY」メインイベントでの闘いの模様です。撮影はIT'S SHOWTIMEなどのオフィシャル写真でも知られる、世界随一の格闘カメラマン、ベン・ポンティア氏によるものです。
ベン・ポンティア氏Facebookページ→http://www.facebook.com/ben.pontier

試合では序盤から攻勢を取ったマリノ選手ですが、試合中盤にドナルド・ベルナー選手の飛びヒザ蹴りを喰らい、眉間をざっくりと割られてしまう深い裂傷を負いました(試合後に縫合)。しかし、このアクシデントをものともせず、流血の中、マリノ選手は最後まで攻め続け、見事な判定勝利を収め、オランダ-82.55kg級王座を手中にし、オランダ王座の2階級制覇を達成しました。
この翌日にBigbang 10にて激闘を展開したMO刃KI選手も、ヒザ蹴りにより顎に深い裂傷を負いながらも、この負傷を感じさせることなく小宮由紀博選手とフルラウンドの激闘を展開いたしました。
勿論、当然ながら試合中の怪我には細心の注意が必要ですが、一瞬のタイミングでの負傷の可能性と背中合わせなのも格闘技の世界です。かつて「石の拳」ブランコ・シカティック選手が、脛に深い裂傷を負いながらも「チャクリキに“痛い”という感情は無い」と言い切ったエピソードを思い出させるマリノ選手の血闘勝利でした。それはアクシデントにも決して折れること無かったマリノ選手の闘志がもたらした勝利と言えるでしょう。マリノ・スコーテン選手、おめでとう!
120901marino.jpg 560×7087 488K

■2012年09月02日(日)  MO刃KI激闘! 小宮由紀博とフルラウンドの攻防戦!!
本日、MO刃KI選手は東京ディファ有明にて開催されました「Bigbang 10」にて、日本スーパーライト、トップ中のトップである小宮由紀博選手と対戦いたしました。
1Rは、MO刃KI選手の前蹴りが功を奏し、ケレン味のないパンチやキックを小宮選手にヒットさせ、「挑む立場」通りの果敢な攻めを見せました。
2R、流石に日本のトップである小宮選手はタイミングの良いヒザ蹴りを決め、MO刃KI選手よりダウンを奪いました。一方的な展開になるかと思われましたが、ここでMO刃KI選手は良く踏ん張り、蹴りを返してゆきました。
3R、右ストレートでダウンを狙う小宮選手に対し、MO刃KI選手のは良く回り、決定打を許さず、最後まで攻める姿勢を失うことなく、白熱の攻防を見せ、試合は判定決着となりました。
2Rのダウンが響き〔0-3〕の判定負けという結果となりましたが、小宮選手との一戦でMO刃KI選手は「本年最高」と言える素晴らしい闘いを行いました。
この日セコンドに付いた、百戦錬磨の瀧川リョウ選手は「あの小宮選手とあれ程の試合が出来たことが素晴らしい。MO刃KI選手が一皮剥けた一戦だったと思う」とコメントし、チャクリキ・ジャパン総帥であるノブ ハヤシ選手は「技術云々よりも、MO刃KI選手の気持ちが素晴らしかった。プロの試合の場合、最後に鍵を握るのが何よりも「気持ち」の部分。そういう意味で、今日のMO刃KI選手は一歩も小宮選手に負けていなかった。こういう試合が出来たことが、何よりも選手の自信となる筈だ」と、惜敗ながら、MO刃KI選手の闘いを讃えました。格闘技で、成長途上の選手にとっては、指導者に、勝っても怒られる試合、負けても誉められる試合、があります。本日のMO刃KI選手の試合は、本人にとって間違いなく今年一番の素晴らしい闘いでした。ディファ有明を埋め尽くした東京の観客にMO刃KI選手の闘いを強く印象付けることが出来たと思います。
しかし、敗戦は敗戦、試合後ノブ ハヤシ選手は今後の取り組むべき課題をMO刃KI選手にじっくりと伝えておりました。
本日、このような素晴らしいリングに立ち、MO刃KI選手が心一杯、気持ち一杯の試合が出来たのも、Bigbang 谷山ジム様、そして小宮由紀博選手、ご関係者様各位のお力添えの御陰です。本当にありがとうございました。今日の一戦を糧にMO刃KI選手は更なる上を目指す気持ちが高まったことと思います。次戦ではもっともっと素晴らしいMO刃KIの試合をお見せしたいと、今日の一戦で気持ちの込もった試合を闘えた事で、MO刃KI選手並びにチャクリキ陣営は心新たに決意いたしました。明日より、また高みを目指してMO刃KI選手、そしてチャクリキ陣営は走り出します。今後ともMO刃KI選手に応援、宜しくお願いいたします!

GBR格闘技WEBマガジン→http://gbring.com/sokuho/result/result2012_09/0902_bigbang_02.htm
12090301.jpg 560×6986 579K

■2012年09月02日(日)  MO刃KI、いよいよ決戦の地へ
12090103.jpg 560×359 48K
本日、充分に睡眠を取ったMO刃KI選手は11:00に遅めの朝食を、試合当日という事で肉類は避け、麻布十番の「永坂更科布屋太兵衛」にて、「御前そば」(そばの中心のみを使った白い麺が特長)にて取りました。何故か隣のテーブルには某有名元プロ野球選手が食事をされていて、驚かされました。
いよいよこれから決戦の地である「ディファ有明」にMO刃KI選手は赴きます。MO刃KI選手にとって本年最高の大一番となります。皆さま、盛大なる応援を、宜しくお願いいたします!

■Bigbang 10「統一への道 其の十」
 日時/9月2日(日)15:30開場 16:00開始
 会場/ディファ有明(東京都江東区有明1-3-25 TEL.03-5500-3731)
 チケット/VIP席20,000円 SRS席12,000円 RS席10,000円 
      A席7,000円 B席5,000円
 主催/谷山ジム TEL.0463-93-9664
 ●大会カード
 第1試合 ヘビー級 3分3R
 則-NORI-(team歌舞伎龍)vs 西田操一(フリー)
 第2試合 60kg契約 3分3R
 関根進(NPO JEFA)vs 翔太(シルバーウルフ)
 第3試合 65kg契約 3分3R
 和井田学(谷山ジム大和)vs 大野憲(シルバーウルフ)
 第4試合 特別試合オヤジファイト 2分2R
 TAKURO(チームAG)vs アイアン宮坂(谷山ジム)
 第5試合 68kg契約 3分3R
 長谷川豊(KFGジム)vs 山際和希(谷山ジム)
 第6試合 63kg契約 3分3R
 宮田隼児(ZEUS/新空手全日本大会優勝)vs 中村宏輝(赤雲会/元沖縄ライト級王者)
 第7試合 55kg契約 3分3R
 岡田有晃(谷山ジム)vs Dyki(TARGET/RISEバンタム級1位)
 第8試合 ヘビー級 3分3R
 林武重(士道館)vs 羅王丸(TARGET/RISEヘビー級3位)
 第9試合 65kg契約 3分3R
 MO刃KI(チャクリキ二刃会/西日本ライト級2位)vs 小宮由紀博(スクランブル渋谷/RISE Sライト級1位)
 第10試合 60.5kg契約 3分3R
 木村天鮮(レグルス池袋/元J-NET Sフェザー級王者)vs 卜部弘嵩(チームドラゴン/Krush -60kg王者)
 セミファイナル 第11試合 ヘビー級 3分3R
 アレックス・ロバーツ(空柔拳会館)vs 天田ヒロミ(デジタルスピリッツ/K-1 JAPAN GP2004王者)
 メインイベント1 第12試合 58kg契約 3分5R
 立嶋篤史(ASSHI-PROJECT/元全日本フェザー級王者)vs 駿太(谷山ジム/WMAF世界フェザー級王者)
 メインイベント2 第13試合 70kg契約 3分3R
 廣野祐(NPO JEFA/元J-NET Sウェルター級&ミドル級王者)vs 城戸康裕(谷山ジム/Krush -70kg級王者)

■2012年09月02日(日)  マリノ・スコーテン、オランダ王座戴冠! 2階級制覇
12090201.jpg 560×461 50K
昨日(現地時間では9月1日夜)、オランダ、エグモンド・アーン・ズィの「ウォータートレン体育館」にて開催された「FIGHT FOR VICTORY」に参戦したチャクリキのマリノ・スコーテン選手は、メインイベントにてオランダ82.55kg級王者決定戦に出場し、見事、ドナルド・ベルナー選手を下して、オランダ82.55kg級の新王者となりました。これでマリノ・スコーテン選手は本年初頭に獲得したオランダ79kg王座に次いでの、堂々のオランダ王座2階級制覇です。
チャクリキ、ライトヘビー級陣のトップである「灼熱のスフィンクス」アミール・ゼヤダ選手に続けとばかりに、本年大活躍を見せているマリノ選手。次は国際的な大舞台に登場するかも知れません。益々期待が高まります。

■2012年09月01日(土)  アマゾンの毒蛇、金網戦まで後2週間!
1209nil.jpg 560×764 111K
9月15日(土)にはブラジルのギナシオ・タンクレードにて開催されるオクタゴンでの総合格闘技大会「HAIDAR CAPIXABA COMBAT」(通称・HCC)に、本年4月の「ガラ5」にて為房厚志選手とインターコンチ王座を争った「アマゾンの毒蛇」ニルディマー・アルビス選手が出場し、ジョセ・カルロス・15選手と対戦いたします。このHAIDAR CAPIXABA COMBATは、アラブ出身でブラジル在住の投資家、ハーダー・カシム・アルカドミ氏が主催する格闘技大会で、上写真のように、これまでにも大会場にて盛大に開催されてきました。この大会に参戦し、勝利を掴むことでニルディマー・アルビス選手は地元ブラジルでの名声だけではなく、再び国際試合に出られるように、己を高めようとしております。
皆さま、HCCでの勝利を目指すニルディマー・アルビス選手に応援、宜しくお願いいたします!

■HAIDAR CAPIXABA COMBAT 11
 日時/9月15日(土)試合開始18:00(現地時間)
 開催地/ブラジル、ギナシオ・タンクレード
●試合カード
 総合ルール
 ニルディマー・アルビス vs ジョセ・カルロス・15
 他 好カード多数

■2012年09月01日(土)  MO刃KI選手、計量クリア。いよいよ明日、決戦のゴング!
1290101.jpg 560×315 39K
本日、谷山ジムで行われました「Bigbang 10」前日計量をMO刃KI選手、無事クリアいたしました。いよいよ明日、運命の小宮由紀博戦を迎えるばかりです。
写真は計量時に一緒であった明日のメインイベントに出場する城戸康裕選手とMO刃KI選手です。
東京での大一番に臨む「ソウル・オブ・ザ・キング」MO刃KI選手に応援宜しくお願いいたします!!

■Bigbang 10「統一への道 其の十」
 日時/9月2日(日)15:30開場 16:00開始
 会場/ディファ有明(東京都江東区有明1-3-25 TEL.03-5500-3731)
 チケット/VIP席20,000円 SRS席12,000円 RS席10,000円 
      A席7,000円 B席5,000円
 主催/谷山ジム TEL.0463-93-9664

 ●大会カード
 第1試合 ヘビー級 3分3R
 則-NORI-(team歌舞伎龍)vs 西田操一(フリー)
 
 第2試合 60kg契約 3分3R
 関根進(NPO JEFA)vs 翔太(シルバーウルフ)

 第3試合 65kg契約 3分3R
 和井田学(谷山ジム大和)vs 大野憲(シルバーウルフ)

 第4試合 特別試合オヤジファイト 2分2R
 TAKURO(チームAG)vs アイアン宮坂(谷山ジム)

 第5試合 68kg契約 3分3R
 長谷川豊(KFGジム)vs 山際和希(谷山ジム)

 第6試合 63kg契約 3分3R
 宮田隼児(ZEUS/新空手全日本大会優勝)vs 中村宏輝(赤雲会/元沖縄ライト級王者)

 第7試合 55kg契約 3分3R
 岡田有晃(谷山ジム)vs Dyki(TARGET/RISEバンタム級1位)

 第8試合 ヘビー級 3分3R
 林武重(士道館)vs 羅王丸(TARGET/RISEヘビー級3位)

 第9試合 65kg契約 3分3R
 MO刃KI(チャクリキ二刃会/西日本ライト級2位)vs 小宮由紀博(スクランブル渋谷/RISE Sライト級1位)

 第10試合 60.5kg契約 3分3R
 木村天鮮(レグルス池袋/元J-NET Sフェザー級王者)vs 卜部弘嵩(チームドラゴン/Krush -60kg王者)

 セミファイナル 第11試合 ヘビー級 3分3R
 アレックス・ロバーツ(空柔拳会館)vs 天田ヒロミ(デジタルスピリッツ/K-1 JAPAN GP2004王者)

 メインイベント1 第12試合 58kg契約 3分5R
 立嶋篤史(ASSHI-PROJECT/元全日本フェザー級王者)vs 駿太(谷山ジム/WMAF世界フェザー級王者)

 メインイベント2 第13試合 70kg契約 3分3R
 廣野祐(NPO JEFA/元J-NET Sウェルター級&ミドル級王者)vs 城戸康裕(谷山ジム/Krush -70kg級王者)

■2012年09月01日(土)  ホームページ不具合のお詫び
本日、深夜0時前後から数時間、サーバーの不具合によりホームページが表示されないトラブルが発生致しました。お詫び申し上げます。

過去ログ 2004年10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月