Chakuriki Japan
広報部ニュース
トップ
広報部ニュース
English News
道場案内
選手紹介
Rules
Video Library
お問い合わせ
■2006年08月18日(金)  藤田智也選手、次戦決定!
前回、鮮やかなKO勝利を飾った藤田智也選手の次戦が決定しました。

FULLCAST PRESENTS MIGHTY EIGHTY TOURNAMENT '06(フルキャストプレゼンツ・ライズ・マイティエイティ・トーナメント・ゼロシックス)のリザーブファイトに出場いたします。続報入り次第お伝えして参ります。

≪開催日時≫
9月24日(日)開場:15時/試合開始:16時(オープニングファイト開始15時15分)

≪会 場≫
ディファ有明(東京都江東区有明1-3-25/ TEL 03-5500-3731) 

≪アクセス≫
りんかい線「国際展示場駅」より徒歩5分、ゆりかもめ「有明テニスの森駅」より徒歩1分

≪入場料金≫
全席指定・消費税込み(当日は全席 500 円増し)
SRS \15,000/RS \10,000円/指定席A \6,000/指定席B \4,000

≪券売所≫
○チケットぴあ = 0570-02-9999 (Pコード808-063 )
○イープラス = http://eee.eplus.co.jp/battle
○バウトレビュー = www.boutreview.com
○R.I.S.E.プロモーション = 03-3374-8621
○ディファ有明 03-5500-3731  ○後楽園ホール 03-5800-9999
○東京イサミ 03-3352-4083   ○フィットネスショップ水道橋店 03-3265-4646
○TARGET 03-5976-2705    ○ スクランブル渋谷 03-5467-2870

≪お問い合わせ≫
R.I.S.E.プロモーション = 03-3374-8621

大会HP→http://www.rise-promotion.com/event/event_2006_9_24.html

■2006年08月11日(金)  道場夏季休館
お盆休みのため8月12日〜16日の期間は道場を休館いたします。

ご確認の程宜しくお願いいたします。

■2006年08月06日(日)  大塚砂織、伊藤勇、貴重な経験を積む
R.I.S.E.のアマチュア大会「KAMINARIMON」は関係者からアマチュアキック大会の“最高峰”と呼ばれています。チャクリキ所属のプロ選手である藤田智也選手もここ2戦、R.I.S.E.に参戦しています。プロデビューに向けて覇を競うAクラスから、初心者でも安全に挑むことの出来る防具、ポイント制のCクラスまで個人の力量に合わせて挑むとが出来るのがKAMINARIMONの評価の高いところです。

先日7月30日のKAMINARIMONでは大塚砂織選手、伊藤勇選手のチャクリキ2選手が初めてCクラスの試合に臨みました。結果は敗戦という形に終わりましたが、実際の試合では練習では決して得ることの出来ない貴重な経験を積むことが出来ました。スタミナ配分、自分の正しい距離、ラッシュを受けたときの対処法……これらは実際に試合をしないとなかなか身に付きません。
大塚砂織選手はなかなか自分の距離まで踏み込めませんでした。伊藤勇選手は緊張のせいか大振りが多かったように思います。
でも、それらの経験が自身をより強く進化させてくれると思います。大塚選手、伊藤選手、頑張って次回の雪辱を目指してください。
そして他のチャクリキ練習生の皆さんも是非Cクラスからチャレンジしてみてください!
06-1.jpg 560×2160 292K

■2006年08月05日(土)  小道洋輔、吉田直人、チャクリキの強さを発揮!
7月30日に開催された「KAMINARIMON」大会の試合レポートを致します。

Bクラス(2分2ラウンド)にエントリーした吉田直人選手。吉田選手は今年2月26日の大会で高校一年生で対芦野博哉選手(龍道場)戦でアマチュアデビューしました。この一戦は惜敗しましたが、続く5月28日の大会では大森桂太選手(PHOENIX)相手に(4-0)での完封勝ちを収め、1クラス上げてBクラスに挑戦です。
対戦相手は保土田恭平選手(GOLD LIFE GYM)。「吉田選手の良い点はパンチの“当て勘”が優れている所」と先輩の萩尾勇二選手が語るように、得意なパンチで常に試合をリードします。チャクリキ仕込みのキックも随所に見せ、2ラウンド目にはパンチのラッシュからスタンディングダウンを奪いました。判定は(3-0)。前回に続いての文句無しの完勝です! ここ数カ月で最も成長したチャクリキ選手は吉田直人選手でしょう。

小道洋輔選手は1月29日大友高史戦でKAMINARIMON初参戦、初勝利を収め、4月29日に中森悠造選手(JMC横浜GYM)相手にBクラスで試合を行いました。この試合は小道選手が相手を終始圧倒したのですが、小道のヒザ蹴りが中森の顔面に入ってしまい無効試合という、両者にとって後味の悪い結果となっていました。
今回の大会では前回因縁の中森悠造戦が再度組まれ、両者とも完全決着に向けリングに臨みました。試合は前回の雪辱を果たそうと意気込む中森選手が序盤から強烈なラッシュを仕掛ける形で始まりました。中森選手の勢いに最初は戸惑った小道選手でしたが、すぐに自分のペースを取り戻し、持ち前の的確な打撃でダメージを与え、ロープ際で前回因縁のヒザ蹴りを今度は綺麗に相手の腹部に決めました。中森選手は立ち上がることが出来ず、僅か1分で小道選手のKO勝ちとなりました。圧勝でした。ノブ館長は小道の勝利を喜び、今後Aクラスへの挑戦やトーナメント大会への出場も視野に入れていきたいと語りました。小道洋輔は今のチャクリキアマチュア選手で一番注目すべき選手です。
05-1.jpg 560×3246 437K

■2006年08月02日(水)  藤田激勝! 新空手王者をKOで破る!
前戦のKO負けからの復活を期して、この日のR.I.S.E. XXVIII(ライズ・トゥエンティーエイト)に臨んだ藤田智也選手。リングネームも本名に戻すなど、一からの出直しを誓いリングへと登場しました。
対戦相手の上野正美選手は第85回新空手交流大会重量級優勝者で、藤田より高い191cmの長身の選手です。
1R目から上野選手はリーチを活かして大きなモーションのキックやパンチで攻めてきます。しかし、この日の藤田は落ち着いていました。相手の攻撃を的確にガードし、上野選手の左足に攻撃の的を絞って、オーソドックスにローキックを中心とした攻めで試合を組み立てます。
何度も強烈なローキックを食らった上野選手は1Rで早くもダウン。藤田は攻撃の波に乗りました。
2Rに入っても藤田の勢いは止まりません。強烈なローキックで棒立ちとなって前へ出ることの出来ない上野から連続でダウンを奪います。最後はロープ際に詰めてのラッシュで3ダウン目を奪い、見事なKO勝利を飾りました。
前戦の悪夢のKO負けから、鮮やかなKO勝ちでの生還を遂げた藤田選手。この勝利は何よりも本人が一番嬉しい事でしょう。プロ戦績もこれで2勝(2KO)3敗となり、次戦での真価が問われます。
大会後、R.I.S.E.関係者様にお褒めの言葉を頂きました。また藤田選手にチャンスが与えられるはずです。その試合こそ藤田智也にとって重要な意味を持つ一戦となるでしょう。

PS.
●道場の夏季休館について

お盆休みのため8月12日〜16日の期間は道場を休館いたします。
キックボックスのレッスンは、8月16日と8月30日が休講で、8月は2日、9日、23日の3回となります。
ご確認の程、宜しくお願いいたします。
02-2.jpg 560×2277 255K

過去ログ 2004年10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月