Chakuriki Japan
広報部ニュース
トップ
広報部ニュース
English News
道場案内
選手紹介
Rules
Video Library
お問い合わせ
■2012年11月30日(金)  「野生の黒豹」フランク・ムニョス選手来日!
本日、無事、「野生の黒豹」フランク・ムニョス選手と、「ロッテルダムの魔女」ロクサーナ・ガール選手が来日を果たしました。
ロングフライトの疲れも見せず、時差ボケ解消のため、夜になる迄寝ないと決めていたフランク選手は、ホテル到着後も、コンディションを万全にするため、積極的に熊本市内を散策していました。
明日は計量、記者会見です。両選手からどのような言葉が出てくるのか楽しみです。
12113001.jpg 560×2176 190K

■2012年11月29日(木)  いよいよ明日、フランク・ムニョス来日!
12112890.jpg 560×1083 117K
いよいよ明日朝、WAKO欧州王者「野生の黒豹」フランク・ムニョス選手が待望の初来日を果たします。
既にフランク選手の地元スペインのスポーツ紙には、フランク選手の日本遠征が大きく報じられております。「LEGEND 3」、アレックス・ロバーツ戦での勝利に期待です。
また、同じ便でチャクリキのブッキングにより「ロッテルダムの魔女」ロクサーナ・ガール選手も初来日です。初代王座決定戦とあって、こちらもトレーニング、気合充分での来日となりそうです。
皆さま、フランク・ムニョス選手、ロクサーナ・ガール選手に応援、宜しくお願いいたします!

■チャクリキ・ファイターズの試合予定
 12月2日(日)「LEGEND 3」熊本県「益城総合体育館メインアリーナ」
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ
 LEGEND 女子フェザー級初代王者決定戦 3分3R
 ロクサーナ・ガール vs 神風萸暉美

 12月22日(土)「SuperKombat WGP 決勝大会」
 ヘスディ・カラケス
 ラウル・カティナス
 セルゲイ・ラシェンコ
 イブラヒム・アラブ 出場

 12月24日(月・祝)「ACCEL 22」兵庫県「神戸サンボーホール」
 ACCELライト級王座 次期挑戦者決定戦 3分3R
 yama刃 vs Tiger育夫

 12月24日(月・祝)「覇王 Vol.7」大阪市「ナスキーホール・梅田」
 国際チャクリキ協会認定空手選手権重量級タイトル戦
 1R 3分/2R 2分
 加藤秀学(王者) vs 酒井勇太(挑戦者)

 12月31日(月)「INOKI BOM-BA-YE 2012」東京「両国国技館」
 角谷正義出場予定

 12月31日(月)「GLORY GRAND SLAM」埼玉県「さいたまスーパーアリーナ」
 GLORY GRAND SLAM 1回戦 2分3R
 ピーター・アーツ vs ムラッド・ボウジディ
 ブラドック・シウバ vs イゴール・ユルコビッチ

■2012年11月28日(水)  GLORY ポスター
12112851.jpg 560×608 114K
大晦日の格闘技2大イベントの一方、ヘビー級トーナメントを開催する「GLORY」の大会ポスターです。世界格闘技界の「鉄人」と呼べる存在のピーター・アーツ選手がセンターであります。
現在発表されているカードはヘビー級トーナメントのみですが、それでも16人トーナメントのため、15試合が1日で行われることとなります。

■GLORY GRAND SLAM 1回戦 2分3R
 ピーター・アーツ vs ムラッド・ボウジディ
 ブラドック・シウバ vs イゴール・ユルコビッチ

ピーター・アーツ選手、ブラドック・シウバ選手に応援宜しくお願いいたします!

■2012年11月28日(水)  酒井勇太、空手選手権重量級、タイトル戦決定!
12112801.jpg 560×1174 110K
「堺の猛牛戦車」酒井勇太選手の空手重量級タイトル戦が決定いたしました。先日の世界トーナメントで、国際大会世界第3位の「ブラジリアン・コップ」マルセロ・ドス・サントス選手に延長戦で〔2-3〕の僅差で判定負けを喫した酒井選手にとって、またとない捲土重来のチャンスです!
12月24日(月・祝)大阪梅田の「ナスキーホール・梅田」(大阪市北区太融寺町8-17 プラザ梅田ビル8F)にて開催される、大和会館主催の「覇王 Vol.7」が決戦の舞台となります。チャクリキ大会以外で国際チャクリキ協会認定のタイトル戦が行われるのも初めての事で、記念すべき一戦となります。
「ナスキーホール・梅田」は大阪プロレスの定期会場として、「ムーブオンアリーナ」に代わって作られたホールで、11月17日に、こけら落としが行われたばかりの会場で、この日には特別ゲストとして、アーネスト・ホースト選手も列席しました。「覇王 Vol.7」は、この会場の格闘技大会での、記念すべきこけら落とし興行となります。
思えば、このタイトルを巡っては、酒井勇太選手は涙を飲み続けてきました。2009年の王座決定戦では西田真司選手に敗れ、挑戦者決定戦では加藤秀学選手に敗れました。その後、加藤秀学選手が第2代王座に就いたのは、皆さまご存じの通りです。
同い年の同門のライバルであり盟友である和田祥嗣選手は、2009年に軽量級王座を獲得し、その後、東京遠征試合を行い、昨年度は中国遠征で勝ち越すなどの活躍を見せ、先日の世界トーナメントでも世界王者との熱戦を行いました。そうした「ライバル」の華やかな活躍を横目で見ながらも、酒井勇太選手は強豪との闘いを繰り返してきました。格闘空手王者の黒田昌裕選手との素手顔面ありの死闘、空手世界王者・宮野孝裕選手との頂点との闘い、そしてマルセロ・ドス・サントス選手との世界の強豪との闘い。いずれの闘いも、酒井勇太選手は「あと一歩」の壁に泣いてきましたが、確実にその「最後の一歩」の距離は短くなってきております。
厳しい言い方をすれば、この「あと一歩」を踏み越えて行かねば、「善戦マン」という不名誉な評価が定着いたします。酒井勇太選手にとって、今や「あと一歩」は「あと半歩」の距離にまで来ています。そして周囲の者は皆、酒井選手がその「あと半歩」を踏み越えるのを待っているのです。
過去2度、現空手選手権重量級王者の加藤秀学選手には酒井選手は敗れております。今回こそ「あと半歩」を超える闘いが達成出来なくては、王者・加藤選手には勝てません。しかし、その最後の半歩を踏み出し、自身の「殻」を破ったときこそ、酒井勇太選手は第3代王者として王座を手中にする事が出来る筈です。酒井勇太選手を知る誰もが、酒井選手の王座戴冠を願っております。そして誰よりも、酒井勇太選手自身が、4年間追い求めた重量級王座に深いこだわりが有る筈です。
クリスマスイブ決戦、果たして酒井勇太は「最後の半歩」を踏み越えてゆく闘いが出来るのか!? 皆さま、酒井勇太選手の王座奪取に、盛大なる応援を宜しくお願いいたします!!

■覇王 Vol.7
 日程/12月24日(月・祝)
 会場/ナスキーホール・梅田
    大阪市北区太融寺町8-17 プラザ梅田ビル8F
    06-6809-3219
●試合カード
 国際チャクリキ協会認定空手選手権重量級タイトル戦
 加藤秀学(王者・志焔塾)vs 酒井勇太(挑戦者)
 1R3分、2R2分の2ラウンドルール
 引分の場合は1分間の延長戦を行う
 延長でも勝負が決しない場合は体重判定となる

 他、好カード多数

 チケット/前売り 大人3,500円 子供(小学生以下)2,000円
      当日 大人4,000円 子供(小学生以下)2,500円 

 お問い合せ/0742-41-2446 覇王プロモーション事務局

■2012年11月27日(火)  いよいよあと3日でフランク・ムニョス選手来日!
12112711.jpg 560×1537 134K
本年はIGF、K-1、GLORYなどのビッグマッチが多い年で、オランダより多くのチャクリキ戦士が来日いたしました。その中でも、未来日の大物選手として名高い、WAKO欧州王者、「野生の黒豹」フランク・ムニョス選手が、遂に今月30日に日本上陸を果たします。
大晦日のGLORYではブラドック・シウバ選手が初来日を果たし、ほぼ大半のチャクリキ・スーパースターズは今年、日本の土を踏んだことになります。
熊本にて4,000人もの大観衆を集めて開催される「LEGEND 3」でのムニョス選手の試合が楽しみです。「野生の黒豹」は「暴君龍」アレックス・ロバーツ選手相手にどんな闘いを見せてくれるのでしょうか?
また、ムニョス選手と同フライトにて、チャクリキのブッキングによりオランダよりやって来る「ロッテルダムの魔女」ロクサーナ・ガール選手にも要注目です。世界最高峰のオランダAクラスマッチで闘っている選手で、その実力は折り紙つきです。
今回、ロクサーナ・ガール選手と「九州の女王」神風萸暉美選手の一戦には、両者の実績を考慮し、LEGEND初代女子フェザー級王座が懸けられることになりました。美しいベルトも既に完成しております!
皆さま、LEGEND 3 での「野生の黒豹」フランク・ムニョス選手、「ロッテルダムの魔女」ロクサーナ・ガール選手に応援、宜しくお願いいたします!

■2012年11月27日(火)  「武林大会」チームの大将格、谷口聡にも決戦迫る!
12112702.jpg 560×1299 203K
11/25に愛知県刈谷市で開催された闘英館世界オープントーナメントには和田祥嗣選手、重松敦史選手、北野元気選手、井上寿希也選手と、「武林大会」チームの8人中4名が集結いたしましたが、武林大会でチームの大将格であった谷口聡選手(理心塾)にも、格闘キャリア中の特別大一番とも言うべき決戦が迫っております。12月2日(日)、東京ドームシティホールにて開催されるRISEとM-1の合同興行「INFINITY」に出場する谷口聡選手は、何と、あのゲーオ・フェアテックス選手と対戦いたします!
ゲーオ選手は元ルンピニーSフェザー王者、元WBCムエタイ世界Sフェザー王者として世界タイトルを2つ制覇した強豪選手で、日本でも同階級のSフェザー級では敵が居らず、前回のM-1大会ではJ-NETWORKスーパーライト級王者の菅原勇介選手と対戦し、2階級上の王者であるにも拘わらず、菅原選手を文句無しのKOに沈め、そのあまりの強さで観客を戦慄させた選手です。
今回、ウェルター級の谷口選手に対し、ゲーオ選手にとっては3階級差の対戦となります。それでも周囲から「谷口有利」の声が出てこないのがゲーオ選手の凄さです。
しかし、和田祥嗣 vs ヴィトル・トファネリ、TOMOYUKI vs ブアカーオ・ポー.プラムックと、チャクリキ空手王者、西日本王者 vs 世界王者の大一番が次々行われ驚かされていますが、それに続くような谷口聡 vs ゲーオ・フェアテックスの実現です。
思えば谷口選手は、昨年9月にチャクリキのブッキングで単身、中国遠征を行い、敗北したものの、その闘いが11月の「武林大会」へと続く大きな道となりました。今回の大一番でも谷口聡選手は東京の大観衆を大いに驚かせる闘いを行ってくれると期待しております。

■2012年11月27日(火)  闘英館ブラジルチーム帰国
本日早朝、ヴィトル・トファネリ選手、ビビアネ・トファネリ選手、マルセロ・ドス・サントス選手らの闘英館ブラジルチームは中部国際空港より帰国を致しました(写真2番目)。
今回の来日、大会参戦により、和田祥嗣選手、酒井勇太選手、重松敦史選手、荒木千咲選手らと激闘を繰り広げたブラジル闘英館勢。来日中にはホーストカップの観戦や、名古屋城観光など、多くの思い出を作る機会がありましたが、何と言っても一番、そして一生の記憶に残るのはチャクリキチームとの闘いでしょう。
特に実姉であるビビアネ・トファネリ選手が荒木千咲選手に敗れるという大きな出来事の後に登場した世界王者のヴィトル・トファネリ選手のプレッシャーは物凄いものだったと容易に想像できます。団体のエースとして絶対条件のように課された「優勝」を達成でき、本当に一安心したのではないでしょうか。
ヴィトル・トファネリ選手、マルセロ・ドス・サントス選手と闘った和田祥嗣選手、酒井勇太選手も闘いの中から、今後の糧を得たことと思います。願わくば、機会あれば闘英館ブラジル勢とは闘い続けていきたいと思っております。
12112701.jpg 560×1915 169K

■2012年11月26日(月)  ブラジルムエタイ選手権 試合結果
12112609.jpg 560×1210 135K
愛知県刈谷市で和田祥嗣選手と酒井勇太選手がブラジル勢を相手に激闘を行っていた時間と同じ頃には、日本と12時間の時差があるブラジルに於いて、ジュイス・デ・フォ−ラのエスポート&レザーにて「ブラジルムエタイ選手権」が開催され(現地日では11月24日)、チャクリキ・ブラジルから7名の選手が参戦いたしました。
チャオ・チャクリキ選手はアーサー・ペクエーノ選手(CTサガットチーム)に判定負けを喫しました。
ローラン・マラカ選手はアレックス・ブルテリア選手(MBAチーム)に判定勝利を収めました。
レナット・チョキート選手はルリー・ラザロ選手(エドガー選手より対戦相手変更/MBAチーム)に1R KO勝ちを収めました。
ルーカス・ルーカオ選手はカルロス・サガット選手(デビット・スマローン・チーム)に判定負けを喫しました。
グスタボ・カルバーロ選手はイゴール・サントス選手(トップ・ブラザーズ)に判定勝利を収めました。
マルコス・ツバーラオ選手はサルバトール・リアンドロ選手(FMT)に1R KO勝利を収めました。
メインイベントに出場したジェラルド・タズ選手は、サウロ・リベイロ選手(チョック・タイ・チーム)に3R KO勝ちを収めました。
大会が終わってみればチーム全体で5勝(3KO)2敗という好成績を残すことが出来ました。チャクリキ・ブラジルの益々の飛躍を期待しております。

■2012年11月26日(月)  遂に実現! 世界王者 vs 和田祥嗣
遂に、大会セミファイナルである準決勝第2試合にて、世界王者ヴィトル・トファネリ vs 和田祥嗣の一戦が実現いたしました、世界オープントーナメント、ヴィトル選手の参戦を知り、大会出場を決意した和田祥嗣選手にとって、待ちに待った、2012年最大の大一番です。
会場関係者を唸らせた世界王者の蹴りに対し、ウエイトで劣る祥嗣選手の不利さは誰の目からも明らかでしたが、祥嗣選手は素速いフットワークを使って蹴りをかわし、逆にその直後に下段蹴りを叩き込むという戦法で、世界王者を翻弄いたします。しかし、流石に世界王者は強く、後半には突きの連打で盛り返し、本戦裁定は〔0-0〕と全くの5分、試合は延長戦に入ります。
延長戦でもフットワークを駆使する祥嗣選手ですが、本戦で突きに手応えを感じた世界王者は、身体ごと突進するような連打を祥嗣選手に叩き付け、延長判定を制しました。
祥嗣選手にとって、無念の準決勝敗退となりましたが、世界王者と渡り合ったという経験は何物にも代え難い財産となったことだと思います。このところキックマッチにおいて不本意な試合が続いていた祥嗣選手ですが、再び原点に立ち戻ったこの日の試合では、昨年度の「武林大会」のように、ICO空手選手権軽量級王者の矜持を見せることが出来る試合内容でした。また、そうした「強さ」を見せた祥嗣選手の攻めを受け止め、なおかつそれを凌駕したヴィトル・トファネリ選手は見事でした。本当に世界王者は強かったというのが実感です。
試合後には「この次こそ勝てるようにもっと強くなる」と、ヴィトル選手との再選を誓った祥嗣選手。大会メインイベントの決勝戦で、同じくブラジルのアレシオ・サントス選手を下したヴィトル・トファネリ選手は評判通りの世界オープントーナメント制覇を達成しましたが、決勝終了後には祥嗣選手の元に来て、互いの健闘を讃え合う姿が印象的でした。
もう一度、大舞台で和田祥嗣 vs ヴィトル・トファネリの再戦を見てみたいものです。その時こそ、「暴走台風」和田祥嗣選手が世界王者から勝利を挙げる事を大いに期待いたします。
今回の「ホーストカップ」「闘英館世界トーナメント」と、ハードな愛知県遠征試合でしたが選手、指導者にとっては、貴重な経験となったかと思います。本当にお疲れさまでした。

尚、同日にディファ有明で開催されましたビクトリージム主催の「KICK- Insist 2」に参戦した、瀧川リョウ選手の盟友である長谷川獣兵衛選手は、3R、レフリーストップ負けを喫しました。
また、同じく同日に、世界王者に挑んだ和田祥嗣選手と同じく、タイで「絶対王者」のブアカーオ選手と対戦した、西日本ミドル級王者のTOMOYUKI選手は判定負けを喫しました。
TOMOYUKI選手試合動画→http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=2gc8hKfiEJI
各選手の次戦に期待いたします。
12112605.jpg 560×4089 307K

■2012年11月26日(月)  猛攻、猛攻、また猛攻で和田祥嗣、世界王者戦へ
重松敦史選手の無念の延長敗戦を受け、直後に登場した和田祥嗣選手は、友の分までと、一切の妥協のない厳しい攻めを宮口稜介選手(寛水流)に対して行いました。その姿はまさに「暴走台風」のように凄まじく、次々と鋭い蹴りを決め、本戦2分で〔5-0〕のフルマーク完勝を収めました。
1回戦はシードであったため、この2回戦で勝った祥嗣選手は、世界王者ヴィトル・トファネリ選手の試合に注目いたします。祥嗣選手と同じく2回戦より出場のヴィトル選手は、これまた優勝候補の一角であった極真会館坂口道場の下村拓郎選手を圧倒して下し、順当に勝ち進みました。ヴィトル選手の強烈な蹴り技は一瞬で会場内の雰囲気を変えるほどの威力でした。
遂に、和田祥嗣選手の念願であった世界王者との対戦が準決勝にして実現します!
12112601.jpg 560×2976 214K

■2012年11月26日(月)  重松敦史の無念が和田祥嗣に火を付ける
同ブロックである世界王者のヴィトル・トファネリ選手、和田祥嗣選手とは違うブロックに入り、その実力、実績から決勝進出の最有力と目されていた重松敦史選手(松栄塾)がまさかの敗北を喫しました。本戦では決して下がらない突きの連打で、体力で勝るブラジル勢への対策ぶりを窺わせた重松選手ですが、トーナメント制覇の宿敵であるブラジル選手勢を意識するあまり、重松選手本来の華麗な技がややなりを潜め、延長判定にて痛恨の敗北を喫しました。
昨年の同時期に「武林大会」で共に中国で闘い続けた盟友の、まさかの敗北を目前にして、和田祥嗣選手の意気込みは更に変化したことでしょう。思えば「武林大会」でも重松敦史選手は未知の相手である中国拳法チームに対し、常に先発を買って出ていました。友の無念が和田祥嗣選手の闘志を更に燃え上がらせることとなりました。
そしてまた、重松敦史選手、和田祥嗣選手、酒井勇太選手、北野元気選手、井上寿希也選手という次代の空手界を担う選手たちの、地域、環境を超えた友情が続くことを願って止みません。
12112504.jpg 560×2789 213K

■2012年11月26日(月)  女王交代!? 荒木千咲、世界の壁を蹴り破る!!
今回の世界オープントーナメントで関係者を何よりも驚かせたのが、「南半球最強の女王」ビビアネ・トファネリ選手の敗北でした。弟の空手世界王者ヴィトル・トファネリ選手より早く世界の頂点に立ち、2004年からは空手大会に於いて敗北を喫していない、正に孤高の女王と呼べる状態が続き、ここ最近ではビビアネ選手が大会にエントリーすると、出場を辞退する選手が続出するという異常事態も起こっていた程です。
しかし、荒木千咲選手(志輝会館)は、そうした周囲の声に惑わされることなく、全力でビビアネ選手と相対しました。チャクリキ顕修塾空手大会MVP、白蓮会館全日本制覇、空手ワールドカップ世界2位と、この数年間で驚異的な成長を遂げた荒木選手は、外連味なくビビアネ選手と激しい攻防を繰り広げ、遂に延長戦にて、南米の女王より文句無しの勝利を収めました。
この勝利により、今後は荒木選手が南米地区の選手に追われる立場となることでしょう。約10年間、無敗で女王の座を守ってきたビビアネ選手から奪った値千金の勝利。ビビアネ選手のように最強の座を世界を舞台にどんどん証明していくことを期待いたします。
12112503.jpg 560×2176 170K

■2012年11月26日(月)  「堺の猛牛戦車」あと半歩の壁に泣く
本日の世界オープントーナメントでは、酒井勇太選手にとって、ここ大一番での「あと半歩」の壁が再び大きくのしかかる結果となりました。
外国人選手相手でも力負けせず重い打撃を効かすことの出来る酒井選手の力は皆が認めるところです。しかし、こと大一番の試合に関しては「勝敗」が何よりも大きな意味を持ちます。延長判定では〔2-3〕の、本当に僅差のスプリットディシジョンでした。しかし、この「あと半歩」の壁は、非常に近くにありながらも厚い壁であり、その壁を超えられるかどうかは本人次第なのです。
その「力量」は誰もが認めるだけに、この「あと半歩」の壁を破り、価値ある勝利を積み上げてゆく姿を、仲間の誰もが願っています。
「堺の猛牛戦車」酒井勇太選手の更なる奮起を期待したいです。
また、酒井選手を熱戦を展開したマルセロ・ドス・サントス選手は、酒井戦の激闘も癒えぬまま、決勝では、これも酒井選手を一回り大きくしたような「南米の水牛ファイター」レナト・ベンフィカ選手に判定負けを喫して優勝を逸しました。1日2回も猛牛タイプの選手と激突したマルセロ選手。流石のブラジリアン・コップもこれはハードな連戦だったようです。
12112502.jpg 560×2652 255K

■2012年11月25日(日)  世界闘英館空手選手権大会 結果速報
12112501.jpg 560×263 46K
本日、愛知県刈谷市体育館にて開催されました「世界闘英館空手選手権大会」において、酒井勇太選手は一般70kg以上の部に参戦し、マルセロ・ドス・サントス選手と対戦いたしました。本職はブラジルの警察官であるマルセロ選手は非常に強い選手で、酒井選手とゴツゴツと音が響く激しい攻防を行い、本戦では決着が付かず、延長にて〔2-3〕という非常に僅差の判定にて酒井選手は涙を飲みました。
一般女子55kg以上の部に出場した荒木千咲選手(志輝会館)は、2004年から名だたる世界大会、南米大会で「優勝」以外の結果を残したことがないという「南半球最強の女性空手家」ビビアネ・トファネリ選手(ブラジル)と対戦いたしました。本戦では異様な迫力の攻防が展開され、互いに相譲らず、延長戦となりましたが、延長戦では空手ワールドカップ世界2位の実績を持ち、「若さ」という最大の武器を利した荒木選手が、溌剌とした攻めを見せ、〔3-0〕の判定勝ちをものにし、ビビアネ選手を破るという本大会最大の大きな成果を挙げました。この1勝は「女王交代」の意味を持つ大きな1勝だと思います。荒木千咲選手、本当におめでとう!
3番手で登場した重松敦史選手(松栄塾)は、北野元気選手、井上寿希也選手という、「武林大会」での盟友が応援する中、最大の目標である和田祥嗣選手との決勝対決を実現するべく、突きを中心としたアグレッシブな攻めを見せました。しかし、本戦で決着が付かず、延長判定で敗れるという意外な結果となり、大いに悔しさを滲ませました。
友の無念を目前で見た和田祥嗣選手は、初戦で宮口稜介選手(寛水流)に対して怒濤の攻めを見せ、本戦判定〔5-0〕で完勝を収めました。そして、遂に準決勝で、本大会最大の目標であった、軽量級空手世界王者のヴィトル・トファネリ選手と激突することになりました。ヴィトル選手の初戦は、そのあまりにも凄い蹴りの破壊力に観衆から大きな溜息が漏れるほどでした。ヴィトル選手との決戦では、和田祥嗣選手は華麗なフットワークを駆使し、相手の蹴りを貰うことなく、下段蹴りを的確にヒットさせ、試合のペースを握ります。しかし、体格で約10kg勝るヴィトル選手も力強い攻めを見せ、一進一退の攻防が続きました。本戦では〔0-0〕の裁定となり、延長に持ち込まれた勝負では、終盤に意地を見せ突きの連打を入れたヴィトル選手が和田祥嗣選手を下しました。しかし、本大会で世界王者のヴィトル・トファネリ選手を一番追い込んだ選手が和田祥嗣選手であったことは、胸を張って良い成果だと思います。和田祥嗣 vs ヴィトル・トファネリの一戦の直後、本大会のラストマッチである決勝戦が行われ、アレシオ・サントス選手を下したヴィトル・トファネリ選手が下馬評通りの優勝を達成しましたが、最大の敬意を以て試合後に和田祥嗣選手を讃えるヴィトル選手の姿が印象的でした。そして、祥嗣選手にとっても、ヴィトル選手は「もう一度闘いたい相手」「乗り越えたい壁」となった事でしょう。
今回の世界オープントーナメントは非常に大きな収穫ある経験を積むことが出来ました。
闘英館様と高田英男館長に深く感謝申し上げます。
各試合の様子は後程アップいたします。

■2012年11月24日(土)  いよいよ明日、世界トーナメント!
いよいよ明日、決戦の闘英館世界オープントーナメントが愛知県刈谷市にて開催されます。南米最強の空手家、ヴィトル・トファネリ選手と闘う和田祥嗣選手、重松敦史選手。全てが外国人選手の重量級ブロックに挑む酒井勇太選手。3選手は本日夕刻、刈谷市入りを果たしました。
ブラジル勢の力量は現時点、全く未知数であり、期待と不安が相半ばしておりますが、セコンド、応援に刈谷市に集った重松栄一師範、和田修司塾長、井上寿希也選手、兼田竜暉選手、兼田将暉選手らの指導者、仲間達の熱い檄を受け、3選手は世界トーナメント戦制覇を力強く誓いました。
皆様、明日の大勝負を迎える和田祥嗣選手、酒井勇太選手、重松敦史選手に盛大なる応援、よろしくお願い致します!!
12112466.jpg 560×637 86K

■2012年11月24日(土)  多彩な選手が集ったホーストカップ
昨日のホーストカップには非常に多彩な選手が集まりました。
K-1にてノブ ハヤシ選手と鎬を削った武蔵選手と富平辰文選手。
石田勝希選手とK-1甲子園での頂点を争った、野扖正明選手と、この日のメインイベントで欧州王者から劇的なKO勝利を収めた日下部竜也選手。
特に武蔵選手は兼田竜暉選手のデビュー戦も観ていてくださり、「5歳位から空手やってるんだって? 凄いね。今日の第1、第2試合はレベルが高かった。これからも頑張って!」と兼田選手に激励の言葉を掛けてくれました。本人にとって非常に励みになると思います。ありがとうございます。
このような華やかな舞台で闘えた事を、アーネスト・ホースト氏、土居龍晴代表に深く感謝申し上げます。
12112406.jpg 560×1632 119K

■2012年11月24日(土)  岡崎恵佑、悔しい一瞬のヒザ頭
昨日、ホーストカップにて安田慶二郎選手(アクシスJ)と対戦したチャクリキ二刃会の「陽気な斬込隊長」岡崎恵佑選手は、ここ暫くでは抜群の好コンディションを作り上げ、気合充実にてリングに登場致しました。
事実、1Rは非常に動きが良く、前蹴りで相手の出足を止め、相手の攻め手を次々と潰し、非常に有利に試合を展開致しました。
しかし、「好事魔多し」と言いますが、その言葉通り、攻め手を封じられた安田選手は、思い切った飛びヒザ蹴りという、意外な攻撃を見せ、これがモロに岡崎選手の顎を捉え、KO負けを喫してしまいました。
この一発の飛びヒザさえ無ければ、試合展開を握っていただけに、岡崎選手にとっては悔やんでも悔やみきれない痛い敗戦となりました。しかし、この悔しさを糧に、再び「陽気な斬込隊長」はリングへ戻ってくる筈です。岡崎恵佑選手の再起戦に応援賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
また、試合後、KO勝利を収めた安田慶二郎選手が岡崎選手のセコンドのyama刃選手に、「yama刃さん、今度、僕と闘ってください!」と、yama刃選手との対戦をアピール致しました。これが今後、どういう展開を生むのか、非常に興味深いアピールでした。
12112405.jpg 560×4520 280K

■2012年11月24日(土)  兼田竜暉、快進撃!! プロデビュー戦快勝!!
昨日、ホーストカップの大舞台にてプロデビュー戦を闘った兼田竜暉選手の激闘の模様です。
流石にJ-NETWORKアマチュア2年連続王者の竹内賢一選手は強く、1Rには強烈なパンチを兼田選手にヒットさせ、肝を冷やす場面もありました。パンチの竹内選手、キックの兼田選手という展開で試合が続きますが、この日のプロデビュー戦のために豊富な練習を積んできた兼田竜暉選手は、3Rになってもハイキックのスピード、高さが衰える事が無く、遂に終盤、見事に左ハイキックが竹内選手の喉元を捉えました!
このハイキックによりダウン寸前のダメージを負った竹内選手。その後も追撃の手を緩めなかった兼田選手が〔3-0〕の見事な判定完勝にて嬉しいプロデビュー戦初勝利を掴みました!
兼田竜暉選手、ここからがスタートです。本当におめでとう!!
12112403.jpg 560×2992 202K

■2012年11月24日(土)  闘英館ブラジル勢、ホーストカップを観戦!
12112402.jpg 560×301 31K
昨日、名古屋国際会議場イベントホールにて開催されました「ホーストカップ」へは、11月25日(日)の世界オープントーナメント参戦を控えた、ヴィトル・トネファリ選手率いる闘英館ブラジル選手団も観戦に訪れました。
闘英館の高田英男館長、大心館の竹畑友二理事長、そしてブラジル選手団と、世界オープントーナメントでのチャクリキ選手団との正々堂々とした闘いを誓い、チャクリキ顕修塾の和田修司塾長、チャクリキ二刃会の北野秀美会長、yama刃選手は互いにエールの交歓を行いました。
いよいよ明日、世界オープントーナメント、決戦です。和田祥嗣選手、酒井勇太選手、重松敦史選手、荒木千咲選手は本日、愛知県刈谷市に入ります。皆様、盛大なる応援、よろしくお願い致します。

■2012年11月23日(金)  兼田竜暉、プロデビュー戦に勝利!
1211234.jpg 560×258 30K
本日開催されました「ホーストカップ」におきまして、兼田竜暉選手は〔3-0〕の見事な判定完勝を収め、プロデビュー戦を飾りました。また岡崎恵佑選手は2R KO負けを喫しました。
試合写真は後ほどアップ致します。

■2012年11月22日(木)  ブラジル選手団、日本上陸!
遂に本日、「世界闘英館空手道選手権大会」に出場する、ヴィトル・トファネリ団長を始めとしたブラジル選手団が来日を果たしました。
いよいよ世界オープントーナメントも待ったなしです。和田祥嗣選手、酒井勇太選手、重松敦史選手、荒木千咲選手の活躍に期待いたします!
12113399.jpg 560×318 30K

■2012年11月22日(木)  岡崎恵佑、兼田竜暉、計量クリア!
12112255.jpg 560×516 65K
本日、愛知県名古屋市の「アーネスト・ホーストジムJAPAN」にて行われた公式計量を、岡崎恵佑選手、兼田竜暉選手、両名とも無事クリアし、あとは決戦を待つだけとなりました。
皆さま「ホーストカップ」の大舞台に臨む岡崎恵佑選手、兼田竜暉選手に応援、宜しくお願いいたします!

■2012年11月22日(木)  SuperKombat WGP 2012 にチャクリキ4選手が参戦!
12112201.jpg 560×249 22K
大ニュースです。現在、K-1、GLORYに継ぐ勢いで、世界3大キックプロモーションの一角を占める「SuperKombat」の、2012年度の総決算大会である、12月22日(土)に開催される SuperKombat WGP 2012 Final に、チャクリキ本部より、「魂の勇者」ヘスディ・カラケス選手、「鋼鉄戦士」ラウル・カティナス選手、「ウクライナのタフガイ」セルゲイ・ラシェンコ選手、「ザ・ハンマー」イブラヒム・アラブ選手の、ヘビー級4選手の出場が決定いたしました。これまでに K-1 や IT'S SHOWTIME などで3選手が出場する機会は何度かありましたが、4選手もの出場は本当に珍しいことです。
ヘスディ選手、ラウル選手、セルゲイ選手、イブラヒム選手への応援、宜しくお願いいたします!

■チャクリキ・ファイターズの試合予定
 11月23日(金・祝)「ホーストカップ」愛知県「名古屋市国際会議場」
 63kg契約 3分3R
 岡崎恵佑 vs 安田慶二郎
 58kg契約 3分3R プロデビュー戦
 兼田竜暉 vs 竹内賢一

 11月24日(土)「ブラジルムエタイ選手権」ジュイス・デ・フォ−ラ「エスポート&レザー」
 ライト級 ムエタイルール
 チャオ・チャクリキ vs アーサー・ペクエーノ
 ローラン・マラカ vs アレックス・ブルテリア
 ミドル級 ムエタイルール
 ジェラルド・タズ vs サウロ・リベイロ
 グスタボ・カルバーロ vs イゴール・サントス
 レナット・チョキート vs エドガー
 ライトヘビー級 ムエタイルール
 マルコス・ツバーラオ vs サルバトール・リアンドロ
 ルーカス・ルーカオ vs カルロス・サガット

 11月25日(日)「第1回世界闘英館空手道選手権大会」愛知県「刈谷市体育館」
 一般男子70kg以上の部出場
 酒井勇太
 一般男子70kg未満の部出場
 和田祥嗣
 重松敦史(松栄塾/チャクリキ選抜「武林大会」日本代表)
 一般女子55kg以上の部出場
 荒木千咲(志輝会館/チャクリキ顕修塾空手大会MVP)

 12月2日(日)「LEGEND 3」熊本県「益城総合体育館メインアリーナ」
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ
 LEGEND 女子フェザー級初代王者決定戦 3分3R
 ロクサーナ・ガール vs 神風萸暉美

 12月22日(土)「SuperKombat WGP 決勝大会」
 ヘスディ・カラケス
 ラウル・カティナス
 セルゲイ・ラシェンコ
 イブラヒム・アラブ 出場

 12月24日(月・祝)「ACCEL 22」兵庫県「神戸サンボーホール」
 ライト級 3分3R
 yama刃 vs Tiger育夫

 12月31日(月)「INOKI BOM-BA-YE 2012」東京「両国国技館」
 角谷正義出場予定

 12月31日(月)「GLORY GRAND SLAM」埼玉県「さいたまスーパーアリーナ」
 GLORY GRAND SLAM 1回戦 2分3R
 ピーター・アーツ vs ムラッド・ボウジディ
 ブラドック・シウバ vs イゴール・ユルコビッチ
 ジェロム・レ・バンナ参戦予定

■2012年11月21日(水)  ホーストカップ、試合順確定!
12112155.jpg 560×585 99K
いよいよ明後日(11月23日・金/祝)、名古屋国際会議場イベントホールにて開催されます「ホーストカップ」の最終試合順が確定いたしました。オープニングファイト開始は15:20となる予定です。
皆さま、兼田竜暉選手、岡崎恵佑選手に盛大なる応援、宜しくお願いいたします!!

■ホーストカップ スピリット・ワン
 日時/11月23日(金・祝)開場15:00 オープニングファイト15:20 本戦開始16:00
 会場/名古屋国際会議場 イベントホール
    愛知県名古屋市熱田区熱田西町1-1(052-683-7711)
●試合カード
 オープニングファイト第1試合 プロデビューマッチ 58kg契約 3分3R
 兼田竜暉(チャクリキ顕修塾)vs 竹内賢一(Ten Clover Gym)

 オープニングファイト第2試合 58kg契約 3分3R 
 野中大資(Ten Clover Gym)vs 利×希(The Body Box)

 第1試合 62kg契約 3分3R
 八田塁(正道会館)vs デンジャー内山(Ten Clover Gym)

 第2試合 59kg契約 3分3R
 宮田裕司(正道会館)vs 小澤量哉(士心館)

 第3試合 70kg契約 3分3R
 佐藤篤史(ホーストジム)vs ジャングル・コーキ(Ten Clover Gym)

 第4試合 63kg契約 3分3R
 岡崎恵佑(チャクリキ二刃会)vs 安田慶二郎(アクシスJ)

 第5試合 62kg契約 3分3R
 半田喜蓮(誠至会)vs 富平禎仁(ホーストジム)

 第6試合 ヘビー級 3分3R
 ルイ上原(ブラジリアン・タイ)vs 南国超人(龍生塾)

 第7試合 WINDY SUPER FIGHT 提供試合 45kg 2分2R
 山田航暉(キング・ムエ)vs 清水隆誠(烈拳会)

 第8試合 WINDY SUPER FIGHT 提供試合 38kg 2分2R
 大崎孔稀(大石ジム)vs 原田海舟(烈拳会)

 第9試合 WINDY SUPER FIGHT 提供試合 2分5R
 クライトーン・ウォン・ワンチャイ(タイ)vs 福田真斗(キング・ムエ)

 セミファイナル 第10試合 日蘭国際対抗戦 57kg契約 3分3R
 大石綾乃(大石ジム/J-Girlsフェザー級日本王者/WBCムエタイフェザー級日本王者)
 vs ヨアンナ(オランダ/J-Girlsフェザー級世界王者/WKNフェザー級世界王者)

 メインイベント 第11試合 日蘭国際対抗戦 56.5kg契約 3分3R
 日下部竜也(大石ジム/WPMFスーパーバンタム日本王者)
 vs イリアス・ハジューイ(オランダ/フルムエタイ欧州王者)

■2012年11月21日(水)  ブラジル選手団、いよいよ来日!!
12112104.jpg 560×728 95K
日本時間の本日、「第1回世界闘英館空手道選手権大会」に参戦するプラジル選手団は空路国際線により日本を目指し、明日、11月22日、来日を果たします。
上写真はトファネリ姉弟を中心とするブラジル選手団。サッカー・ブラジル代表でお馴染みの「カナリア色」の日本遠征用ユニフォームでの来日となります。左から中学生の部に出場のグスタボ・カマーゴ選手、酒井勇太選手と準決勝で当たるマルセロ・ドス・サントス選手、選手団団長でありブラジル最強の空手家、ヴィトル・トファネリ選手、「南半球最強の女性空手家」ビビアネ・トファネリ選手、中学生の部出場のマルセロ・セラフィム選手です。彼らを中心に約10名のブラジル選手団が来日参戦いたします。
いよいよ世界オープントーナメントまで、あと4日!
和田祥嗣選手、酒井勇太選手、重松敦史選手、荒木千咲選手に盛大なる応援、宜しくお願いいたします!!

■2012年11月20日(火)  GLORY GRAND SLAM カード決定!
12112041.jpg 560×326 52K
本日、12月31日(月)に開催される GLORY GRAND SLAM のトーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が行われ、ワンディ・トーナメントの組み合わせが上記の通りに決定いたしました。
ピーター・アーツ選手はムラッド・ボウジディ選手と、ブラドック・シウバ選手はイゴール・ユルコビッチ選手と1回戦で対戦いたします。決勝までアーツ vs ブラドックの同門対決が無いのが、何より幸いです。
本トーナメント1回戦は過去に例のない、2分3R方式、2ラウンド先取判定勝ちルールにて実施されるため、それが勝敗にどのような影響を与えるのかも見所です。
アーツ選手、ブラドック選手のトーナメント制覇に大いに期待したいです。

■チャクリキ・ファイターズの試合予定
 11月23日(金・祝)「ホーストカップ」愛知県「名古屋市国際会議場」
 63kg契約 3分3R
 岡崎恵佑 vs 安田慶二郎
 58kg契約 3分3R プロデビュー戦
 兼田竜暉 vs 竹内賢一

 11月24日(土)「ブラジルムエタイ選手権」ジュイス・デ・フォ−ラ「エスポート&レザー」
 ライト級 ムエタイルール
 チャオ・チャクリキ vs アーサー・ペクエーノ
 ローラン・マラカ vs アレックス・ブルテリア
 ミドル級 ムエタイルール
 ジェラルド・タズ vs サウロ・リベイロ
 グスタボ・カルバーロ vs イゴール・サントス
 レナット・チョキート vs エドガー
 ライトヘビー級 ムエタイルール
 マルコス・ツバーラオ vs サルバトール・リアンドロ
 ルーカス・ルーカオ vs カルロス・サガット

 11月25日(日)「第1回世界闘英館空手道選手権大会」愛知県「刈谷市体育館」
 一般男子70kg以上の部出場
 酒井勇太
 一般男子70kg未満の部出場
 和田祥嗣
 重松敦史(松栄塾/チャクリキ選抜「武林大会」日本代表)
 一般女子55kg以上の部出場
 荒木千咲(志輝会館/チャクリキ顕修塾空手大会MVP)

 12月2日(日)「LEGEND 3」熊本県「益城総合体育館メインアリーナ」
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ
 LEGEND 女子フェザー級初代王者決定戦 3分3R
 ロクサーナ・ガール vs 神風萸暉美

 12月8日(土)「SuperKombat WGP 決勝大会」
 SuperKombat WGP 開幕戦による選抜選手出場

 12月24日(月・祝)「ACCEL 22」兵庫県「神戸サンボーホール」
 ライト級 3分3R
 yama刃 vs Tiger育夫

 12月31日(月)「INOKI BOM-BA-YE 2012」東京「両国国技館」
 角谷正義出場予定

 12月31日(月)「GLORY GRAND SLAM」埼玉県「さいたまスーパーアリーナ」
 GLORY GRAND SLAM 1回戦 2分3R
 ピーター・アーツ vs ムラッド・ボウジディ
 ブラドック・シウバ vs イゴール・ユルコビッチ
 ジェロム・レ・バンナ参戦予定

■2012年11月19日(月)  ジュニア戦士たちも大活躍!
12112005.jpg 560×363 47K
HEAT 25 が開催されました11月18日(日曜日)には関西のジュニア大会に多くのチャクリキ・アマチュア選手が出場いたしました。

滋賀県甲賀市にて開催された誠流塾主催「第7回ジュニア空手道選手権大会」では、和田祥嗣選手、井上寿希也選手、兼田竜暉選手ら諸先輩が見守る中、チャクリキ顕修塾勢が参戦し、小学6年男子上級の部で小土井壱貴選手、中学男子重量級の部で北垣内伸彌選手が揃って優勝を果たしました。壱貴選手、伸彌選手、本当におめでとう!(上写真)
中学男子軽量級の部に出場した兼田将暉選手は再延長まで縺れる熱戦を展開しましたが、残念ながら1回戦敗退という結果となりました。

大阪府大阪市東住吉区にて開催されました「第4回競拳ジュニアキック」にはチャクリキ二刃会より多くの選手が参戦し、ワンマッチではBクラスマッチにて折口來輝選手、Cクラスマッチにて舞永琉生選手、増田桃選手、Dクラスマッチにて松尾誠和選手が、それぞれ見事な勝利を収めました。
挑戦者決定戦にて小堀ましろ選手(月心会)を下した山方ことみ選手は、Jrバンタム級王者の佐藤凛選手(真我館)とのタイトルマッチに臨みましたが、残念ながら〔0-2〕の判定にて涙を飲みました。

■2012年11月19日(月)  フランクムニョス選手、オフィシャルサイト開始!
日本初来日を間近に控えたWAKO欧州ヘビー級王者、フランク・ムニョス選手のオフィシャルサイトがオープンいたしました。これまでに、ピーター・アーツ選手、ジェロム・レ・バンナ選手、ヘスディ・カラケス選手の個人サイトが人気を博してきましたが、チャクリキでは4人目の個人オフィシャルサイトとなります。
是非ご覧ください!
http://www.frankmunoz.net/
12112001.jpg 560×373 40K

■2012年11月18日(日)  刃恭平、課題を残す苦杯
本日の HEAT 25 にて KING選手と対戦した刃恭平選手は、1Rは KING選手のパンチに対して、キックで対抗し、互角の展開を行いました。
チャクリキ二刃会からは北野会長、為房選手、yama刃選手と、総力戦のセコンド陣でインターバルに激しく恭平選手に檄を飛ばします。
しかし、2R、yama刃選手が試合前から懸念していた、足を止めてのパンチの打ち合いの形が多くなります。この形は勿論、KING選手の得意なパターンであり、yama刃選手は大きく「回れ! 回れ!」と指示を送ります。だが、得意の形になったKING選手はこの機を逃さず、一気呵成の攻めで恭平選手より2度のダウンを奪い、2R KO負けの形で恭平選手は敗れました。
相手と真っ向から勝負することは大切ですが、馬鹿正直に相手の得意な土俵で勝負しても勝ち目は薄くなります。相手の嫌がる事、苦手とする事を試合展開の中から見極め、勝機を掴むことがいかに大切かを思い知らされるような恭平選手の苦杯でした。
試合後、ノブ ハヤシ館長は、「テクニック云々よりも、最後はハートの強い奴が勝つ。そうした部分で負けた」と、気持ちの持ち方の大切さを恭平選手に説いておりました。また、「この形になったら絶対負けない」という得意パターンを作ることを恭平選手の急務の課題として指摘しました。
また、セコンドを務めた二刃会のツートップ、為房厚志選手とyama刃選手からも、日々の練習に於いて数々の課題を指摘されておりました。そうした先輩の期待に応えて上位戦線に食い込めるかどうかは、今後の恭平選手の努力如何です。そうした意味でも多くの課題が見つかったということは、収穫の多い敗戦ではあったと思います。北野会長、為房選手、yama刃選手、東京遠征、ご苦労様でした。
尚、本戦のレフリーはK-1で2度に渡ってノブ ハヤシ選手と好勝負を展開した富平辰文さんが務めました。富平様、ありがとうございました。
12111802.jpg 560×5019 437K

■2012年11月18日(日)  瀧川リョウ、KO負けも、「鉄人」ぶりを見せつける
本日、ディファ有明にて行われました「HEAT 25」の第3代ヘビー級王座決定トーナメントに出場した瀧川リョウ選手は、準決勝にてプリンス・アリ選手と対戦いたしました。
年齢で遙かに若く、身長、体重も上回るアリ選手に対し、瀧川選手は老獪なファイトではなく、真っ向からの勝負を挑みました。アリ選手の攻撃に対し、強烈な得意のフックを返してゆき、何度もアリ選手をたじろかせる場面が生まれました。結果こそ、1R最終10秒でアリ選手のパンチの連打をまともに喰らい、KO負けとなりましたが、ピーター・アーツ選手と同じ42歳という年齢で、タイトル戦戦に参入し、第一線のトップファイターと真っ向から倒し合いを行ったことは、瀧川選手にとって大きな手応えとなったはずです。本年、瀧川リョウ選手は結果だけを見れば3試合3連敗ですが、新日本キック、ACCEL、HEATという大舞台で一線級のヘビー級選手と渡り合ってきた結果であり、また、安易にテクニックに走らず、プロ選手らしいヘビー級の醍醐味である倒し合いを挑んでゆきました。そうした姿勢を我々は誇りに思います。
今回、瀧川選手の入場時の紹介VTRでは、K-1初期より活躍する瀧川選手を「鉄人」と表現していましたが、正に瀧川リョウは「キック界の鉄人」であると言えるでしょう。あの広島東洋カープの衣笠祥雄選手のように、「無事これ名馬」であり、あくまでもプロらしい闘いを続ける瀧川選手。今後も一戦一戦、大切に闘い続けて貰いたいと思います。
試合後はKOのダメージも少なく、血気盛んであった瀧川選手。鉄人ぶりも健在でした。次戦のリングへ向け、また明日からプロとしての練習が始まります。
セコンドを務めたノブ ハヤシ選手、相澤宏使師範、ご苦労様でした。
HEAT 25 大変お世話になりました。志村館長様、國吉様、高橋様、本当にありがとうございました。
12111801.jpg 560×5211 437K

■2012年11月17日(土)  刃恭平、計量クリア!
12111701.jpg 560×734 79K
本日、東京水道橋にて「HAET 25」の公式計量が行われ、60kg契約戦に臨んだ「二刃会・第3の刃」刃恭平選手は、シャツを着たままでも59.5kgで余裕の計量クリアとなりました。後はいよいよ明日の勝負を控えるのみです。
これまでに何度か、東京での試合経験のある刃恭平選手ですが、プロマッチとしては今回が初の関東デビュー戦となります。熱戦が期待されます。相手のKING選手は元MAキック2位、世界戦の経験もある強豪選手で、相手にとって何ら不足はありません。
また、第3代ヘビー級王座決定トーナメントに出場予定であった楠ジャイロ選手は減量調整に失敗し、体調不良で計量を欠席し、明日のトーナメント準決勝は不戦敗となる公算が強くなりました。瀧川リョウ選手にとって、プリンス・アリ選手に勝利を収めても、ノーダメージのジュ・マンキ選手と対戦する可能性が高く、第3代王座獲りに、更に高い障害が生まれました。しかし、瀧川リョウ選手なら、必ずや、やってくれると信じております。
皆さま、明日の「HEAT 25」の決戦に臨む瀧川リョウ選手、刃恭平選手に応援、宜しくお願いいたします!

■チャクリキ・ファイターズの試合予定
 11月18日(日)「HEAT 25」東京都江東区「ディファ有明」
 HEATヘビー級王座決定トーナメント1回戦 3分3R
 瀧川リョウ vs プリンス・アリ
 ※勝者が決勝戦にて楠ジャイロ vs ジュ・マンキの勝者と対戦
 60kg契約 3分3R 延長1R
 刃恭平 vs KING

 11月23日(金・祝)「ホーストカップ」愛知県「名古屋市国際会議場」
 63kg契約 3分3R
 岡崎恵佑 vs 安田慶二郎
 58kg契約 3分3R プロデビュー戦
 兼田竜暉 vs 竹内賢一

 11月24日(土)「ブラジルムエタイ選手権」ジュイス・デ・フォ−ラ「エスポート&レザー」
 ライト級 ムエタイルール
 チャオ・チャクリキ vs アーサー・ペクエーノ
 ローラン・マラカ vs アレックス・ブルテリア
 ミドル級 ムエタイルール
 ジェラルド・タズ vs サウロ・リベイロ
 グスタボ・カルバーロ vs イゴール・サントス
 レナット・チョキート vs エドガー
 ライトヘビー級 ムエタイルール
 マルコス・ツバーラオ vs サルバトール・リアンドロ
 ルーカス・ルーカオ vs カルロス・サガット

 11月25日(日)「第1回世界闘英館空手道選手権大会」愛知県「刈谷市体育館」
 一般男子70kg以上の部出場
 酒井勇太
 一般男子70kg未満の部出場
 和田祥嗣
 重松敦史(松栄塾/チャクリキ選抜「武林大会」日本代表)
 一般女子55kg以上の部出場
 荒木千咲(志輝会館/チャクリキ顕修塾空手大会MVP)

 12月2日(日)「LEGEND 3」熊本県「益城総合体育館メインアリーナ」
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ
 女子キック 3分3R
 ロクサーナ・ガール vs 神風萸暉美

 12月8日(土)「SuperKombat WGP 決勝大会」
 SuperKombat WGP 開幕戦による選抜選手出場

 12月24日(月・祝)「ACCEL 22」兵庫県「神戸サンボーホール」
 ライト級 3分3R
 yama刃 vs Tiger育夫

 12月31日(月)「INOKI BOM-BA-YE 2012」東京「両国国技館」
 角谷正義出場予定

 12月31日(月)「GLORY GRAND SLAM」埼玉県「さいたまスーパーアリーナ」
 ブラドック・シウバ、ピーター・アーツ、ジェロム・レ・バンナ出場予定

■2012年11月16日(金)  今日のオランダ、チャクリキ本部
本日のオランダ、チャクリキ本部。
角谷正義選手とアチェ・スミット師範です
12111657.jpg 560×358 45K

■2012年11月16日(金)  ブラジル・ムエタイ選手権大会
12111612.jpg 560×193 43K
11月24日(土)、チャクリキ・ブラジルのお膝元であるジュイス・デ・フォ−ラにてBMTA(ブラジルムエタイ協会)主催による選手権大会が10:00より開催されます。多くの道場が参加する大会で、何と、全49試合、そしてその全てがムエタイルールにて予定されております。

■ブラジル・ムエタイ選手権大会
 日時/11月24日(土)10:00〜
 会場/ブラジル、ジュイス・デ・フォ−ラ、サンアントニオ「エスポート&レザー」
●試合カード
 第1試合 バンタム級 ムエタイルール
 エベルトン・エスリミンガード(チャクリキ・ブラジル)vs ジーン・ラテンオー(CTサガット・チーム)
 第2試合 ミドル級 ムエタイルール
 エバニオ・カミカゼ(パーレイラ・チーム)vs ラミロ・ネト(MBAチーム)
 第3試合 ライト級 ムエタイルール
 チャオ・チャクリキ(チャクリキ・ブラジル)vs アーサー・ペクエーノ(CTサガット・チーム)
 第4試合 ウェルター級 ムエタイルール
 ダグラス(グラジエーター・ジム)vs エジソン・サントス・ジュニア(MBAチーム)
 第5試合 ミドル級 ムエタイルール
 ファビオ・アイスバーグ(パーレイラ・チーム)vs レナート・リマ(デビット・スマローン・チーム)
 第6試合 ミドル級 ムエタイルール
 マゼウス・ジョン・ジョーンズ(ルイス・シウバ・ファイト) vs エリベルトン・ディンディン(パーレイラ・チーム)
 第7試合 ミドル級 ムエタイルール
 アドリアーノ・サムライ(パーレイラ・チーム)vs アラン・パンテラ(デビット・スマローン・チーム)
 第8試合 ライト級 ムエタイルール
 ティアゴ・フランゴ(グラジエーター・チーム)vs ダルモ・ダルマニクス(ケンファー・チーム)
 第9試合 ミドル級 ムエタイルール
 レンダー・アポロ(パーレイラ・チーム)vs ジョージ・ルイス(デビット・スマローン・チーム)
 第10試合 ライト級 ムエタイルール
 ローラン・マラカ(チャクリキ・ブラジル)vs アレックス・ブルテリア(MBAチーム)
 第11試合 フェザー級 ムエタイルール
 アントニオ・フェベム(パーレイラ・チーム)vs ギルマー・チャコロ・ロコ(アイ・オブ・ザ・タイガー)
 第12試合 ミドル級 ムエタイルール
 ルリー・ラザロ(MBAチーム)vs ジョー・ペドロ・チョコレート(FMT)
 第13試合 ライトヘビー級 ムエタイルール
 アレッサンドロ・カラド(パーレイラ・チーム)vs フェルナンド・ナッシュ(デビット・スマローン・チーム)
 第14試合 ミドル級 ムエタイルール
 ダニロ・ネイビル(ブラジル松濤館)vs アルファ・ネグラ(ケンファー・チーム)
 第15試合 ミドル級 ムエタイルール
 レナット・チョキート(チャクリキ・ブラジル)vs エドガー(CTサガット・チーム)
 第16試合 ライトヘビー級 ムエタイルール
 マルコス・タイソン(パーレイラ・チーム)vs ロビン・カポエイラ(デビット・スマローン・チーム)
 第17試合 ウェルター級 ムエタイルール
 イゴール・サイボーグ(ケンファー・チーム)vs グスタボ・フェロー(ACスパラカオ)
 第18試合 フェザー級 ムエタイルール
 ダニエル・マラット(デビット・スマローン・チーム)vs フィリップ・アントネス(ゴールド・フィンガー)
 第19試合 ライトヘビー級 ムエタイルール
 マイケル・ロドリゲス(テリア・ジム) vs ペドロ・パボ(BCT)
 第20試合 ヘビー級 ムエタイルール
 ブルーノ・ゲイプ(パーレイラ・チーム)vs ワーレス・ダンタス(デビット・スマローン・チーム)
 第21試合 ライト級 ムエタイルール
 アンドレ・モラレス(グラジエーター・ジム)vs ワンダーソン・ドス・サントス(スパーテン・チーム)
 第22試合 ライトヘビー級 ムエタイルール
 ルーカス・ルーカオ(チャクリキ・ブラジル) vs カルロス・サガット(デビット・スマローン・チーム)
 第23試合 ミドル級 ムエタイルール
 アントニオ・ネネム・ピットブル(ルイス・シウバ・ファイト)vs パウロ・メスキュート(スパーテン・チーム)
 第24試合 ミドル級 ムエタイルール
 ギセーレ・マゾーニ(ローキック)vs ルシアナ・グレリラ(パーレイラ・チーム)
 第25試合 ライト級 ムエタイルール
 マウリシオ・スピナー(レイナルド・ラナ・チーム)vs ジョゼ・サンタナ(ゴブリン・タイ)
 第26試合 ライトヘビー級 ムエタイルール
 カルロス・フェルナンド・カネラ(FMT)vs リバルド・フェレイタス(トップ・ブラザーズ)
 第27試合 ウェルター級 ムエタイルール
 ティアゴ・ナジャ(ローキック)vs クレイトン・ソリッソ(ダイナ・センター)
 第28試合 ウェルター級 ムエタイルール
 ベルティア・ガティンホ(ATS)vs ワシントン(CTサガット・チーム)
 第29試合 ライト級 ムエタイルール
 ティアゴ・カルドソ(マキシマス・ファイト) vs カルロス・ブロー(レイナルド・ラナ・ジム)
 第30試合 ライト級 ムエタイルール
 ゲニルソン・リー(アルベロス・ゴールド・チーム)vs ブルーノ(ナジャ・トップ・チーム)
 第31試合 ウェルター級 ムエタイルール
 パウロ・デニス(BCT)vs フィリップ・ガブリエル(ギブラン・タイ)
 第32試合 ライトヘビー級 ムエタイルール
 マルコ・ラロバ(レイナルド・ラナ・ジム)vs グレイソン・ロドリゲス(アイアン・ファイターズ)
 第33試合 ライトヘビー級 ムエタイルール
 カエ・フェルナンド(ギブラン・タイ)vs ディエゴ・ファネシー(テラー・ジム)
 第34試合 ミドル級 ムエタイルール
 キランディア(ナジャ・トップ・チーム)vs ビア・サージップ(ローキック)
 第35試合 ライト級 ムエタイルール
 ファブリシオ・ノラト(スパルタン・チーム)vs ブルーノ・カルバホ(ギブラン・タイ)
 第36試合 フェザー級 ムエタイルール
 ジャクリーン・ジャック(ローキック)vs ラリッサ・メニナ・デ・オーロ(トップ・タイ・チーム)
 第37試合 ライト級 ムエタイルール
 トリッソン・タツ(グラジエーター・ジム)vs ルーラン(ナジャ・トップ・チーム)
 第38試合 ウェルター級 ムエタイルール
 ベゾウェン・フェレイラ(ローキック)vs ウェリントン・フィギュレード(ギブラン・タイ)
 第39試合 ライト級 ムエタイルール
 マルコス・パーダル(トップ・タイ・チーム)vs ディアゴ(ナジャ・トップ・チーム)
 第40試合 ライト級 ムエタイルール
 ロジェリオ・ビル(ATS)vs ブレンドン・シルバスター(サガット・チーム)
 第41試合 ウェルター級 ムエタイルール
 カーリム(ナジャ・トップ・チーム)vs リールトン・ゴメス(マキシマス・ファイト)
 第42試合 ライト級 ムエタイルール
 ジャクソン・オリベイラ(CTエルサディ)vs タデュー・アランハ・ネービス(アイ・オブ・ザ・タイガー)
 第43試合 ミドル級 ムエタイルール
 ルイス・フィリップ(BCT)vs エルダー・ファンター(ナジャ・トップ・チーム)
 第44試合 ライト級 ムエタイルール
 レオナルド(ナジャ・トップ・チーム)vs レーナン・モッタ(テラー・ジム)
 第45試合 ミドル級 ムエタイルール
 グスタボ“グラジエーター”カルバーロ(チャクリキ・ブラジル)vs イゴール・サントス(トップ・ブラザーズ)
 第46試合 ライトヘビー級 ムエタイルール
 ディオゴ(BCT)vs ファグナー・ラッチェル(ロロ・チーム)
 第47試合 ライトヘビー級 ムエタイルール
 マルコス“ザ・シャーク”ツバーラオ(チャクリキ・ブラジル) vs サルバトール・リアンドロ(FMT)
 セミファイナル 第48試合 ライトヘビー級 ムエタイルール
 バグナー・マストロドント(トップ・ブラザーズ)vs ギブラン・カルドソ(ブラジル松濤館)
 メインイベント 第49試合 ミドル級 ムエタイルール
 ジェラルド・タズ(チャクリキ・ブラジル) vs サウロ・リベイロ(チョック・タイ・チーム)

チャクリキブラジルからは、チャオ・チャクリキ選手、ローラン・マラカ選手、レナット・チョキート選手、ルーカス・ルーカオ選手、グスタボ・カルバーロ選手、マルコス・ツバーラオ選手、ジェラルド・タズ選手が出場いたします。
このところ好調な「ザ・グラジエーター」グスタボ・カルバーロ選手と「南海の人喰い鮫」マルコス・ツバーラオ選手の連勝記録更新に期待したいです。また、メインイベントを務めるジェラルド・タズ選手にも期待が掛かります。皆さま、応援、宜しくお願いいたします!

■2012年11月16日(金)  闘英館ブラジル勢の来日迫る!
いよいよ、あと1週間、11月22日(木)に「第1回世界闘英館空手道選手権大会」に参戦するブラジル選手団、約10名が来日を果たします。
写真、スーツの男性が、闘英館ブラジルで師範を務め、キックマッチやMMAマッチでも素晴らしい戦績を残している「南米最強の空手家」ヴィトル・トファネリ選手です。和田祥嗣選手、重松敦史選手にとって、この世界オープントーナメントを制することは、イコール、「打倒トファネリ!」に他ありません。
またヴィトル選手の右側が、10年間ほぼ無敗の「南半球最強の女子空手家」ヴィトル選手の実姉であるビビアネ・トファネリ選手です。ビビアネ選手と、空手ワールドカップ世界2位の荒木千咲き選手との一戦は関係者大注目の国際試合です。またヴィトル選手の左は中学生の部に出場するため来日予定のグスタボ・カマーゴ選手です。
ヴィトル・トファネリ選手率いるブラジル選手団は、来日直後の時差ボケも物ともせず、夕刻より闘英館にて猛練習を行うそうです。また来日翌日の11月23日は、選手団10名が揃って、同じ愛知県で開催される「ホーストカップ」の観戦に訪れるそうです。ブラジル選手団の目前で岡崎恵佑選手、兼田竜暉選手は闘うこととなります。
いよいよ来週、ホーストカップ、世界闘英館空手道選手権大会です。
岡崎恵佑選手、兼田竜暉選手、和田祥嗣選手、酒井勇太選手、重松敦史選手、荒木千咲選手に盛大なる応援、宜しくお願いいたします!
12111611.jpg 560×721 91K

■2012年11月15日(木)  ノブ ハヤシ、球舞イベントを鑑賞
12111509.jpg 560×716 81K
本日、東京渋谷、円山町のクラブ「O-EAST」にて、日本一のフリースタイル・フットボールチーム「球舞(キューブ)」のアトラクションが行われました。
球舞を率いる Marco 氏はオランダ時代からノブ ハヤシ選手と深い縁を持つ親友で、ノブ ハヤシ選手の白血病入院中は「ノブ ハヤシ支援基金」を立ち上げ、有志の募金を募って、有志の皆さま方のお力、ご支援を集めて、ノブ選手の治療費のサポートを行ってくださいました。
古くからの親友が大観衆の前でプレイする勇姿。この日、球舞を観る為だけにクラブを訪れたノブ ハヤシ選手も、益々、自分の「生きる道」であるリングへ戻り、闘い抜く決意が強くなったと思います。
ノブ ハヤシは必ず、チャクリキの闘いの最前線であるリングへ戻ってきます。皆さま、ノブ ハヤシのリング復帰、もう暫くお待ちください。

■2012年11月15日(木)  いよいよ瀧川リョウ、王座決定戦直前!
12111506.jpg 560×611 41K
いよいよ、11月18日(日)、ディファ有明の HEAT 25 にてヘビー級王座決定トーナメントに出場する瀧川リョウ選手の試合まであと3日に迫りました。
入場用のTVR撮影でも、これ迄に多くの修羅場を潜ってきた「ザ・リングマスター」は、気負うことなく、自然体で勝利を目指すとのコメントを出しました。
しかし、瀧川リョウ選手にとって、やはりこのトーナメントは2012年度最大の大一番であり、準決勝の強豪、プリンス・アリ選手、そして前戦で不覚をとった楠ジャイロ選手を決勝で下し、HEATヘビーの黄金のベルトを腰に巻く姿を、チャクリキ関係者なら誰もが見たい筈です。
皆さま、第3代HEATヘビー級王座を目指し、ディファ有明での王座決定トーナメントに臨む瀧川リョウ選手に、盛大なる応援、宜しくお願いいたします!!

■チャクリキ・ファイターズの試合予定
 11月18日(日)「HEAT 25」東京都江東区「ディファ有明」
 HEATヘビー級王座決定トーナメント1回戦 3分3R
 瀧川リョウ vs プリンス・アリ
 ※勝者が決勝戦にて楠ジャイロ vs ジュ・マンキの勝者と対戦
 60kg契約 3分3R 延長1R
 刃恭平 vs KING

 11月23日(金・祝)「ホーストカップ」愛知県「名古屋市国際会議場」
 63kg契約 3分3R
 岡崎恵佑 vs 安田慶二郎
 58kg契約 3分3R プロデビュー戦
 兼田竜暉 vs 竹内賢一

 11月24日(土)「ブラジルムエタイ選手権2012」ブラジル
 チャクリキ・ブラジル勢、大挙出場

 11月25日(日)「第1回世界闘英館空手道選手権大会」愛知県「刈谷市体育館」
 一般男子70kg以上の部出場
 酒井勇太
 一般男子70kg未満の部出場
 和田祥嗣
 重松敦史(松栄塾/チャクリキ選抜「武林大会」日本代表)
 一般女子55kg以上の部出場
 荒木千咲(志輝会館/チャクリキ顕修塾空手大会MVP)

 12月2日(日)「LEGEND 3」熊本県「益城総合体育館メインアリーナ」
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ
 女子キック 3分3R
 ロクサーナ・ガール vs 神風萸暉美

 12月8日(土)「SuperKombat WGP 決勝大会」
 SuperKombat WGP 開幕戦による選抜選手出場

 12月24日(月・祝)「ACCEL 22」兵庫県「神戸サンボーホール」
 ライト級 3分3R
 yama刃 vs Tiger育夫

 12月31日(月)「INOKI BOM-BA-YE 2012」東京「両国国技館」
 角谷正義出場予定

 12月31日(月)「GLORY GRAND SLAM」埼玉県「さいたまスーパーアリーナ」
 ブラドック・シウバ、ピーター・アーツ、ジェロム・レ・バンナ出場予定

■2012年11月15日(木)  ニコラス・モッタ選手、柔術特訓中!
12111501.jpg 560×350 57K
現在10連勝(9KO)無敗という素晴らしい記録を更新中の「戦慄のアイスボーイ」ニコラス・モッタ選手は、現在、MMA戦対策のため、リオ・デ・ジャネイロの柔術道場「アカデミア・アッパー」にて道衣を着ての柔術特訓に取り組んでおります(黒道衣がニコラス・モッタ)。
いつか日本でもそのファイトを見てみたいものです。

■2012年11月13日(火)  ブラジル・ムエタイ選手権 2012
12111378.jpg 560×792 145K
以前にこの項にてお伝えし、延期が発表された、カルロス・シウバ館長率いるブラジル・ムエタイ協会(BMTA)による「2012年ブラジル・ムエタイ選手権」ですが、11月24日(土)の開催となったようです。チャクリキ・ブラジル勢は勿論、大挙出場いたします。
チャクリキ・ブラジル選手の健闘を期待いたします。

また、11月18日(日)に東京「ディファ有明」で開催される HEAT 25 と、11月23日(金・祝)に愛知県「名古屋市国際会議場」にて開催されるホーストカップの試合順が決まりました。
HEAT 25 では第2試合にて瀧川リョウ選手がヘビー級王座決定のトーナメント準決勝に臨み、これに勝利すればトリプルメインイベントの第10試合にて王座決定戦に出場いたします。刃恭平選手は第5試合での出場となります。
ホーストカップでは、兼田竜暉選手は第1試合でのプロデビューマッチ、岡崎恵佑選手は第7試合での出場となります。ご確認よろしくお願いいたします。
また、12月24日(月・祝)に兵庫県「神戸サンボーホール」にて開催される ACCEL 22 への出場はyama刃選手に変更となりました。2012年に ACCEL、Bigbang で好勝負を繰り広げた実弟MO刃KI選手に続いて、yama刃選手も2013年は大きな勝負が訪れる予定です。情報、随時発表いたしますのでお楽しみにお待ちください。

■チャクリキ・ファイターズの試合予定
 11月18日(日)「HEAT 25」東京都江東区「ディファ有明」
 HEATヘビー級王座決定トーナメント1回戦 3分3R
 瀧川リョウ vs プリンス・アリ
 ※勝者が決勝戦にて楠ジャイロ vs ジュ・マンキの勝者と対戦
 60kg契約 3分3R 延長1R
 刃恭平 vs KING

 11月23日(金・祝)「ホーストカップ」愛知県「名古屋市国際会議場」
 63kg契約 3分3R
 岡崎恵佑 vs 安田慶二郎
 58kg契約 3分3R プロデビュー戦
 兼田竜暉 vs 竹内賢一

 11月24日(土)「ブラジルムエタイ選手権2012」ブラジル
 チャクリキ・ブラジル勢、大挙出場

 11月25日(日)「第1回世界闘英館空手道選手権大会」愛知県「刈谷市体育館」
 一般男子70kg以上の部出場
 酒井勇太
 一般男子70kg未満の部出場
 和田祥嗣
 重松敦史(松栄塾/チャクリキ選抜「武林大会」日本代表)
 一般女子55kg以上の部出場
 荒木千咲(志輝会館/チャクリキ顕修塾空手大会MVP)

 12月2日(日)「LEGEND 3」熊本県「益城総合体育館メインアリーナ」
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ
 女子キック 3分3R
 ロクサーナ・ガール vs 神風萸暉美

 12月8日(土)「SuperKombat WGP 決勝大会」
 SuperKombat WGP 開幕戦による選抜選手出場

 12月24日(月・祝)「ACCEL 22」兵庫県「神戸サンボーホール」
 ライト級 3分3R
 yama刃 vs Tiger育夫

 12月31日(月)「INOKI BOM-BA-YE 2012」東京「両国国技館」
 角谷正義出場予定

 12月31日(月)「GLORY GRAND SLAM」埼玉県「さいたまスーパーアリーナ」
 ブラドック・シウバ、ピーター・アーツ、ジェロム・レ・バンナ出場予定

■2012年11月13日(火)  チャクリキチーム in ルーマニア
トミー・ハーリック師範が撮影した、「SuperKombat」でのチャクリキチームのルーマニア遠征の写真です。
12111307.jpg 560×2042 142K

■2012年11月13日(火)  角谷正義 in チャクリキ本部
12111255.jpg 560×426 55K
トム・ハーリック会長より、昨日午前中のプロ練習の写真が送られてきました。
角谷正義選手はヘスディ・カラケス選手、ラウル・カティナス選手、そして日本遠征が間近に迫った「野生の黒豹」フランク・ムニョス選手らと、チャクリキ名物のノンストップ・スパーリングを日々重ねております。

■2012年11月13日(火)  IT'S SHOWTIME 最終大会
12111244.jpg 560×1521 140K
11月10日(土)、ブラジルのサンパウロにて IT'S SHOWTIME 大会が開催されました。これは本年の年頭スケジュールからあったもので、IT'S SHOWTIME が GLORY に買収された現在、事実上、最後の IT'S SHOWTIME 大会になるのではないかと見られております。
今年の年頭には、ブラジルの雄、アンダーソン“ブラドック”シウバ選手が IT'S SHOWTIME ブラジル大会のメインイベンターとして、エベルトン・ティシェイラ戦にて故郷に錦を飾る、などと大会予想がなされていましたが、本年の展開はこの予想を数段上回り、ブラドック選手は5月のK-1マドリード大会、10月のGLORYブリュッセル大会において、この2大イベントのメインイベンターを連続して務め、バダハリ戦、レミー・ボンヤスキー戦を経て、世界超一流選手の仲間入りを果たしたのは記憶に新しいところです。
今回の IT'S SHOWTIME サンパウロ大会では、ブラドック選手のブラジルでの練習拠点である「SUPER FIGHT CT」より3名の選手が出場し、大会を大いに盛り上げました。ブラドック選手も後輩選手のセコンドを務めました。下写真、両手を挙げているのが、チャクリキとも縁の深い SUPER FIGHT CT の代表であるブラズ・メッシーナ館長です。この両手人差し指を上に突き上げるポーズは、トム・ハーリック会長が選手紹介の際によく見せるポーズです。こんな所にもブラズ館長のトム会長へのリスペクトが見えます。
ブラドック・シウバ選手とブラズ・メッシーナ館長は12月31日(月)の「GLORY GRAND SLAM」さいたまスーパーアリーナ大会に待望の初来日を果たします。非常に楽しみです。

■2012年11月12日(月)  大和会館主催 空手選手権
grp1112175738.jpg 560×780 82K
昨日の新空手大会と同日には奈良県にて大和会館主催の空手選手権大会が開催されました。
本大会にはチャクリキ顕修塾より、小学5・6年生の部に孫田隼大選手が、一般軽量65kg以下の部に別所大志選手が出場いたしました。
結果は孫田隼大選手がトーナメント決勝を闘い準優勝、別所大志選手は見事、一般部での優勝という快挙を達成しました。
この優勝により別所大志選手には本年末の12月24日に行われる 大和会館主催の格闘技イベントの「覇王」に大和会館山本館長より出場のオファーを頂きました。ありがとうございます。

■2012年11月12日(月)  新空手 京都大会
12111202.jpg 560×745 78K
昨日行われました 新空手 京都大会 G-4小学6年の部に、チャクリキ顕修塾の小土井壱貴選手が出場し、見事、決勝戦まで進出いたしました。決勝戦では本戦にて決着が付かず、体重判定にて小土井選手は無念の涙を飲み、準優勝という結果となりましたが、決勝の大舞台で堂々と渡り合った小土井壱貴選手はまた一つ、大きな成長の証を見せたと言えるでしょう

■2012年11月12日(月)  チャクリキ・ブラジル
12111201.jpg 560×391 46K
このところ、オランダ本部からのニュースが多くを占めておりましたが、チャクリキ・ブラジルも活況を呈しております。送られてきた写真ではカルロス・シウバ館長、ニルディマー・アルビス選手、ジャーバス・デュトラ師範代、マルコス・ツバラーオ選手、グスタボ・オリベイラ選手、エベルトン・フェン選手らの元気そうな姿が確認できます。
また、各地のジムに盛んに出稽古を行っているため、写真には写っておりませんが、現在10戦無敗9KOのニコラス・モッタ選手も、「世界の赤鬼」為房厚志選手の王座を虎視眈々と狙っております。

■2012年11月11日(日)  SuperKombat 試合結果
昨日、ルーマニアにて開催されましたSuperKombat開幕戦では、チャクリキ期待のイブラヒム・アラブ選手が見事な判定勝ちを収めました。
またベンジャミン・アデビ選手と対戦予定であったアレクセイ・イグナショフ選手が急遽欠場となったため、欠場予定であったセルゲイ・ラシェンコ選手が、土壇場での出場となりました。トム会長曰く、ヘスディ戦のダメージが癒えていないラシェンコ選手にとって、この一戦は非常にハードなものとなり、1Rでのダメージをコーナーで主張したラシェンコ選手がTKO負けとなる結果となりました、チャクリキ所属となっての初戦、ラシェンコ選手にベストコンでションで闘って欲しかったのは偽らざるチャクリキ関係者の思いです。

イブラヒム・アラブ vs ゼバット・ポーツラック
http://www.youtube.com/watch?v=TMgNBgHhKoI

セルゲイ・ラシェンコ vs ベンジャミン・アデビ
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=pb7H5LRFxeU#!
12111105.jpg 560×3245 172K

■2012年11月10日(土)  SuperKombat WGP 記者会見
12111003.jpg 560×1383 147K
昨日、ルーマニア、クライオバ・スポーツホールにてSuperKombat WGP 開幕戦の前日記者会見が行われ、チャクリキよりイブラヒム・アラブ選手が参加いたしました。
対戦相手のゼバット・ポーツラック選手とのフォトセッションでは睨み合いがヒートし、一発触発の緊張感が漂いました。
いよいよ本日(日本時間では明日未明)、SuperKombat WGP 開幕戦のゴングです。イブラヒム・アラブ選手に応援、宜しくお願いいたします。

■チャクリキ・ファイターズの試合予定
 11月10日(土)「SuperKombat WGP」ルーマニア「クライオバ・スポーツホール」
 スーパーファイト ヘビー級
 イブラヒム・アラブ vs ゼバット・ポーツラック

 11月18日(日)「HEAT 25」東京都江東区「ディファ有明」
 HEATヘビー級王座決定トーナメント1回戦 3分3R
 瀧川リョウ vs プリンス・アリ
 ※勝者が決勝戦にて楠ジャイロ vs ジュ・マンキの勝者と対戦
 60kg契約 3分3R 延長1R
 刃恭平 vs KING

 11月23日(金・祝)「ホーストカップ」愛知県「名古屋市国際会議場」
 63kg契約 3分3R
 岡崎恵佑 vs 安田慶二郎
 58kg契約 3分3R プロデビュー戦
 兼田竜暉 vs 竹内賢一

 11月25日(日)「第1回世界闘英館空手道選手権大会」愛知県「刈谷市体育館」
 一般男子70kg以上の部出場
 酒井勇太
 一般男子70kg未満の部出場
 和田祥嗣
 重松敦史(松栄塾/チャクリキ選抜「武林大会」日本代表)
 一般女子55kg以上の部出場
 荒木千咲(志輝会館/チャクリキ顕修塾空手大会MVP)

 12月2日(日)「LEGEND 3」熊本県「益城総合体育館メインアリーナ」
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ
 女子キック 3分3R
 ロクサーナ・ガール vs 神風萸暉美

 12月8日(土)「SuperKombat WGP 決勝大会」
 SuperKombat WGP 開幕戦による選抜選手出場

 12月24日(月・祝)「ACCEL 22」兵庫県「神戸サンボーホール」
 ライト級 3分3R
 MO刃KI vs Tiger育夫

 12月31日(月)「INOKI BOM-BA-YE 2012」東京「両国国技館」
 角谷正義出場予定

■2012年11月09日(金)  世界闘英館空手道選手権大会 ポスター
12110801.jpg 560×792 121K
11月25日(日)の開催までいよいよあと2週間に迫って参りました「世界闘英館空手道選手権大会」の大会ポスターです。中南米に多くの選手を擁する闘英館らしく、本年4月の「ガラ5」の再現であるかのように、日本勢 vs ブラジル勢の真っ向勝負の様相を呈しております。特に和田選手と重松選手にとっては昨年度の「武林大会」での中国選手団との激闘に続いての、大勝負の国際戦となります。
皆さま、世界オープントーナメントの国際戦に挑む和田祥嗣選手、酒井勇太選手、重松敦史選手、荒木千咲選手に応援、宜しくお願いいたします!

■チャクリキ・ファイターズの試合予定
 11月10日(日)「SuperKombat WGP」ルーマニア「クライオバ・スポーツホール」
 スーパーファイト ヘビー級
 イブラヒム・アラブ vs ゼバット・ポーツラック

 11月18日(日)「HEAT 25」東京都江東区「ディファ有明」
 HEATヘビー級王座決定トーナメント1回戦 3分3R
 瀧川リョウ vs プリンス・アリ
 ※勝者が決勝戦にて楠ジャイロ vs ジュ・マンキの勝者と対戦
 60kg契約 3分3R 延長1R
 刃恭平 vs KING

 11月23日(金・祝)「ホーストカップ」愛知県「名古屋市国際会議場」
 63kg契約 3分3R
 岡崎恵佑 vs 安田慶二郎
 58kg契約 3分3R プロデビュー戦
 兼田竜暉 vs 竹内賢一

 11月25日(日)「第1回世界闘英館空手道選手権大会」愛知県「刈谷市体育館」
 一般男子70kg以上の部出場
 酒井勇太
 一般男子70kg未満の部出場
 和田祥嗣
 重松敦史(松栄塾/チャクリキ選抜「武林大会」日本代表)
 一般女子55kg以上の部出場
 荒木千咲(志輝会館/チャクリキ顕修塾空手大会MVP)

 12月2日(日)「LEGEND 3」熊本県「益城総合体育館メインアリーナ」
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ
 女子キック 3分3R
 ロクサーナ・ガール vs 神風萸暉美

 12月8日(土)「SuperKombat WGP 決勝大会」
 SuperKombat WGP 開幕戦による選抜選手出場

 12月24日(月・祝)「ACCEL 22」兵庫県「神戸サンボーホール」
 ライト級 3分3R
 MO刃KI vs Tiger育夫

 12月31日(月)「INOKI BOM-BA-YE 2012」東京「両国国技館」
 角谷正義出場予定

■2012年11月07日(水)  HEAT 25 迫る!!
12110781.jpg 560×792 159K
11月18日(日)ディファ有明にて開催される「HEAT 25」が迫って参りました。今回、第3代HEATヘビー級王座決定トーナメントが急転直下で決定したことを受け。ポスターのデザインも変更されました。王座決定トーナメントに臨む瀧川リョウ選手、プリンス・アリ選手、楠ジャイロ選手、ジュ・マンキ選手が大きくフューチャーされております。
いよいよ、瀧川リョウ、そして刃恭平選手にとって2012年度、最大の大勝負であるHEATまで、残すところ10日に迫りました。皆さま、瀧川リョウ選手、刃恭平選手に、盛大なる応援、宜しくお願いいたします!!

■HEAT 25
 日時/11月18日(日曜日)開場15:00 開始15:30
 会場/ディファ有明(東京都江東区有明1-3-25)

●試合カード
 HEATヘビー級王者決定トーナメント1回戦
 3分3R
 瀧川リョウ vs プリンス・アリ(イラン/志村道場)
 勝者が王座を懸けて 楠ジャイロ vs ジュ・マンキの勝者と決勝戦

 60kg契約 3分3R 延長1R
 刃恭平 vs KING(マッハ道場板東支部)

 総合ルール HEATウェルター級王座決定戦
 ストラッサー起一(コブラ会)vs イ・ギュミョン(CMA KOREA)
 他 好カード多数

 チケット/SRS席20,000円、RS席15,000円、S席9,000円
      A席7,000円、B席5,000円 ※当日券は500円UP
 チケットのお求めはメール info@chakuriki.jp
 または、チャクリキ二刃会 (072-237-5408)まで

■2012年11月06日(火)  世界闘英館空手道選手権大会、組み合わせ決定!
12110601.jpg 560×714 89K
いよいよ11月25日(日)の世界闘英館空手道選手権大会が迫っております。
昨日、無事にブラジルより来日する選手たちのビザが発給され、ブラジルからの選手たちは11月22日に来日することが確定いたしました。上写真左より南米地区最強の女性空手家、ビビアネ・トファネリ選手、中学生の部に参戦のマルセロ・セラフィム選手、同じく中学生の部出場のグスタボ・カマーゴ選手、そして南米地区最強のヴィトル・トファネリ選手、マルセロ・ドス・サントス選手です。
そして待望のトーナメント組み合わせも明らかとなりました。70kg未満の部には11選手が参加いたします。和田祥嗣選手は。2戦目で南米地区最強の空手家、ヴィトル・トファネリ選手と激突する公算が高いです。最大の難敵であるヴィトル選手を退け、待望の重松敦史選手との決勝戦が実現できるか? 要注目です。
また、70kg以上の部の参戦選手は4名ですが、酒井勇太選手以外は全て外国人選手という驚異のトーナメントとなりました。ここ最近、自らのパワーアップに余念のなかった酒井選手。そのトレーニングが外国人選手相手にどのように発揮されるのか期待です。
最近10年間、ほとんど無敗を誇り、数々の南米トーナメントを制してきた南半球最強の女性空手家、ビビアネ・トファネリ選手の名は有名で、トーナメント参戦を見合わせる選手が続出しました。その為、一般女子55kg以上の部では、荒木千咲選手とビビアネ・トファネリ選手の一戦で優勝者を決定いたします。先日のW・K・O空手ワールドカップでは「世界2位」の壮挙を達成した荒木選手にとって、「南半球最強選手」は正に願ってもない相手でしょう。
皆さま、世界オープントーナメントに挑む和田祥嗣選手、酒井勇太選手、重松敦史選手、荒木千咲選手に盛大なる応援、激励の程を、宜しくお願いいたします!

■チャクリキ・ファイターズの試合予定
 11月10日(日)「SuperKombat WGP」ルーマニア「クライオバ・スポーツホール」
 スーパーファイト ヘビー級
 イブラヒム・アラブ vs ゼバット・ポーツラック

 11月18日(日)「HEAT 25」東京都江東区「ディファ有明」
 HEATヘビー級王座決定トーナメント1回戦 3分3R
 瀧川リョウ vs プリンス・アリ
 ※勝者が決勝戦にて楠ジャイロ vs ジュ・マンキの勝者と対戦
 60kg契約 3分3R 延長1R
 刃恭平 vs KING

 11月23日(金・祝)「ホーストカップ」愛知県「名古屋市国際会議場」
 63kg契約 3分3R
 岡崎恵佑 vs 安田慶二郎
 58kg契約 3分3R プロデビュー戦
 兼田竜暉 vs 竹内賢一

 11月24日(土)「Nuit Des Champions」フランス、マルセイユ
 WKNムエタイ世界スーパーヘビー級王座防衛戦
 王者/ジェロム・レ・バンナ

 11月25日(日)「第1回世界闘英館空手道選手権大会」愛知県「刈谷市体育館」
 一般男子70kg以上の部出場
 酒井勇太
 一般男子70kg未満の部出場
 和田祥嗣
 重松敦史(松栄塾/チャクリキ選抜「武林大会」日本代表)
 一般女子55kg以上の部出場
 荒木千咲(志輝会館/チャクリキ顕修塾空手大会MVP)

 12月2日(日)「LEGEND 3」熊本県「益城総合体育館メインアリーナ」
 メインイベント ヘビー級 3分3R
 フランク・ムニョス vs アレックス・ロバーツ
 女子キック 3分3R
 ロクサーナ・ガール vs 神風萸暉美

 12月8日(土)「SuperKombat WGP 決勝大会」
 SuperKombat WGP 開幕戦による選抜選手出場

 12月31日(月)「INOKI BOM-BA-YE 2012」東京「両国国技館」
 角谷正義出場予定

■2012年11月03日(土)  岡崎恵佑選手、ホーストカップ出場決定!
12110302.jpg 560×1179 149K
アマチュア学生キック日本一の兼田竜暉選手のプロデビュー戦に続いて、チャクリキ二刃会の「陽気な斬込隊長」岡崎恵佑選手(下写真右)のホーストカップへの出場が正式決定いたしました。
しかも、相手は愛知県を本拠地とし、ナゴヤキック、ホーストカップ、Krushへと、その戦うリングをどんどん広げている人気選手の安田慶二郎選手(AXIS-J/下写真左)です。
安田選手は本年5月開催のホーストカップにも出場しており、地元選手ゆえに、ある意味で「ホーストカップの門番」とも呼べる存在です。ここで安田選手を倒し遠征先での自らの価値を上げるかどうかは岡崎選手の頑張り次第です。岡崎選手にとっても、本戦は2012年度最大の大勝負と呼べるでしょう。
皆さま、ホーストカップでの大勝負に臨む岡崎恵佑選手、兼田竜暉選手に盛大なる応援、宜しくお願いいたします!

■ホーストカップ「魂〜其之壱(スピリットワン)」
 日時/11月23日(金曜日・祝日) 開場15:00 開始16:00
 会場/名古屋国際会議場イベントホール(名古屋市熱田区西町1-1)
●試合カード
 63kg契約 3分3R
 岡崎恵佑 vs 安田慶二郎(AXIS-J)

 プロデビューマッチ 58kg契約 3分3R
 兼田竜暉 vs 竹内賢一(テンクローバージム、2010・11年J-NETアマ王者)

 メインイベント
 日下部竜也(大石道場)vs イリアス・ハジュイ(モロッコ、欧州王者)

 セミファイナル 57ko契約
 大石綾乃(大石道場) vs ヨアンナ(ポーランド、IFMA・WKN・J-girls 世界3冠王者)

 チケット/VIP席20,000円、SRS席12,000円、RS席8,000円
      S席6,000円、A席4,000円 ※当日券は500円アップ
 チケットのお求めはメール info@chakuriki.jp
 または、チャクリキ顕修塾 (072-206-3003)
 チャクリキ二刃会 (072-237-5408)まで

■2012年11月02日(金)  K-1 MAX 試合カード決定!
12110257.jpg 560×678 62K
K-1 MAX アテネ大会の試合組み合わせが決定いたしました。日本からは「ヒットマン」城戸康裕選手(谷山ジム)が出場いたします。K-1スペイン大会で「日本人キラー」シュー・イェン選手をKOしたバックハンドブローは鮮やかでした。
城戸選手と言えば、MO刃KI選手が小宮由紀博選手と激闘を繰り広げた「Bigbang 10」にてのメインイベントでの勝利も記憶に新しいところです。写真はMO刃KI選手と城戸康裕選手です。日本人選手代表として、城戸選手には魔裟斗選手に続くK-1 MAX 世界王座、掴んで貰いたいところです。
なお、今回のK-1 MAX 賞金額は、優勝賞金2,400万円、準優勝賞金800万円、第3位(2名)賞金400万円という物凄い賞金額が贈られるビッグイベントです。つまり、トーナメントに1回勝てば400万円、2回勝てば800万円、3回勝てば2,400万円と勝利によって高額の勝利ボーナスを得る方式です。文字通り「勝つ」と「負ける」では天と地ほどの差があります。
これが世界超一流の「プロフェッショナル」の世界です。

■K-1 WORLD MAX 2012 FINAL 8
 日時/12月15日(土)開場17:30(現地時間)
 会場/ギリシャ・アテネ「オリンピック・インドア・スポーツセンターOAKA」
    (7 Kifissias Ave. 151 23 Maroussi, Athens, GREECE)

■2012年11月02日(金)  瀧川リョウの盟友、長谷川選手もディファに出陣!
12110255.jpg 560×397 59K
瀧川リョウ選手の盟友であり、初代J-NETWORKヘビー級王者、現在は関西在住で、瀧川選手の西日本での試合には必ずセコンドを務められている長谷川康也選手(アクティブJ)の次戦も、奇しくも、瀧川選手が第3代HEATヘビー級王座に挑む11月18日(日)のHEAT 25 ディファ有明大会から1週間後の11月25日(日)、同じディファ有明にて開催される、新日本キックボクシング協会ビクトリージム主催大会「KICK-Insist 2」に決定いたしました! 当大会は日本対タイの6選手による国際対抗戦がメイン、セミファイナルに組まれておりますが、元J-NETWORKヘビー級王者だけに長谷川選手は堂々のセミ前の第9試合での出場です。対戦相手は、ホームであるビクトリージムの柴田春樹選手です。現在、新日本キック、日本ヘビー級1位の強豪選手です。しかもヘビー級戦では異例のヒジ有りルールで行われ、いやが上にも決戦ムードがわき起こります。
この試合より長谷川康也選手は心機一転、リングネームを改名し、長谷川獣兵衛(はせがわじゅうべえ)と名乗ります。長谷川選手らしい、非常に力強いリングネームです。
11月18日のHEAT 25 での瀧川リョウ選手、11月25日の KICK-Insist 2 での長谷川獣兵衛選手、1週間を空けて続くディファ有明決戦で、盟友揃っての歓喜の勝利を期待したいです。
皆さま、ディファ決戦に臨む瀧川リョウ選手、長谷川獣兵衛選手に応援、宜しくお願いいたします!

■KICK-Insist 2
 日時/11月25日(日)開場16:00 開始16:30
 会場/ディファ有明(東京都江東区有明1-3-25)
●試合カード
 第9試合 日本ヘビー級 3分3R ヒジ有り 延長無し
 長谷川獣兵衛(アクティブJ・元J-NETWORKヘビー級王者)vs 柴田春樹(ビクトリー・日本ヘビー級1位)
 他、日本対タイ6対6マッチなど好カード多数!

 チケット/RS席10,000円 A席7,000円 B席5,000円 立見(当日のみ)4,000円
 お問い合わせ/ビクトリージム TEL 0493-25-3338

■2012年11月01日(木)  大ニュース!! 瀧川リョウ、第3代HEATヘビー級王座獲りへ!!
12110125.jpg 560×728 96K
瀧川リョウ選手の、本年度最大の大一番がやって来ました!!
刃恭平選手の出場も決まっている11月18日のHEAT 25 ディファ有明大会において、HEATキックヘビー級王座決定のワンディ・トーナメントに満を持しての出場が決定いたしました!!
HEAT ヘビー級王者と言えば、初代王者にK-1 ジャパン王者の天田ヒロミ選手が就き、第2代王者は現WBCムエタイ世界王者のファビアーノ・サイクロン選手と、名だたる選手が腰に巻いてきた非常に価値のあるベルトです。この王座を巡って、4人の猛者がトーナメントで激突いたします。
トーナメント参戦選手は、
・瀧川リョウ(日本・ドージョーチャクリキ)
・プリンス・アリ(イラン・志村道場)
・楠ジャイロ(ブラジル・志村道場)
・ジュ・マンキ(韓国・テムキンカイジョ)
の4選手となります。非常に国際色豊かな出場メンバーであり、日本人として唯一出場の瀧川リョウ選手は、ホームの意地に懸けても第3代HEATヘビー級王座戴冠を果たして貰いたいところです。
トーナメントの組み合わせは、1回戦に於いて、瀧川リョウ選手は、最大の難敵である「イランの貴公子」プリンス・アリ選手と激突いたします。これに勝利すれば決勝戦にて楠ジャイロ vs ジュ・マンキの勝者と激突いたします。先だってのACCEL大会に於いてジャイロ選手に不覚を喫した瀧川選手としては、ジャイロ選手への雪辱も心に期している筈です。
瀧川リョウ選手にとって2012年最大の大勝負が訪れました。ワンディ・トーナメントを制し、第3代HEATヘビー級王座戴冠を狙う瀧川リョウ選手に盛大なる応援と、心からのエールを宜しくお願いいたします!!!

■HEAT 25
 日時/11月18日(日曜日)開場15:00 開始15:30
 会場/ディファ有明(東京都江東区有明1-3-25)
●試合カード
 HEATヘビー級王者決定トーナメント1回戦
 3分3R
 瀧川リョウ vs プリンス・アリ(イラン/志村道場)
 勝者が王座を懸けて 楠ジャイロ vs ジュ・マンキの勝者と決勝戦

 60kg契約 3分3R 延長1R
 刃恭平 vs KING(マッハ道場板東支部)

 総合ルール HEATウェルター級王座決定戦
 ストラッサー起一(コブラ会)vs イ・ギュミョン(CMA KOREA)
 他 好カード多数

 チケット/SRS席20,000円、RS席15,000円、S席9,000円
      A席7,000円、B席5,000円 ※当日券は500円UP
 チケットのお求めはメール info@chakuriki.jp
 または、チャクリキ二刃会 (072-237-5408)まで

また、11月10日(日)ルーマニア、クライオバ・スポーツホールでの SuperKombat WGP 開幕戦に出場予定であったセルゲイ・ラシェンコ選手ですが、ヘスディ戦のダメージが強く、欠場することになりました。残念です。

■2012年11月01日(木)  HEAT 25 ポスター
12110121.jpg 560×799 154K
HEAT 25 ディファ有明大会のポスターが完成いたしました。KING選手との対戦を控えた刃恭平選手の写真も使用されております。
HEAT 25 に関しましては、もう一つ、大きな発表が控えております。お楽しみに!

過去ログ 2004年10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月