Chakuriki Japan
広報部ニュース
トップ
広報部ニュース
English News
道場案内
選手紹介
Rules
Video Library
お問い合わせ
■2014年02月23日(日)  百花選手、試合結果
14022301.jpg 560×2593 251K
本日、新宿FACEにて開催されました「J-FIGHT&J-GIRLS 2014 1st」大会において、J-GIRLSピン級初代王座決定トーナメント一回戦にて443選手(フォルティス渋谷)と対戦した百花選手(T.B.NATION)は1Rより得意のローキックを武器にスピードのある動きを見せ、2Rには序盤にダイビングパンチを見せるなど、意外な攻撃を披露しました。しかし、流石ランキング1位の443選手は冷静で、百花選手の攻撃を受け止め、更に重いパンチやハイキック、ミドルキックで攻め返します。3Rには百花選手は鼻血を出しますが、構わず攻め込み「浪速の喧嘩小町」ぶりを発揮しますが、最後まで443選手の冷静さを崩す事は出来ませんでした。
判定で敗れた百花選手。試合後、松上師範も百花選手に説いておりましたが、ここ数年でテクニックは格段の向上を見せた百花選手ですが、それによって「良い試合」は出来ても、昔のようなガムシャラさが影を潜め、相手の動きを見過ぎてしまう傾向があったように思います。お互いが全てを懸けて「勝ち」を争うリングでは、技術力にプラスしての「アルファ」が必要です。そのプラスαが百花選手にとって何なのか? 昔のような勝ちたい気持ちからくるガムシャラさ、無我夢中の突進力…それらが頭で考えてから動くのでなく、本能的に相手を一気呵成に詰める事が出来れば、また百花選手は一皮剥けると思います。J-GIRLSで3連敗とプロデビュー以来最大のスランプに陥った百花選手。このどん底から這い上がり、更なる強さを手にする事を期待致します。

■2014年02月22日(土)  いよいよ明日は「J-FIGHT&J-GIRLS 2014 1st」
14022201.jpg 560×1216 217K
本日、夜行バスにて朝一での東京入りを果たした「浪速の喧嘩小町」百花選手(T.B.NATION)。大阪を発つ際には、ICO西日本女子王者の難波久美選手(契明ジム)の強烈な激励を受け、気合い充分で松上師範とともに計量に臨みました。計量結果は44.25kgで一発クリア。初めて自分の適正体重に極めて近いピン級(45.36kg以下)で闘える嬉しさを表情にしました。
しかし、相手は優勝候補の一角、J-GIRLSアトム級1位の443選手(フォルティス渋谷)です。果たして百花選手の王座決定トーナメント緒戦はどんな結果となるか、明日の決戦が楽しみです。

■J-FIGHT&J-GIRLS 2014 1st
 日時/2月23日(日)
 会場/新宿FACE
 http://www.shinjuku-face.com/access/
 開場/17:00(予定)
 試合開始/17:30(予定)
●チケット料金:
 VIP席 15,000円(特典つき、枚数限定)
 SRS席 9,000円 
 RS席 7,000円 
 S席 5,000円
 ※当日券は¥1,000増し

第1試合 46kg契約 2分3R
COMACHI(MSJ)vs 大川かおる(トイカツ道場)

第2試合 J-NETWORK新人王トーナメント一回戦 サバイバルマッチ1
武泰(Team Gale)vs 大地(蹴空ジム)

第3試合 ライト級 3分3R ※ヒジあり
和幸・ゴールドライフジム(ゴールドライフジム)vs 小磯哲史(TESSAI GYM)

第4試合 バンタム級 3分3R ※ヒジあり
林敬明(TSKjapan)vs 鰤鰤左衛門(NJKF・CORE)

第5試合 J-GIRLSピン級初代王座決定トーナメント一回戦  サバイバルマッチ1
松下えみ(T-KIX GYM)vs 吉野楓香(闘神塾)

第6試合 J-GIRLSピン級初代王座決定トーナメント一回戦  サバイバルマッチ1
百花(T.B.NATION)vs 443(フォルティス渋谷)

第7試合 J-GIRLSミニフライ級次期王者挑戦者決定戦準決勝 サバイバルマッチ1
美保(KFG URAWA)vs 三堀“SMILE”美弥子(Y'ZD GYM)

第8試合セミファイナル 60kg契約 3分3R ※ヒジあり
笠原淳矢(フォルティス渋谷)vs 羽田大輔(K&Kボクシングクラブ)

第9試合メインイベント J-NETWORKスーパーフライ級挑戦者決定戦 サバイバルマッチ1
優希(Desperado)vs よーじろー(WSRフェアテックス)

■2014年02月15日(土)  ACF2、難波久美 vs 水野志保。道頓堀ラストキックマッチ!
「ACF 2」の第8試合、道頓堀アリーナにおける最後のキックマッチとなったのはICO認定西日本女子王者・難波久美 vs 元J-GIRLSバンタム級王者・水野志保の一戦でした。
前日の計量で300gオーバーし、-1ポイントからのスタートとなった水野選手ですが、そのマイナスを取り返すべく、気合いの入った表情にて入場致します。セコンドには名古屋JKファクトリーの小森会長、「マッドドック」の異名を取った名ファイター・竹村健二選手。そして客席からは日本中量級最強選手の佐藤嘉洋選手が檄を飛ばすという最強の布陣で臨みます。
一方、約4年ぶりの大阪での公式戦となる難波久美選手も気合い充分。チャクリキの王者として、トレードマークのベルトのたすき掛けを見せ、元日本王者を向こうに回して、堂々の赤コーナーでの入場です。
試合前、奇しくも水野選手が語っていたように、難波選手も、水野選手もガンガン前へと出る同タイプ。試合は自然と相手の出足の潰しあいの様相を呈し、男子顔負けの激しい意地の張り合いが続きました。
そんな展開の中でも、ルールで1撃のみ許されたホールディングからのヒザ蹴りやテンカオを駆使して、徐々に水野選手がペースを掴み始めます。契明ジム・川田会長の声を背に受け、懸命に反撃する難波選手ですが、もがけばもがく程、水野選手に起点を潰される展開が続きます。相手に好きなようにさせないという意味では、この日の水野選手は本当に憎らしい位に巧かったです。
判定の結果は〔29-27、29-28、29-28〕。水野選手が計量でのビハインドをひっくり返し判定勝利を収めました。流石、約2年間に渡ってJ-GIRLSのバンタム級王座を保持し続けた水野志保選手の実力、技術は素晴らしかったです。
また、難波選手にとっても、このところ同世代や若手選手との対戦が多かっただけに、悔しい敗戦となりましたが、大ベテランである元日本王者の水野選手と拳を交え、得るものは多かったと思います。
お互いの意地が随所に見られ、好勝負というよりも、ゴツゴツとした荒い試合となった難波 vs 水野戦ですが、両選手のプライドが真っ向から火花を飛ばした一戦でした。今後も両選手が日本を代表する選手であり続けてくれることを願います。

この日の「ACF 2」大会、メインイベントでは昨年の若翔洋選手のMMA引退戦で金星を挙げた武士正選手が、今回は逆に若手の俊彦選手に秒殺されるなど、波乱の幕切れとなりました。また、昨年のチャクリキ ファイティング カーニバル 2013に参戦したジャパンプロレス2000の上野友暉選手は、グラップリング戦での相手のリベンジマッチを制し2連勝と、圧倒的な強さを見せました。
また、3月23日の「HOOST CUP LEGEND」でムエマラソン2冠王・ペットマンコン・ガイヤーンハーダオ選手と対戦する佐藤嘉洋選手の他にも、一週間後には東京にてJ-GIRLS初代ピン級王座決定トーナメントに臨む百花選手、前回の格闘技冬祭り2013に参戦頂いたエミNFC選手、昨年11月のチャクリキ大会に参戦頂いた守屋博昭選手など、多くのご関係者様にご観戦賜りました。ありがとうございました。
14021503.jpg 560×5195 386K

■2014年02月15日(土)  ACF2、龍鳳 vs ダイナモ☆聖夜
本日開催された「ACF 2」の第7試合では、プロ初勝利を目指してチャクリキ・ジャパン康心舘の龍鳳選手が、プロ2戦目のリングに臨みました。対戦相手は契明ジムのダイナモ☆聖夜選手。龍鳳選手と同じ17歳の高校生ファイターで、ダルビッシュ有選手と同じイランのハーフで抜群のイケメン選手です。
先だっての「HOOST CUP」では初代J-NETWORKヘビー級王者の長谷川獣兵衛選手のセコンドに付くという貴重な経験を重ねた龍鳳選手。今回は何と、長谷川選手が龍鳳選手のセコンドに付いてくれました。
互いにプロ初勝利を目指してケレン味無く激しくぶつかり合った若獅子達ですが、意外にも勝負は一瞬で付きました。僅か21秒、前に出て攻めようとした龍鳳選手の鳩尾に、ミドルキックを狙った聖夜選手のヒザが予想外のヒット。このダメージが深く、龍鳳選手は立ち上がれませんでした。龍鳳選手にとっては悔しい出合い頭の一発でした。
逆に聖夜選手にとってはこれ以上無い鮮やかなKOでデビュー戦を飾ることが出来ました。ルックスにスター性もあり、今後どのような選手になるのか楽しみです。
14021502.jpg 560×3418 241K

■2014年02月15日(土)  「ACF 2」試合結果
14021501.jpg 560×326 93K
本日、道頓堀アリーナで開催された「ACF 2」の試合結果です。
長年、「ムーブオンアリーナ」「道頓堀アリーナ」と名称を変え親しまれてきた大阪ミナミの格闘技、プロレス常設会場も、この2月にて長い歴史に幕を閉じます。ミナミの格闘技のメッカの、最後のキックルールマッチとして難波久美 vs 水野志保という注目カードを組めたことは非常に僥倖でした。Fighting Team A-TOYS様、契明ジム様、名古屋JKファクトリー様、本当にありがとうございました。
また、大会試合順と、6人タッグマッチの参戦選手に一部変更がありました。

■ACF 2 試合結果
 第1試合 グラップリング 3分1R
 獅子正 ○〔1分11秒 チョークスリーパー〕× カ・ヨウケン

 第2試合 グラップリング 3分1R
 強志男 ○〔0分35秒 アキレス腱固め〕× テッキー山口

 第3試合 グラップリング 3分1R
 松本モゲイラ光弘 ○〔2分50秒 腕ひしぎ逆十字〕× ジェームス三木

 第4試合 グラップリング 3分1R
 寛至〔引分〕フラットヒル

 第5試合 グラップリング 3分1R
 夜王〔引分〕ZEAL

 第6試合 グラップリング 3分3R
 上野友暉 ○〔2R0分48秒 アームバー〕× JIRO

 第7試合 キックルール 69.0kg契約 3分3R
 ダイナモ☆聖夜 ○〔1R0分21秒 KO〕× 龍鳳

 第8試合 キックルール 53.0kg契約 3分3R
 水野志保 ○〔判定 29-27、29-28、29-28〕× 難波久美

 第9試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
 カブキキッド&内田祥一&ラ・ピート〔14分21秒 体固め ○ 内田 vs 政岡 ×〕アグー松永&政岡純&ライパチ磯部

 第10試合 セミファイナル 30分1本勝負
 冨宅飛駈〔時間切れ引分〕マグニチュード岸和田

 第11試合 メインイベント グラップリング 5分2R
 武士正 ×〔1R0分30秒 フロントチョーク〕○ 俊彦

■2014年02月14日(金)  ACF 2 計量
13021401.jpg 560×1022 155K
本日、19:00より道頓堀アリーナにて「ACF 2」の公式計量が行われました。
チャクリキ康心舘の龍鳳選手は69.0kg契約を68.0kgにて一発クリア。ダイナモ☆聖夜選手は一度目の計量は69.2kg、二度目の計量にて、69.0kgジャストにてクリア致しました。
注目のカード、難波久美 vs 水野志保の計量は、53.0kg契約を、一度目の計量では難波53.3kg、水野53.5kgにて共にオーバー。2時間後に行われた再計量では、難波選手は53.0kgのジャストでクリア。水野選手は53.3kgにて300gオーバーとなり、ルールに基づき、1ポイント減点でのスタートとなりました。

計量後は各選手に試合直前のコメントを頂きました。是非ご覧ください!

http://youtu.be/d0Kq2ilZ7-c

■ACF 2
 日時/2月15日(土) 17:30開場 18:00開始
 会場/道頓堀アリーナ(旧ムーブオンアリーナ 大阪市中央区千日前1-8-21)
 主催/Fighting Team A-TOYS
 協力/ドージョーチャクリキ

●試合カード
 第1試合 グラップリング 3分3R
 上野友暉(ジャパンプロレス2000)vs JIRO(ISHIDO)
 第2試合 グラップリング 3分1R
 獅子正 vs カ・ヨウケン
 第3試合 グラップリング 3分1R
 強志男 vs テッキー山口
 第4試合 グラップリング 3分1R
 橋本モゲイラ光弘 vs ジェームス三木
 第5試合 グラップリング 3分1R
 寛至 vs フラットヒル
 第6試合 グラップリング 3分1R
 夜王 vs ZEAL

 第7試合 キックルール 69.0kg契約 3分3R(延長無し)
 龍鳳(チャクリキ康心舘)vs ダイナモ☆聖夜(契明ジム)

 第8試合 女子キックルール 53.0kg契約 3分3R(延長無し)
 難波久美(契明ジム/ICO西日本女子王者)vs 水野志保(名古屋JKF/元J-GIRLSバンタム級王者) 

 第9試合 プロレスリング 30分1本勝負
 GUNSO & カブキキッド & 内田祥一 vs アグー松永 & 政岡純 & ライパチ磯部
 第10試合 プロレスリング 30分1本勝負
 冨宅飛駈(パンクラスMISSION)vs マグニチュード岸和田(フリー)
 第11試合 グラップリング 5分2R
 武士正 vs 俊彦

 チケット/特別リングサイド5000円
      リングサイド4000円
      自由席3000円
      2階指定席4000円
      VIPルーム(最高5名まで入れます) 20,000円/1部屋

 チケット販売/チケットぴあ、ローソンチケット、A-TOYS
       モーニングプロダクション、バディスラム

 お問い合せ/道頓堀エンターテインメントシステム 070-5265-1822
       対応時間10:00〜18:00(月曜定休)

■2014年02月13日(木)  いよいよ「ACF 2」計量
grp0213230934.jpg 560×1209 206K
明日は19:00より「道頓堀アリーナ」にて「ACF 2」のキックマッチ公式計量が行われます。
試合本番は明後日です。好勝負となることを期待いたします。

■ACF 2
 日時/2月15日(土) 17:30開場 18:00開始
 会場/道頓堀アリーナ(旧ムーブオンアリーナ 大阪市中央区千日前1-8-21)
 主催/Fighting Team A-TOYS
 協力/ドージョーチャクリキ

●試合カード
 第1試合 グラップリング 3分3R
 上野友暉(ジャパンプロレス2000)vs JIRO(ISHIDO)
 第2試合 グラップリング 3分1R
 獅子正 vs カ・ヨウケン
 第3試合 グラップリング 3分1R
 強志男 vs テッキー山口
 第4試合 グラップリング 3分1R
 橋本モゲイラ光弘 vs ジェームス三木
 第5試合 グラップリング 3分1R
 寛至 vs フラットヒル
 第6試合 グラップリング 3分1R
 夜王 vs ZEAL

 第7試合 キックルール 69.0kg契約 3分3R(延長無し)
 龍鳳(チャクリキ康心舘)vs ダイナモ☆聖夜(契明ジム)

 第8試合 女子キックルール 53.0kg契約 3分3R(延長無し)
 難波久美(契明ジム/ICO西日本女子王者)vs 水野志保(名古屋JKF/元J-GIRLSバンタム級王者) 

 第9試合 プロレスリング 30分1本勝負
 GUNSO & カブキキッド & 内田祥一 vs アグー松永 & 政岡純 & ライパチ磯部
 第10試合 プロレスリング 30分1本勝負
 冨宅飛駈(パンクラスMISSION)vs マグニチュード岸和田(フリー)
 第11試合 グラップリング 5分2R
 武士正 vs 俊彦

 チケット/特別リングサイド5000円
      リングサイド4000円
      自由席3000円
      2階指定席4000円
      VIPルーム(最高5名まで入れます) 20,000円/1部屋

 チケット販売/チケットぴあ、ローソンチケット、A-TOYS
       モーニングプロダクション、バディスラム

 お問い合せ/道頓堀エンターテインメントシステム 070-5265-1822
       対応時間10:00〜18:00(月曜定休)

■2014年02月10日(月)  天田ヒロミ選手、「週刊大衆」取材
本日、東京新宿区の株式会社双葉社本社にて、天田ヒロミ選手が「週刊大衆」の取材を受けました。
40歳にして羅王丸選手を下し、RISEヘビー級王座への挑戦権を獲得した天田選手。その姿は全国の中高年に大きな夢を与えるとして企画されたものです。
思えば2004年にK-1 静岡大会のメインイベントでノブ・ハヤシ選手とK-1 JAPAN 王座を争ってから丸十年。常に日本ヘビー級のトップであり続けた天田選手の長き活躍は驚嘆に値します。
インタビューではK-1時代の仰天エピソードや、最近のトレーニングに関してなど、色々な話が飛び出しました。3月17日(月)に発売の「週刊大衆」に掲載予定です。お楽しみにお待ちください。
14021001.jpg 560×1206 110K

過去ログ 2004年10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月