Chakuriki Japan
広報部ニュース
トップ
広報部ニュース
English News
道場案内
選手紹介
Rules
Video Library
お問い合わせ
■2005年07月31日(日)  中村達也、嬉しい初勝利!! 鬼島雅治、無傷の4連勝!!
31-2.jpg 230×400 144K本日、大森でR.I.S.E.の「KAMINARIMON ワンマッチ大会」が開催され、アマチュア部門にチャクリキ・ジャパンから5名の選手が参加しました。試合結果は以下の通りです。

Cクラス 3min×1R(4ポイント先取制)
○中村達也vs中村 剛●(4-1)ポイント先取勝ち
●島田大介vs塩野通男○(0-4)ポイント先取負け
Bクラス 2min×2R
○鬼島雅治vs白井洋士● 判定勝ち(3-0)
●千葉政典vs夏井智之○ 2R1分45秒 KO負け
Aクラス 2min×3R
●藤田智也vs伊藤昌臣○ (ローブローにより試合続行不可能、2R時点迄で集計、判定負け)

特筆すべきは、前回4月24日の大会で涙を飲んだ中村達也選手が2戦目にして、嬉しい初勝利を勝ち取ったこととです。中村選手、おめでとうございます。
また、注目の鬼島雅治選手は、金的を受けたり、顔面への膝攻撃でイエローカードをもらうなど、やや荒れた試合展開となったものの、落ち着いた試合運びを取り戻し、判定勝利を収め、無傷の4連勝を達成しました。
写真は勝利を収めた2選手。上が中村選手、下が鬼島選手です。ともにロープ際に追いつめた相手にパンチでラッシュをかけている場面です。
藤田選手は第3ラウンドで放ったキックが金的に入り、伊藤選手が試合続行不可能となったため、2Rまでの判定により敗れました。他の2選手も残念な結果となりましたが、「明日へのリベンジ」を誓って、“前へ、前へ”と頑張りましょう。
この大会はじっくり観戦できたので、明日から1試合ごとの観戦記を書こうと思っています。

さて、本日のテレビを観戦された方はご存じと思いますが、ノブ ハヤシ選手、K-1ハワイGPにて、カーター・ウィリアムス選手に判定負けを喫しました。5月のパリ戦とは違って、「前に出る」というチャクリキ魂は見せましたが、プロ選手は結果が全てです。また明日からノブ選手は勝利へ向けての“闘い”をスタートさせます。まずは「お疲れさま」の声を掛けてあげたいと思います。しかし、やはり次の戦いに向け激励したいとも思います。道場生の皆さまも、ノブ選手を力づけ、もっともっと頑張れるように、激励叱咤、ハッパをかけてください。頑張ろう、もう一回だ、ノブ!!

■2005年07月28日(木)  KAMINARIMON ワンマッチ大会
7月31日(日曜日)の「KAMINARIMON ワンマッチ大会」も間近に迫り、調整中だった藤田智也選手のカードも決定し、全てのカードが出揃いました。もう一度記載いたします。

Cクラス 3min×1R(4ポイント先取制)
●第8試合 中村達也vs中村 剛(TARGET)
●第9試合 島田大介vs塩野通男(TARGET)

Bクラス 2min×2R
●第5試合 鬼島雅治vs白井洋士(龍道場)
●第20試合 千葉政典vs夏井智之(子へびクラブ)

Aクラス 2min×3R
●第8試合 藤田智也vs伊藤昌臣(シルバーウルフ)

JR大森駅、ゴールドジム7階。11:00試合開始。選手の方は10:00計量なので9:30目安に集合してください。

選手紹介いたします。下写真、左から中村選手、島田選手、鬼島選手、千葉選手、藤田選手です。
28.jpg 500×160 123K

■2005年07月27日(水)  セミナーの写真
27.jpg 230×380 124Kブランコ・シカティックのキックボクシングセミナーの記念写真が仕上がりました。道場生には来週、一般参加者には郵送で順次お渡ししますのでお楽しみに。
下はブランコ選手と若翔洋選手の珍しいツーショットです。

このセミナーの様子は「格闘技通信」でも取り上げてくださるようです。8月8日号の予定とか……楽しみです。

■2005年07月26日(火)  ハワイGP制覇へ!! ノブTake Off!!
26.jpg 230×336 106K今日、台風というバッドコンディションも吹っ飛ばして、ノブ選手以下チャクリキ軍団が成田空港からハワイへ向け出発しました。狙いはハワイGPの栄冠ただ一つ!! 頑張れノブ!!
写真はハワイへの準備をするノブ選手。意外なことにハワイは初めてだとか。準備にも余念がありません。
道場生の皆さん、ハワイまでノブ選手に『気』を送ってください。

7月31日(日曜日)のR.I.S.E.のアマチュア大会「KAMINARIMON ワンマッチ大会」も近づいて参りました!! カードが一部発表となりました。

Cクラス 3min×1R(4ポイント先取制)
●第8試合 中村達也vs中村 剛(TARGET)
●第9試合 島田大介vs塩野通男(TARGET)

Bクラス 2min×2R
●第5試合 鬼島雅治vs白井洋士(龍道場)
●第20試合 千葉政典vs夏井智之(子へびクラブ)

日曜日、11時より、大森のゴールドジムサウス東京アネックス(7階)です。応援宜しくお願いいたします。

■2005年07月25日(月)  いよいよ明日! ノブ選手出発です!!
25.jpg 230×370 103Kいよいよ明日26日、ノブ選手、辰野本部長、吉田先生が成田空港よりハワイGPへ出発されます。台風の接近でフライトが少し心配ですが……一昨日、昨日のスパーリングも好調で、良コンディションを維持しているノブ選手、きっとやってくれる筈です!!
今日はノブ選手に同行して、ファイテン本社の安田さんの所へ行ってきました。安田さんはノブ選手の整髪をいつもやってくださる方で、今回はハワイGPに気合いを入れるため、スペシャル・バージョンになっています。名付けて『ダイヤモンド・ヘッド・カット』。どんなにスペシャルかはテレビ中継で確認してください。精悍な感じで、なかなかGOODです。(写真は散髪前です)
オンエアは全国のフジテレビ系列で7月31日(日曜日)の22:00〜23:45『K-1 ワールド GP 2005 in ハワイ』です。

明日からハワイGPの為、道場は8月1日までお休みとさせて頂きます。ご了承ください。
チャクリキよりのメール連絡のため、メールアドレス登録をしています。練習生の方で、メールアドレスをお持ちの方は、「お問い合せ」より氏名のみを入れた空メールしてください。緊急の連絡事項等送信するように致します。宜しくお願いいたします。

■2005年07月23日(土)  ノブ選手ハワイ獲りへ、視界良好!!
23.jpg 230×238 76K7月21日にチャクリキ・ジャパンにて行われた「ブランコ・シカティックのキックボクシングセミナー」もとどこおりなく終了!! 兵庫県や福岡県から駆けつけた一般参加者も居ました。“伝説の拳”の指導を受けた道場生の皆さんは、今後の修練に役立ててください。
盛り上がった懇親会の翌日22日ブランコは帰国の途につきました。この来日中、ノブ選手とブランコ選手は一緒に居る機会が多く、事ある毎に、ノブ選手に色々なアドバイスを送っていました。ブランコ選手曰く「現在の日本人選手の中で、世界王者になる要素を一番多く持っているのがノブ選手だ。彼の能力がバランス良く発揮されれば、彼は偉大なチャンピオンになる」と、彼は我々スタッフに断言し、クロアチアへ戻りました。チャクリキの大先輩であるブランコ選手の期待に応えるためにも、ノブ選手のハワイGP制覇応援しましょう!!
そのノブ選手、昨日、今日とニコラス・ペタス選手や宮本正明選手というチャンピオンクラスの選手との激しいスパーリングを行い、最終調整に余念がありません。調子の方もいいようです。頑張れ!!

個人情報保護の意味もあって、「会員名簿」と「道場生のみなさまへ」のコーナーはパスワード制にさせていただきました。個人個人の国際チャクリキ協会の番号を入力すればアクセスできます。道場生のみに伝えたい伝言等ございましたら、「お問い合せ」よりメールください。「道場生のみなさまへ」のコーナーに掲示いたします。それ以外の伝言等は「掲示板」をご利用ください。

また、7月31日(日曜日)大森のゴールドジムサウス東京アネックス(7階)にてR.I.S.E.のアマチュア・ワンマッチ大会が開催されます。チャクリキ・ジャパンからも中村選手、島田選手、鬼島選手、千葉選手、藤田選手の5名が出場予定です。10時から計量なので選手の皆さんは各自準備し、9時半ぐらいまでには集合してください。試合開始は11時です。道場生の皆さん応援よろしくおねがいいたします。K-1ハワイ大会のため道場は7月26日 (火曜日)〜8月1日(月曜日)まで、臨時休館となりますが、特例として、7月31日の試合参加選手は26日〜29日の13時〜17時に限り、道場で調整等を行えるようにしておきます。詳細等はメールか電話にてお問い合せください。

なお本日の地震に関しましては、道場等に被害はありませんでしたのでご安心ください。

■2005年07月21日(木)  K-1 WORLD MAX横浜アリーナ
21-2.jpg 230×286 96K昨日7月20日は13時から日本財団にてブランコ・シカティックのセミナーがありました。大勢の人が詰めかけ、大盛況!! ブランコ選手の話は面白いし、分かりやすかったです。きっと今日のチャクリキでのセミナーでも記憶に残るキックボクシングセミナーとなるでしょう。(写真はブランコ選手とノブ選手によるデモンストレーション)

それから、ブランコ選手とノブ選手と若翔洋選手と鬼島選手と『K-1 WORLD MAX』を観戦。盛り上がっていた大会だけに、魔裟斗選手、骨折のリタイヤ残念でした。
いつかこのリングに鬼島選手をはじめとするチャクリキ中量級陣が、登場するのが、広報はじめ道場みんなの願いです。頑張りましょう!!

帰り道は若翔洋選手の車(代車)でブランコ選手とノブ選手が同乗して東京まで……スーパーヘビー級戦士3名が乗ったので、車が大丈夫かなと心配でした。

■2005年07月20日(水)  ブランコ・シカティックの試合結果など
20.jpg 230×253 85K一昨日、7月18日に後楽園ホールにて、7年ぶりとなる日本でのブランコの試合がありました。
2分2R、20オンスグローブ着用というエキジビション的な要素の強い試合ではありましたが、後楽園ホールに集まったファンはブランコに大きな声援を送りました。判定では(1-0)でブランコ優勢でしたが、2票以上の規定によりドローとなりました。対戦相手の金山裕文選手は試合後、伝説の男と闘えたことに謝意を伝え、ホールは大きな拍手に包まれました。
セコンドにはノブ選手が付き、レイ・セフォー選手も駆けつけ、伝説の男を祝福しました。

今後のブランコは講演活動をこなし、ノブ選手の練習相手を務めます。“伝説の拳”からノブ選手が、どんな教えを受けるのか楽しみです。

ノブ選手、バッド・コンディションに悩まされたパリ大会とは違って、調子の方は良いようです。ハワイGP、期待できます。

いよいよ明後日、7月21日にはブランコ・シカティックのキックボクシングセミナーが行われます。練習生の皆さん、世界を獲った伝説の拳を体感してください。

■2005年07月15日(金)  臨時休館、授業時間変更のお知らせ
7月29日(米国現地時間)ノブ ハヤシ選手のK-1ハワイGP出場の為、チャクリキ・ジャパンは7月26日(火曜日)〜8月1日(月曜日)まで、臨時休館となります。何卒、ご理解の程、宜しくお願いいたします。
尚、この休館をもってお盆休みと替えさせて頂きますので、今年度は、お盆休みはありません。

また、7月20日(水曜日)より少年部の授業の時間割が変更となりますのでご注意ください。これまでは二部制を採っていましたが、20日より一部制となります。
毎週の月曜日・水曜日・金曜日の17:30〜18:30となりますのでお間違えのないようお願い致します。

この為、少年部の授業は7月27日(水)、7月29日(金)、8月1日(月)がお休みとなります。

■2005年07月14日(木)  ノブ、ハワイGP電撃参戦!!
14.jpg 230×334 60K昨日、第一報をお伝え致しましたが、ノブ ハヤシ選手のK-1ハワイGP大会への電撃参戦が決定いたしました。
7月29日(現地時間)、米国ハワイ、アロハ・スタジアム。アメリカンフットボールの大試合も開催される、とても大きな会場です。当初の発表ではこの大会のGPトーナメントには、天田ヒロミ選手と藤本祐介選手の2名が日本代表としてエントリーされていましたが、2004年の日本王者である天田選手の体調不良のため、2004年の準GP王者のノブ選手に白羽の矢が立ったのです。
前回のパリGPでは腰痛の悪化のため、不本意なファイトとなってしまい、自分への苛立ち、トム・ハーリックの叱咤、少年部の練習生たちの期待を裏切ったこと……そんな悔恨の思いを独り胸に秘めて、ノブ選手はこの二カ月間、誰よりも道場に居続け、猛練習を重ねました。月初には、沖縄の『神風塾』で吉田先生とマン・ツー・マンの強化キャンプを張り、格闘家の原点に立ち返り、ひたすら『強さ』を求め、精進を続けました。そんなノブ選手の姿を皆さんも目撃したはずです。
前回大会、誰よりも悔しかったのはノブ選手ですが、それと同じくらいチャクリキ・ジャパンのスタッフ、道場生の皆が「畜生〜!!」という悔しさと、「ノブ選手はこんなもんじゃない」という想いに駆られました。ノブ選手は「皆の気持ちを背負って闘う事が、本当の意味で出来なかった」と激しく悔い、「今度は絶対にやってやる」と決意しました。ハワイ大会ではノブ選手は、きっとチャクリキの全てを背負って、リングに立ってくれるはずです。
ノブ ハヤシから始まったチャクリキ・ジャパン。そして、今、名実ともチャクリキのナンバーワン・ファイターであるノブ選手こそが『ミスター・チャクリキ』です。過去、ブランコ・シカティックやピーター・アーツが築いた「チャクリキこそ世界一だ!」という黄金時代を、復活させてくれる予感がします。
1回戦は実力者、カーター・ウィリアムスとの激突!! 復活を遂げた“強いノブ ハヤシ”を見せてくれるに違いありません。
頑張れノブ!! 頑張れノブ!!

本日よりチャクリキHPの掲示板がオープンいたしました。皆さんどんどん書き込んでください。お願いします!!

■2005年07月13日(水)  K-1ハワイ大会緊急速報!!
13-2.jpg 230×336 85K大ニュースです!!
ノブ ハヤシ選手のK-1ハワイ・グランプリ(7月29日アロハスタジアム)参戦が電撃決定しました!!
パリ大会の捲土重来を誓って二カ月、猛特訓と沖縄合宿を乗り越えたノブ選手は今度こそやってくれる筈です!! 声を限りに応援しましょう!!
テレビ中継はフジテレビ系列で7月31日の22:00からの予定。
頑張れノブ!! 頑張れノブ!!

太子郎選手が正式にチャクリキ・ジャパンの所属となりました。これでプロ選手が4名。順次ニュースと選手紹介のコーナーにアップしますので見てください。また、試合情報も随時掲載していきます。お楽しみに。

■2005年07月11日(月)  “伝説の拳”ブランコ・シカティック(その3)
11.jpg 230×292 85Kリングを降りたブランコはとてもジェントルマン(紳士)です。ヨーロッパの格闘技界では「チャクリキの選手は皆リングを降りれば紳士的だ」とよく言われます。皆さんも、そのチャクリキの一員である事に誇りと自覚を持って、他者と接しましょう。
また、ブランコはとても男気に溢れた人物です。前回の来日でイワンが負けた際(勝負ですから負けることもありますが)、何度も何度も「申し訳ない」と大きな身体を屈めて謝っていました。「弟子の敗北も自らの責任である」と男らしく考えての行動でした。
現役選手には厳しいです。前回は久々の来日だったので、ブランコは『お寿司』を食べたいと言いましたが、イワンには試合前で慣れない食事で腹を壊してはいけないと、「お前はこれを食え」と言ってスパゲッティを食べさせました。その横でブランコはおいしそうにお寿司を食べました。イワン、ちょっと可哀想でした。そんな悪戯っ子のような愛すべき一面もあります。
同じく自身のコンディション作りにも厳しいです。ある大きな格闘技大会に1カ月前に出場を、高額のギャランティでオファーされた時も、「3カ月ないと試合用のコンディションが作れない」と断りました。私などはギャラが良かったので「もったいない」と思いましたが、そこが世界を獲った男のプライドなのです。
気は優しいが、練習や自分自身に厳しい男、ブランコ・シカティック。まさに“ナイス・ガイ”と表現するのがピッタリでしょう。ブランコに会えば、その優しい笑顔の奥、その目の奥に「自己への厳しさ」を感じずには居られないでしょう。ブランコの来日はもうすぐです。今回は試合もありますのでベストコンディションで来てくれることでしょう。

さて、韓国のWXF X-Impact World Championship(総合格闘技大会)に出場した太子郎選手が帰国いたしました。試合の方は1回戦で判定の末、敗北を喫しましたが、その相手がトーナメントを制しましたので、1回戦が事実上の決勝戦だったとの評価も得ています。試合早々相手のローキックで膝を負傷した太子郎選手ですが、角界出身者のド根性を発揮し、最後まで戦い抜きました。ジムで太子郎選手に会ったら、「大会お疲れさまでした!」と声を掛けましょう!!

プロレスラーの橋本真也さんが本日、横浜市立大付属市民総合医療センターで亡くなられました。同じ格闘技の世界の者として心よりお悔やみを申し上げます。

■2005年07月10日(日)  “伝説の拳”ブランコ・シカティック(その2)
ブランコ・シカティックのもう一つの顔とは、「格闘技の優秀な指導者」としての顔です。チャクリキの兄弟ジムとしてクロアチアに「タイガージム」を設立したブランコは、クロアチアから自分に続く世界レベルの選手を育てるために尽力します。そしてそのジムから最初に育った一流プロこそが、あのミルコ・クロコップ選手なのです。デビュー当時ミルコはタイガージム出身であることからミルコ・ザ・タイガーのリングネームでK-1に参戦していました。その後のミルコの活躍は皆さんの方がお詳しいでしょう。残念ながらミルコは諸事情(クロアチア独特の民族的な問題)によってタイガージムを離れますが、彼の基礎はブランコの指導によって培われたものなのです。
ヨーロッパで開催されている“M-1”という格闘技大会がありますが、そこの優勝者であるイワン・ルーデン選手もブランコの生徒です。イワンは一昨年、新日本プロレスが横浜アリーナで行った格闘技試合に招かれ、ブランコと一緒に来日し、K-1の巨人、ヤン・ザ・ジャイアント・ノルキアと対戦しました。残念ながら日本での初戦という事であがってしまい、十分に実力を発揮することなく敗北しましたが、この時の来日でブランコやイワンのアテンドをしたのが、現在のチャクリキ・ジャパンのメンバーでした。
イワンの来日中にこんな事がありました。デモンストレーションのため、当時ノブが練習していた「伊原道場」(ボブ・サップや小川直也、永田裕志も練習しています)にて公開練習を行った際、ヨーロッパチャンプであるイワンのミット受けをしているブランコの方が、迫力、スピードともに素晴らしく、まだまだ現役で通用するレベルである事に、取材陣が一様に驚嘆の声を挙げていました。

21日は、そんなブランコ・シカティックの指導が日本に居ながら受けられる、二度と無いかも知れないチャンスです。ミルコの強さの秘密を知る……何人ものチャンピオンを育てた指導を直接受ける……道場生の皆さんはこのチャンスを自らの「強さ」を磨くために是非、活かしてください。
受講希望者は辰野本部長に申し出るか、このホームページの「お問い合せ」から申し込んでください。
明日はブランコの人柄について書きたいと思います……(続)

■2005年07月09日(土)  “伝説の拳”ブランコ・シカティック(その1)
09.jpg 236×283 62K今日から7月15〜21日に来日する、チャクリキのOBであり、初代K-1グランプリチャンピオンであるブランコ・シカティックの事を書いていきたいと思います。ブランコが優勝したのは1993年ですからもう12年前の事になり、リアルタイムでブランコの活躍を知らない道場生の方も多いのではないでしょうか。
当時、優勝候補には大物モーリス・スミスや世界レベルで活躍中のピーター・アーツ、日本最強の佐竹雅昭の名が挙がっていましたが、大番狂わせが続出し、決勝戦に進出したのは、その時点では無名の存在であったブランコ・シカティックと“ミスターパーフェクト”アーネスト・ホーストでした。ブランコはそこまでの全試合にKO勝ちするというド派手な試合を連発し、決勝戦でもホーストをパンチで失神させました。KO率100%のブランコの右の拳は一夜にして『伝説』となったのです。ある試合で骨にまで達する裂傷を負った時には「チャクリキに痛いという感情は無い」という名セリフを残し、チャクリキの名を満天下に知らしめました。(ちなみにこのK-1時代の写真は河村正和さん撮影です)
K-1での活躍後、ブランコは一時的に格闘技の表舞台から消えます。それは、祖国クロアチアの独立戦争に参加するためでした。クロアチアの独立に尽力し、世界的な大会で最初にクロアチアの国旗を掲げた(独立前に!!)人物として、ブランコ・シカティックとサッカーのボバンはクロアチアでは英雄的存在なのです。ある意味、大統領より有名と言えるでしょう。
クロアチアの独立が成立すると、ブランコは第2回PRIDEのメインイベントでマーク・ケアと対戦しますが、ロープを掴んではいけないというプライドのルールが上手く伝わって無く、反則負けを喫しました。この試合の為にブランコは3カ月間、ロープを掴んでケアのタックルを防ぐ練習をしていましたから、これは仕方のない結果でした。
今回の来日では、7月18日に後楽園ホールで極真空手の金山裕文と対戦します。この大会にはアンドレ・マナート(レミー・ボンヤスキーの師匠)、藤原敏男、平直行など一時代を築いた伝説の男達が参戦します。
また、ブランコにはもう一つ、指導者としての顔もあります。チャクリキの兄弟ジムとしてクロアチアで『タイガージム』(タイガーはブランコの異名、ブランコ“ザ・タイガー”シカティック)を設立し後進の指導にあたっているのです。明日はこの話を……(続)

■2005年07月08日(金)  ノブ選手帰京!!
沖縄合宿から昨日ノブ選手が東京へ帰ってきました。灼熱の沖縄で、他のことに気を取られることなく思う存分練習に打ち込んだノブ選手、きっと一段と格闘家としての“強さ”を得たことでしょう。沖縄の合宿は『神風塾』を中心に行われました。いつもノブ選手のセコンドを務めてくださる、沖縄格闘連盟の委員である金城さんの所属するジムです。気心の知れた指導陣や、現在ノブ選手の専属コーチを務めてくださっている元プロボクシング世界ランカーの吉田先生が同行され、ノブ選手の合宿は充実した内容となったようです。練習生の皆さんもノブ選手に沖縄の土産話を聞いてみてはどうでしょうか。

7月21日のブランコ・シカティックのキックボクシングセミナーには、撮影に吉本興業の専属カメラマンでロンドンブーツなどの宣材写真を撮影しておられるプロ写真家の河村正和さんが来られます。チャクリキ選手のプロフィール写真を当日21日に撮っていただけるという事なので、プロ選手、アマチュア選手問わず、この機会に是非、撮影しておいてください、広報よりお願い致します。希望者はメール(お問い合せのコーナーからでOKです)か広報・甘井まで申しつけください。

また、本日よりノブ ハヤシ選手のブログが復活します。ノブの日記や過去の書き込みなど、一度覗いて見てください。

写真は太子郎選手が参加して韓国で行われるX-Impact World Championshipのホームページ、太子郎選手の紹介(右下)です。
08.jpg 300×210 81K

■2005年07月07日(木)  HERO'S代々木第1体育館/観戦記
07.jpg 230×280 81KHERO'S、会場やテレビでご覧になられた方はご存じのように、若翔洋関は1R1分36秒KO負けという結果になりました……が、実際にリングサイドで観ていた感想は、「大健闘! あと一歩で勝っていた!」と言って良いほどの好試合でした。アーツの打撃を封じるために素早く懐に入り、組んで、腹を合わせてからの一気呵成の投げで、ピーター・アーツから最初のテイクダウンを奪い、そのまま体重を利してチョークを狙う……序盤から練習通りの展開に持ち込むことが出来たのは、さすが元関脇の面目躍如でした。レフリーのブレイクによって(私はここでのブレイクのタイミングが少し早すぎる気がしたのですが)この最大のチャンスを逸したわけですが、前回のK-1韓国GPチェ・ホンマン戦でも練習通りの戦略を堅実に展開できるなど、若翔洋関の運動神経と順応力には驚かされます。今、大相撲から格闘技に転向した選手たちの中では文句無くトップグループの一角であると断言できます。待望の初勝利まで、チャクリキでは全力で応援したいと考えています。
本大会のMVPは文句無く所英男選手です。優勝候補ナンバーワンのアレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラの得意技を研究し、万全の対応を取り、アグレッシブな攻めで観客を味方に付けて見事なKO勝利を飾りました。まるでPRIDE創生期の桜庭選手を見ているようで、今後の所選手の「出世試合」となることは間違いありません。昨年大晦日の魔裟斗vs山本KID戦でKIDがブレイクしたように、スター選手には必ず「出世試合」があります。プロを目指す練習生の方々は、「強くなる」事と同時に「観客を魅せる」事もプロフェッショナルの重要なポイントであると、日頃より意識してください。

今日は太子郎選手(元十両)が韓国で行われる国際総合格闘技大会への参加のため日本を出発します。この大会は韓国、中国、ロシア、ブラジルなどの選手が一堂に会して行われる総合格闘技の16人トーナメント大会で、太子郎選手は日本代表として出場します。あのアントニオ猪木さんも特別ゲストとして参加されるとか……健闘が楽しみです。詳細は帰国後報告いたします。

そして、今日の夜にはノブ ハヤシ選手が沖縄の合宿から帰京します。灼熱の沖縄でどんな成果を上げたのか、帰り次第ノブに聞いてみたいと思っています。

■2005年07月06日(水)  今日は代々木体育館でHERO'S
今日、代々木第1体育館で山本“KID”徳郁選手などが参加する、PRIDEと並ぶ総合格闘技の大きな大会である、HERO'Sが開催されます。いつもチャクリキで汗を流している元関脇・双子山部屋の若翔洋関が、何と、総合格闘技に初挑戦し、これまた初トライの元K-1王者・ピーター・アーツ(チャクリキOB)と対戦します。
皆さんも、日頃一緒に道場で汗を流している若翔洋関を応援しましょう!! セコンドには相澤師範も付きますので、そちらも注目です。TBSで本日21:00より2時間、大会のテレビ中継があります!!

■2005年07月05日(火)  広報部日記オープン!!
広報部日記がオープンしました。
今後、ドージョーチャクリキ・ジャパンやノブ ハヤシ選手に関する最新情報を定期的にお届けしますのでお楽しみに!
現在ノブ選手は再起を賭けて、吉田先生と“地獄の沖縄合宿”に取り組んでいます。真っ黒になって、強くなって帰ってくるノブ選手に期待! ノブの復活はもうすぐです!1

過去ログ 2004年10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月